不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

言わないでください

先日、うちの子の通う中学の中学生が、交通事故で亡くなりました。
そして、たまたま、市役所で広報を読んでいたら、こんな手記が目に入りました。

もう一度会いたい(遺族の手記)
             「(社)被害者支援都民センター」より

「言わないで下さい」

言わないで下さい
「さびしいでしょう。」なんて
あなたのお子さんが県外の
大学に行ってさびしいのと
同じにしないで下さい

言わないで下さい
「元気になって良かった。」なんて
笑顔をつくってはいても
心は血を流しているんです

言わないで下さい
「お子さんの分まで生きて」なんて
私の命とひきかえに
あの子に助かってほしかったんです

言わないで下さい
「交通事故で良かった。」なんて
交通事故だから 加害者は
人を殺しても許されるんですか

言わないで下さい
「この世のすべては必然。」なんて
娘の命が奪われることは
とうに決まっていたというんですか

言わないで下さい
「子供の死を無駄にするな。」なんて
あなたのその言葉こそが
私には一番の無駄に見えます

やめて下さい
あの子を過去のことにしないで下さい
あの子は まだ私の中で
ちゃんと生きているんですから

大角希伊子さん『「遺された親」として、今』より抜粋


この詩を読んで、胸が苦しくなりました。

そこに書かれた文をもう少し紹介しておきます。

被害者の状況

私たちは、ある日突然、本人の意思とは無関係に、命を奪われる、けがをする、物を盗まれるなどの生命、身体、財産上の被害を受ける可能性があります。更に、ひとたび犯罪等にあうと、こうした直接的な被害だけでなく、
・事件に遭ったことによる精神的ショックや身体の不調
・医療費の負担や失職、転職などによる経済的困窮
・捜査や裁判の過程における精神的、時間的負担
・周囲の人々の無責任なうわさ話やマスコミの行き過ぎた取材・報道によるストレス・不快感
など、被害後に生じる様々な問題(二次的被害)にも苦しめられることになります。

周りの人は、被害者の気持ちをあたたかく受け止めて接し、責めたり、無理に励ましたりすることなどを避けていただくことが大切です。
また、興味本位のうわさ話をすることはやめましょう。
被害者の方の心の傷の回復には、周囲の人々の理解と共感と支持が重要です。


スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 15:38:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

子供の気持ちに寄り添おう!

このブログを書き始めたころ、まったく同じタイトルで、記事を書いたことがあります。
http://fumigon.blog56.fc2.com/blog-entry-8.html

その時、Toriaさんという少女から、こんなコメントをいただきました。
寄り添うだけではだめだと思います。
何を求めているのか、それを感じ取らなければ。


子供側の正直な気持ちだと思います。

相手の立場になって考えてみる。

同じ状況になったら、どんな気持ちになるのか。何をしてほしいのか。自分だったら、なんていう言葉をかけてほしいのか。あるいは、かけてほしくないのか。

前々回記事ののんきははさんへのコメント欄にも書きましたが、大切なものは見えないんですよね。
「何を求めているのか、感じ取る。」とても大切なことですね。


こんな記事をえらそうに書いている私自身も、子供とは口げんかが絶えません。思春期の子供たち、気分にむらがあります。
だから、この記事は私自身に向けて書いた言葉でもあります。




  1. 2007/08/31(金) 10:32:57|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

Breakaway

あちこち回っているうちに、なんとも力強い歌に出合いました。

Kelly clarksonの「Breakaway」という歌です。

Grew up in a small town
And when the rain would fall down
I'd just stare out my window
Dreaming of what could be
And if I'd end up happy
I would pray

Trying hard to reach out
But when I tried to speak out
Felt like no one could hear me
Wanted to belong here
But something felt so wrong here
So I'd pray
I could break away

I'll spread my wings and I'll learn how to fly.
I'll do what it takes till I touch the sky.
Make a wish, take a chance,
Make a change, and break away.
Out of the darkness and into the sun.
But I won't forget all the ones that I love.
I'll take a risk, take a chance,
Make a change, and break away

Wanna feel the warm breeze
Sleep under a palm tree
Feel the rush of the ocean
Get onboard a fast train
Travel on a jetplane
Far away
And break away

I'll spread my wings and I'll learn how to fly.
I'll do what it takes till I touch the sky.
Make a wish, take a chance,
Make a change, and break away.
Out of the darkness and into the sun.
But I won't forget all the ones that I love.
I'll take a risk, take a chance,
Make a change, and break away


