不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今年もアマリリスが咲きました♪

amaririsu2008515.jpg クリックで大きくなります!

今年もアマリリスがこんなふうに立派な花をつけてくれました
花の直径は20センチくらい。手間もかからず、毎年こんな見事に咲いてくれて、私好みのかわいい花です!

それから、あやめ?かきつばた?はたまた別の名前でしょうか?
この花も写真のように見事に咲いてくれました^^
ayame2008515.jpg


久しぶりの更新でごめんなさい。
二男が進学(二男の場合は進野球?)した後、片付けやら何やらやらないといけないと思いながら、なかなか手がつかずの日々を過ごしました。そして、前回ここを更新した後くらいから今度は逆に家の中の片付け、庭の手入れ、花を植えたりなど、今度は片っ端から一通り手を入れたくなり、そんな日々が続きました。週末は野球の大会の応援にかけつけ、昨夜は高校の評議員会など、なんだか忙しい日を続けていました。

そして、二男の野球の方は地区大会で優勝したので、今度は県大会。(といってもご存知の通り二男は応援部隊ですが!)
県大会は我が家のある地区の開催ということで、二男は今日家に帰ってくることになりました
県大会中、家から会場に向かうのだそうです。
長男の方も今日からインターハイ予選が始まります。
今夜は夕飯に何を作ってあげようか、今から思案中
また、応援も頑張ってきま~す

スポンサーサイト
  1. 2008/05/16(金) 07:23:54|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

新生活

先週は、二男の入寮、入学式など怒涛のような一週間でした。

いただいたお祝いのお返しに息子と親戚を回ったり、二男がもう当分帰れないということで、夫の方の祖父母が泊まりに来てくれたり、入寮するぎりぎりまで野球で使うものも買い足したり。
それに加え、本人はこれからは友達と当分会えなくなるということで、毎日毎日遊びまくり・・・。少しの時間も惜しいように遊んでいました(小学校の校庭でサッカーやったりなんですよ(笑)いくつになってもかわいいものです。)

そして、いよいよ入寮。
予定外に夫は仕事を早退してきてくれて、一緒に送っていきました。(夫も寂しかったのでしょうね。)

寮につくと荷物を入れ込み、整理をし、といっても一人分の荷物なんてしれているので、あっという間に終わってしまいました。
3人部屋のあとの二人は、もうすでに入寮していて、ベッドに横たわり、くつろいでいます。
どこからきたの~?など、私達夫婦とその子たちと、しばらく談笑。とても気さくに話してくれる子でほっと安心。
しかし、うちの子は初めて会う子達に言葉もありませんガーン
それどころか、おそらく本人はかなりの不安を抱えていたと思うし、初めて会う子に警戒するためか、はりねずみのようなとげとげしさすら感じました。
そのうちに、向かいの部屋に入った新1年生が遊びにきてくれて、その子たちは中学時代対戦相手として会っていた子達だったので、うちの子も顔が緩むのがわかりました。
そこで、私達夫婦は退散。寮母さんに息子をお願いしますと心からのお願いをして、帰途につきました。

息子がそんな様子だったので心配だったし、これからもう家に○はいないんだと思うと、夫と「寂しくなるな~」なんて話しながら帰って来ました。

夜、長男と3人で夕食。
よく話し、よく食べる二男がいないと、やはり寂しく感じます。

そのうちに、私の友達がメールをくれて、励ましてくれて、友達ってありがたいな~としみじみ

といっても、翌日は入学式で、7時すぎに出発しなければばらない!しかも、今度は初めて私だけで学校まで行かなければならない。
迷っているわけにいかないガーン
そんな予定があったので、余韻に浸っている暇もなく、朝起きると、あわてて朝食を済ませ、着替えて出かけました。
おかげさまで、迷わず、学校まで到着できました

息子の様子は・・・。

野球部の寮の子達とニコニコ笑顔で話していましたにっこり
そして、教室に入ってからも、やはり野球部の子とすでに仲良くなったようで、ニコニコ話していました。

その様子を見て、私はほっと一安心ホっ
肩の力が抜けるような気がしました。

帰りもひとりだけでさぞかし寂しいかと思いきや、安心した気持ちの方が強くて、ほっとした気持ちのまま帰ってくることができました。

その週末、夫婦で書類などを寮に届けたり、息子の練習風景を遠くからそっと覗いてきました。

走りはかなりばてばての様子!

それでも、きつい練習にも耐え、なんとかがんばってくれるでしょう。(とプラス思考!)


今現在、二男と直接話すことはできませんが、メールで少しだけのやり取りはしています。
事務連絡だけですけど・・・。
やはり、時間に追われ、忙しい日々を送っているようです。
短い事務的な連絡だけというのは、元気でやっている証拠^^
そう思いながら、過ごしています。夕方になると今頃走っているのかな?と息子に思いを馳せながら。

  1. 2008/04/08(火) 19:43:29|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

フィットネス

昨年暮れの健康診断で初めて体脂肪を指摘され、有酸素運動を勧められました。(ここだけの話、6ヶ月で5キロ近く太ったのです><
yuuyuuさん、リイチさん!メガ○○の食べすぎだよという突っ込みは無しです!)
そこで、年の初めからフィットネスを始めました。(もちろん、食べすぎにも注意をしています

このフィットネスの狙いは脂肪を減らし、筋肉をつけ、基礎代謝量をあげること!太りにくい健康な体にするためです。
機械を使って有酸素運動をし、最後のストレッチまで入れても一回にかかる時間は40分程度!私でも通いやすく、しかも、やってみたら、とっても気持ちいいのです。週に3回から5回のペースで通っています。

ちょうど1ヶ月くらい経ったと言うことで、今日は測定をしました。

結果は

体脂肪率は元の数値より8%減り、骨格筋率は6%増えました。
そして、ウエストやお腹周りはマイナス約4センチ。他のすべてがサイズダウンしました。
体重はほぼ横ばいなので、脂肪が筋肉に変わっている証拠です。
体年齢は恥ずかしくて言えません><一ヶ月で1歳は若返ったようですが・・・。
(ちなみに、体重はこれから減っていくのだそうです。)

このように、結果が出るとうれしいものですね^^
これからも、健康維持のため、頑張りたいと思います


次の写真は行く途中で撮ったもの。山があまりにも白く、光り輝いていたので車中から撮ってみました。(残念ながらそこまではわかりませんね!)
今まで何回か載せてきた中央アルプスではなく、これは伊那谷から東に見える南アルプスです。
200802051627000.jpg


  1. 2008/02/06(水) 01:37:54|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:18

二男が高校に合格しました^^

本日、合格通知が郵便で届きました。

一緒に祈ってくださった皆さん、思いが何倍にもなって祈りが通じました。

本当にありがとうございました



追記
合格の通知を見て、ほっと一安心!
本人の望む高校に合格できて私も嬉しいし、頑張れよ~って言う気持ちはいっぱいなんだけど、やっぱりいつ入寮するのかな?とか考えると、寂しくなってしまいます。
子どもはその高校に行っている先輩に報告したりして、着々と前を見て進んでる・・・。
入学の手続きやら準備やら、いろいろこれからやることはいっぱい。
私もがんばらなくっちゃ


  1. 2008/01/31(木) 19:03:13|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:16

う~ん。うっとり~♪

今日は山梨県のukai河口湖オルゴールの森美術館に行ってきました今もその余韻に浸っております
そちらのホームページはこちらhttp://www.kawaguchikomusicforest.jp/index.html
(このホームページの中でもオルゴールの音色が楽しめます。)

前にも書いたかもしれませんが、私はオルゴールの音色が大好き
やさしく透き通るような音色は心が洗われるようです。
今日は、存分にその音色を聴いて大満足~

200801121412000.jpg

まず、迎えてくれたエントランスホールの壮大なダンスオルガン。音も壮大でした。

200801121446000.jpg

約120年前のスイスのオルゴール。シリンダー型で、シリンダーは人の手により彫られています。やっぱりオルゴールの音、大好き~!