小さな田舎町で生まれ育った
雪が降り 舞い落ちる雪を見ては
自分の未来に思いを馳せた
そのときの自分が幸せだったらいいな
そう祈っていた

必死に訴えようとしてはいたけど
言葉に出そうと思っても
誰も聞いていないみたいだった
居場所が欲しかったけれど
ここは何だかひどく違っている気がした
だから飛び出せるようにと 祈っていた

大きく翼を広げて
あの大空に飛び出すわ
手が届くまでは何だってやる
祈りつづけてチャンスをつかみ 変えてみせる
飛び出してみせる

暗闇を抜けて 光の許へ
だけど 私を愛してくれた人たちのことを
決して忘れはしない
危険を冒しチャンスをつかみ 変えてみせる
そして 飛び出してみせる




【彼女の経歴】
彼女が学生のころ、歌を歌っている時のことだった、たまたま通りかかった音楽の先生がきて言った。「どうして歌わないの?」クラークソンは「できないから。」と答えた。それから彼女は学校の聖歌隊となり、才能をもっとのばしていった。彼女は、夢が必ずしも叶うとは限らないということを知っていたが、一生懸命、夢を信じていた。彼女はお金をためて、カリフォルニアで暮らし始めた。だが、悲劇は彼女の目の前にあらわれた。彼女の暮らしていた家が火事になってしまったのだ。テキサスに戻った彼女に「アメリカンアイドル」のオーディションを受けるのはどうかと誘われ、オーディションをうけた。 2002年9月4日、人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』で、彼女のその飾らないキャラクターと圧倒的な歌唱力が受け、全米からの総応募者数1万人の中から約10週間にわたる激戦を勝ち抜いて優勝。

当時ウェイトレスだった彼女は親友に誘われてオーディションを受けに来ていた。


過去を変えることはできないけれど、あなたも暗闇から抜け出し、きっと夢を掴み取ることができるそう信じています




100回の失敗よりも、
たった一回の諦めが、
夢を崩す。

そう思ってやれば、
怖いものなんて何もなかった。

コブクロ 小渕健太郎さんの言葉です。





  1. 2007/08/31(金) 00:39:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ただいま、月食真っ最中ですよ~!

月食、見ましたか~?

私は、今、ゆっくりと月を眺めてきましたよ。私の家から眺める空は晴れていて、しかもとても空気がおいしい

まだ、見てない方、ぜひ、見てみてくださいね

それと、昨日ラジオで言っていたことやってみました。

目を閉じて、自然を耳で聞いたり、肌で感じ取る。一日1~2分、ぜひやってみてくださいとのことでした。


やってみたらね、私の家の周りは虫たちの大合奏

いったい何種類の虫たちが鳴いているんだろう?

こういう時間もいいものですね^^

  1. 2007/08/28(火) 21:16:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

ラウンドアップと遺伝子組み換え大豆

昨日、駐車場などに除草剤のラウンドアップを撒きました。この辺りでは(日本中かな~?)、ラウンドアップはCMで流れるほど、名の知れた除草剤です。

中腰の作業は、もうほとんど治ったと思っていた腰に響きました
先日のぎっくり腰以前は、腰痛など経験したことがない私ですが、また鈍痛が・・・。

話をラウンドアップに戻しますが、たまたま、友達たちと歓談している際、ちょうどラウンドアップに関連した話が出ました。

農協で働いている彼の話の内容は・・・

大豆の日本の自給率は5%以下。ほとんどをアメリカからの輸入に頼っている。そのアメリカでは、ラウンドアップに耐性のある遺伝子組み換え大豆が9割程度を占めている。

というものでした。

ラウンドアップを撒いて草を枯らし、大豆だけがすくすく伸びたら、人間は楽になり、確かに生産効率は上がるでしょうね。
でも、人間や環境に対する影響などはあまり考えず、生産性や商業性のことばかり考えているように私には見えてしまいます。
食糧難の観点から、遺伝子組み換え食品を賛成する方たちもいますが、現状では、私は人や環境に対する影響がとても心配です。遺伝子組み換え食品の生産、販売は、私には、見切り発車に見えてしまいます。

そして、この話を聞いて思ったことがあります。
「でも、私の食べている納豆やしょうゆには、みんな『遺伝子組み換え大豆は使用していません』って書いてあるよ。」と聞いてみました。
彼の答えは、
「それは、信用できないでしょ!」ですって。