200801121448000.jpg

約120年前のドイツのオルゴール。円盤型で円盤は機械で彫られています。コインを入れると、円盤が回り、オルゴールがスタート。私がコインを入れさせていただきました^^いつまでも聴いていたい

これらのオルゴールを案内してくださった女性に「どうでしたか?」と聞かれたので、「心が洗われるようです。いつもこんな素敵な音色を仕事で聴いていられていいですね!」と言うと、「そうなんです」と大満足している様子でした。
とても清楚できれいな方。そういう方とのおしゃべりも至福のときとなりました。

200801122059000.jpg

最後のこの写真は、旅の思い出に買ってきたねこちゃんのオルゴール!
ねじを回すと、くるくる回りながら、「星に願いを!」が流れます。

今日はあいにくの天気で富士山はまったく見ることができませんでしたが、それでも大満足
庭もとてもきれい!バラが咲く時期にゆっくり庭の散策をしたり、悠久の音色に耳を傾けたりしてみたら、また格別でしょう!
今度はぜひその時期に行ってみたいと思いました
皆さんももし興味がありましたら、行ってみてくださいね^^
きっと、心の浄化、リフレッシュができますよ~!
幸せいっぱいの報告でした今夜は素敵な夢が見れそうです


  1. 2008/01/13(日) 00:48:44|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

今日は誕生日!

今日で私は42歳になります。早速お祝いのコメントをくださった皆さん、ありがとうございます(^人^)感謝♪

私を生んで育ててくれた両親をはじめ、大勢の方に出会い、お世話になることでここまで来ることができました。

大勢の人と出会えば出会うほど、そこにはそれぞれの人生があり、考え方があり、それに触れることで、私自身がひとまわり大きくなってこれたように思います。その中には、摩擦を生じることもありますが、それも私にとっては大切な財産となっています。

ブログを通してこうして出会えた皆さんにも本当に感謝しています。ありがとうございます

もっと心のひだまで読み取れるような、聴き取れるような人になりたい!元気を与えられるような人になりたい!ちょっとやそっとのことじゃ動じないようなどんと構えた心になりたい!(迷惑を蒙っていらっしゃる方たち、ごめんなさいm(_ _)m)と、こんな希望がわいてきますので、それに向かって精進していきたいと思います。

たびたまさん流に身近な家族、両親、兄弟等に感謝の気持ちを込めて、ケーキを焼きました。
パウンドケーキ3個とチーズケーキ1個。
(相変わらず混ぜて焼くだけ、しかも量は適当の簡単ケーキ!)
20071130110434.jpg

パウンドケーキにはいただいたりんごを1センチ角くらいに切ったものとくるみとレーズンを入れました。
(私はいただいたりんごがぼけてしまったときには、このケーキによく利用します。ぼけてても十分おいしいです

それと、チーズケーキは以前レシピをここにも書いたものにレーズンを入れて炊飯器で炊きました。
レーズンを入れるとおいしいと言う情報を聞いたので、早速試してみましたら、本当においしかったです・・・朝から食べたのバレバレ(笑)
一応、レシピ載せておきますね^^
これhttp://fumigon.blog56.fc2.com/blog-entry-332.html

今朝は6時半に夫の両親からおめでとうコールがありました。家族の誕生日には必ずこのように電話をしてくださいます。いつも気にかけてくださっていて、感謝感謝です

先の記事にコメントをくださった皆さん、すみません。コメント返し後ほどします。お許しを


  1. 2007/11/30(金) 08:55:59|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:24

豆アジ釣りに行ってきました!

子供の野球の試合が中止になったので、急遽、新潟に豆アジ釣りに行ってきました。
我が家と弟家族の2軒で夜中の2時にいざ出発!
朝の5時半頃、目的地に着きました。

豆アジ釣りは、我が家は約10年ぶり?2回目。弟家族は初めてです。
こんな初心者同然の者ばかりで釣れるかどうか心配していきましたが、
釣れるわ釣れるわ
夢中になって楽しんできました^^
20071029153834.jpg

一度さおを引き上げるだけで多いときは6匹も釣れるんですよ
甥の5歳の子もひとりで釣りまくってました!(そんだけ簡単ってこと!)

帰ってきて、甥や姪が釣れた豆アジの数を数えてみたら、なんと

560匹!どんだけーw

夕飯には、親戚が大集合!南蛮漬け、から揚げ、あんかけと3種類の豆アジ料理と、新潟で買ってきた蟹やえび、しいらやまぐろの刺身などのご馳走を大勢で楽しみました。

それでも、食べきれない豆アジは、ご近所におすそ分けしたり、下ごしらえをしてから冷凍もしました。

かな~り久しぶりで、しかも今度いつ行けるのかわからない(長野県には海がない and 週末はたいてい子供たちはスポーツで忙しい)、ちょっとした家族旅行を思いがけず楽しむことができました。
200710291012000.jpg

画質悪!でも、雰囲気だけ伝わるかな?

  1. 2007/10/29(月) 16:10:12|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

生きる

子供の通う中学で文化祭があり、毎年恒例の音楽会がありました。
その最後に、数年前この学校で作られた合唱曲「生きる」が全校で歌われました。

この歌が作られたときの経緯を少し説明しますね。

うちの長男が中学1年のとき、ひとつ上(中学2年)の○君が白血病で、闘病の末、亡くなりました。その時にできたのが、「生きる」です。同じ学年の有志で作詞、その当時の音楽の教諭が曲を付けました。
(その子は、家も比較的近くで、小学校の頃は同じ学校に通い、うちの子供たちと同じ少年野球チームに入り、6年のときはキャプテンとして活躍していました。)
この曲は、毎年この学校で歌い継がれ、徐々に周りの学校などにも広がりつつあります。

全校で歌われたこの曲を聴いたとき、自然と涙が溢れてきました。おそらく、前に記事にも書きましたが、今年は、通学途中の事故で生徒がひとり亡くなっており、子供たちがこの曲に真摯に向き合ったからこその感動を与える合唱になったような気がします。

この曲を聞いて、○君が野球をしている姿が蘇ってきました。
そして、少し、振り返ってみました。

お葬式のときに配られた追悼文集から抜粋(担任の先生が、編集してくださったものです)

学年便りより
「追悼」
 悲しいお知らせを書かなければなりません。
 ○年○組 ○君が○月○日午前○時○分白血病のため亡くなられました。14才の短い生涯でした。心よりご冥福をお祈りいたします。
 それとともに彼の闘病生活のがんばりに私たちは学びたいと思います。大切な学年の友達が先に逝ってしまい、私たちは深い悲しみの中にあります。その日の突然の訃報にただ呆然とし涙が止まりませんでした。その晩彼の姿にあった時、そのことの事実をまだ受け入れられませんでした。そして、彼が車に乗って学校をまわり挨拶に来てくれるのを待つ間、「いつまでも来なければいいのに」そう思っていました。(自宅から霊柩車に乗り、直接火葬場に向かうのではなく、学校の周りを回ってから火葬場に向かいました)
 たくさんの涙が出てきてとまりません。お父さんお母さんお家の皆さんはもっともっとたくさんの涙を流しているだろうと思うとまた悲しくなります。
 彼が亡くなった晩に彼に会いにいった友だちに○君のお家の皆さんは
「○の分まで頑張ってね」
と声をかけてくださいました。勇気を与えなければいけない私たちにさらに勇気を与えてくださるご家族の皆様にただただ感謝するばかりです。
 ○君の闘病中、学年のみなさんお家の皆様もいろいろな面で○君を支えていてくれたことに先生達は感謝しています。多くの手紙、電話、千羽鶴そしてお見舞い・・・。
 訃報が届いたちょうどその日も励ましのテープを吹き込んでいてくれました。
 多くの友だちが集まり、○君を励ましてくれるために作ってくれたことばのテープを○君のご遺体の前でお母さんが
「○ 聞こえるか」と○君の耳元で流してくれました。涙が止まりません。
 ○君と過ごした日々の思い出、一緒に入学したのに一緒に卒業を迎えられない寂しさが増すばかりです。大切な人の死に出逢ったときその命の大切さを思います。その人の存在のありがたさを思います。そして自分が生きていることのすばらしさを思います。○君が必死に病気と闘ったように私たちも負けずにがんばりたいと思うのです。
 私たちは今、深い悲しみの中にいるけれどこのことを私たちの力にしていただきながらこれからの中学校生活を送ろうと思っています。
                                                  合掌
                                             ○中学校2学年