結局、自分で作ったものしか、信じられないかもねという結論に達してしまいました。

世界中の人が、もっと人間や環境に対する影響を考えて行動するようにならないと本当に困ってしまいます。未来の子供たちのためにも・・・。

こんなページを見つけました。遺伝子組み換え食品のことが書かれています。よろしかったら、行って見てください。
ダイズのことは、「ダイズ」の項目で詳しく書かれています。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/#q5

http://www.no-gmo.org/

表示についても調べてみました。こんな記述がありました。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/label_htmlより

あいまいな日本の遺伝子組み換え表示
日本の遺伝子組み換え食品表示基準について知っておきたいポイント

日本ではJAS法と食品衛生法によって、「大豆、とうもろこし、ばれいしょ(ジャガイモ)、なたね、綿実、アルファルファ、てん菜」の7作物について、以下の2つの項目に該当する食品を対象に「遺伝子組み換え食品」としての表示が義務づけられています(てん菜が新たに加わりました[2006年11月8日]。詳しくは農林水産省告示(PDFファイル)参照)。

・原材料欄に記載されている原料の3番目まで
・少なくとも原材料の重量に占める割合が5%以上であること

注:上記2つの基準に加え、分別された原料の場合は、遺伝子組み換え原料の混入率が5%までは表示対象から外され。また、混入があっても「遺伝子組み換えでない」と表示することが許されています。

ただし、この表示法が適用されるのは、原料中に遺伝子組み換えによるタンパク質やDNAが検出できる場合のみです。醤油や植物油などは、遺伝子組み換えダイズ、トウモロコシ、ナタネ(カノーラ)が原材料に使われていても、タンパク質やDNAが加工過程で分解されるとして表示対象外とされています。



混入があっても「遺伝子組み換えでない」と表示することが許されているなんて、節穴だらけの基準ですね。表示を信用してしまってはいけないんですね。素直な私は表示を信じていたのに~
何を信じたらいいのか、わからなくなりました。



  1. 2007/08/27(月) 09:40:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

子供が体験入学に行ってきました!

二男が高校の体験入学に行ってきました。体験入学でもあり、体験入部も兼ねていました。

すでに、頭は高校野球のことで頭がいっぱいの中3の二男。もちろん、目当ては野球部の体験!昨日から、体験のための練習をし、張り切って出かけていきました。

初めての体験入学。気も使ったのでしょう。かなり疲れて帰って来ました。

今日は、まず最初の1校目。実は、うちの子、6校くらいお目当ての高校があり、できればすべて体験して決めたいと思っています。

1昨日は、中学校の進路の先生から、「しっかり見て、体験し、自分にあった高校を探すように!頑張ってこいよ^^」とアドバイスいただいたそうです。

親も相談に乗りながら、子供にあった高校に入学できればいいなと思います。

私自身は、そんなに打ち込んでいるものはなかったので、自分の成績に合った高校をなんのためらいもなく受けて合格し、高校生活もなんとなく過ごしてしまいました。
打ち込めるものがあるって、いいですよね
これからも、応援していきたいと思っています。


ところで、うちの子の目指している高校は、すべて寮生活をしての高校生活となります。
中一まで不登校を繰り返し、その度に私やお父さんがあらゆることに付き添いをしたりもしました。その子が、そんなふうに考えるようになるなんて、その当時は当然、考えもつきませんでした。
このブログで出会った方に、「もうだいじょうぶだよ」と励まされ、それが確信に変わり、私自身、その当時のことを、振り返ることも少なくなってきました。
野球や野球を通しての人との出会い。成長していく息子を見ながら、感謝の気持ちを忘れないようにしていきたいと思っています。

  1. 2007/08/26(日) 22:20:06|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:13

2学期が始まりました!

長いと思っていた子供たちの夏休みもあっという間に過ぎてしまいました。

中3の二男は昨日から、高2の長男は、今日から2学期が始まりました。

中学の夏休みの宿題は、ポスター、意見文・・・と、我が家の子にとっては難題のものが毎年出されるのですが、今年は友達の力をいい具合にお借りして???(友達の家に行って教えてもらったり、我が家で一緒にポスターを描いたり)、今までの夏休みとは違い、最後に追い込まれてすることなく、無事、宿題を終えることができました。


さて、昨日、いざ学校に行くぞと学生服のズボンを履いてみたら、
あれっ?きつい

ウエストからお尻の辺りが夏休みの間に、成長し(太った???)、ぱんぱんになっていたのです。

しかたなく、中3の夏だというのに、昨日指定のズボンを1本、新調しました。
なんと、その値段、8000円以上!
親のズボンより高いぞ

思いがけない、痛い出費でした・・・

  1. 2007/08/23(木) 11:13:02|
  2. 最近の様子|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:16

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。