友だちの意見文より一部抜粋

・・・○とは、保育園の頃からの友達で、一緒に泣いたり、笑ったり、喜びあったりしました。・・・・・・○月○日、この世から小さいようで、とってもとっても大きな命が、ゆっくりと消えていきました。そのことを知らされた時は、○との思い出が次々と思い出されました。この時改めて友達って大切だなと思うのと同時に、「かけがえのない存在」とは、やはりいつもなにげなく話している人の事なんだなあと思いました。そして、僕は声をあげて泣きました。それから僕は何ができるだろうと考えました。そんな時、ある先生から、こんな言葉をいただきました。「今、○のためにAは何ができるだろうか。悲しむという事は誰にでもできる。Aでなければできないことは何だろう。○もきっと、いつまでも悲しんでいるAはいやだろう。自分の為に悲しんでくれることはすごくうれしいことだ。でも、その悲しみが長く続けば、悲しまれる本人はどう思うだろうか。生きているAが頑張らなければ、それは○に対して失礼だ。今、自分のできること、やるべきことを実行しなさい。」僕は本気で考えました。今、僕が○に対してできること。それは、「自分らしく、今を一生懸命生きる」ことだと思います。きっと○もそれを望んでいると僕は思います。・・・・最後に、僕に「かけがえのない存在」、そして「かけがえのないこと」を教えてくれた○に心からお礼を言いたい。ありがとう。

そして、この時作られた「生きる」がCDになって発売されているのを最近知りました。
http://w2.avis.ne.jp/%7Emusic/inochi/この中で一部試聴もできます。

最後に「生きる」を紹介したいと思います。

「生きる」 同学年生の有志作詞、小松徹郎作曲

この広い宇宙の
地球という星の上で
私は生きている
一人一人に命があることが
そのことが奇跡と思える
60億もの人が生きている
そのことが奇跡だと思える

生きること
それは身体中に
あたたかい血がめぐり
鼓動が聴こえること
ドクリ ドクリ
その小さな鼓動に乗って
私の心がある

生きること
それは簡単であり
一番難しいことでもある
楽しいことや つまらないこと
嬉しいこと いやなこと
思い通りにならないこと
傷つき生きることがいやになる

生きること
それは身体中に

あたたかい血がめぐり
鼓動が聴こえること

ある日のこと病気と闘い
闘い抜いた友が天国に逝った
生きたくても生きられない人がいる
何不自由なく生きているこの幸せ
未来がある自分の命

生きるんだ 生きるんだ
何もかも乗り越えて
精一杯今を生きよう
大きな壁にぶつかっても
くじけずに乗り越えよう
どんなことがあっても
あきらめずに挑戦しよう
そして周りの人のことを
思うこと 愛すること
それが生きるということ
今という時を自分らしく生きよう

生きること
それは身体中に
あたたかい血がめぐり
鼓動が聴こえること
ドクリ ドクリ
その小さな鼓動に乗って
私の心がある

愛と夢と進むべき道を追いかけて


全校でこの歌を歌っているとき、そのときの○君の担任の先生(上に書いた追悼文集を編集してくださった先生)もその横で、大きく口を開いて歌っていました。その姿に涙がまた溢れました。
こんなふうに、これからも時々、CDを聞いたり、文章を読み返して、生きていこうと思います。

  1. 2007/10/04(木) 19:39:10|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:17

ご心配をおかけし、申し訳ございませんm(_ _)m

長い間、更新を怠ったため、ご心配をおかけし、申し訳ございませんでした。

その間に、私自身は子供の野球チームの思い出旅行に(我が家は母子で参加)で東京に出かけたり、神戸市須磨区の連続児童殺傷事件を起こした少年Aの両親が書いた手記を読んでいろいろ考えたり、子供の通う中学の音楽会に参加して、感動して涙したり・・・。

そんな中、社会でもいろんなことが起こりましたね。
17歳の斉藤君が時津風部屋で暴行を受けて死亡した事件が、今頃になって明るみに出たり。そのときの斉藤君のことを想うと、せつなすぎる今朝も教師の不祥事が2件もニュースになっていました。
そうそう、それからジャイアンツが昨夜、リーグ優勝を果たしました。うちの子達はかなり盛り上がりましたよまさかのことが起こりました。


その中で、ひとつだけ話題に取り上げますと・・・・

本場月島のもんじゃをいただきました。私にとってもんじゃは、生まれて初めて
お好み焼きの薄めたもの???という印象
しかしながら、その味はというと大満足の美味なのでした~
カネハラ海鮮もんじゃというところで、その味にはまってしまい、私たち田舎者は追加追加で大宴会!
その中でもお勧めはめんたいもちチーズ
もんじゃめんたいもち
おばちゃんが、すばやい手さばきでもんじゃを焼く手本を見せてくださり、しばしその見事な手さばきに呆然・・・
自分たちも挑戦して、こんな具合にもんじゃ

あとは、それぞれの小さいへら?で鉄板に焼付けながら、香ばしいもんじゃをいただきます。
あ~、もんじゃのとりこになってしまった私
家でも、あんな味が出せるんだろうか?でも、今度挑戦してみま~す
(長野のお店でもんじゃ焼きを食べて、自分はもんじゃは嫌いと言っていた人も、大転換!もんじゃ大好きになって帰ってまいりました=)

感動した音楽会のことも近いうちに記事にしたいと思います。

こんなんで元気にやっております。心配かけちゃってごめんなさい

  1. 2007/10/03(水) 11:29:01|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

子供が体験入学に行ってきました!

二男が高校の体験入学に行ってきました。体験入学でもあり、体験入部も兼ねていました。

すでに、頭は高校野球のことで頭がいっぱいの中3の二男。もちろん、目当ては野球部の体験!昨日から、体験のための練習をし、張り切って出かけていきました。

初めての体験入学。気も使ったのでしょう。かなり疲れて帰って来ました。

今日は、まず最初の1校目。実は、うちの子、6校くらいお目当ての高校があり、できればすべて体験して決めたいと思っています。

1昨日は、中学校の進路の先生から、「しっかり見て、体験し、自分にあった高校を探すように!頑張ってこいよ^^」とアドバイスいただいたそうです。

親も相談に乗りながら、子供にあった高校に入学できればいいなと思います。

私自身は、そんなに打ち込んでいるものはなかったので、自分の成績に合った高校をなんのためらいもなく受けて合格し、高校生活もなんとなく過ごしてしまいました。
打ち込めるものがあるって、いいですよね
これからも、応援していきたいと思っています。


ところで、うちの子の目指している高校は、すべて寮生活をしての高校生活となります。
中一まで不登校を繰り返し、その度に私やお父さんがあらゆることに付き添いをしたりもしました。その子が、そんなふうに考えるようになるなんて、その当時は当然、考えもつきませんでした。
このブログで出会った方に、「もうだいじょうぶだよ」と励まされ、それが確信に変わり、私自身、その当時のことを、振り返ることも少なくなってきました。
野球や野球を通しての人との出会い。成長していく息子を見ながら、感謝の気持ちを忘れないようにしていきたいと思っています。

  1. 2007/08/26(日) 22:20:06|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:13

| ホーム | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。