不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近の様子・・・

子供が不登校の真っ只中のとき、先が見えなくて、とても心配になった。自分の先に光が見えなくて、何とか支えになるものがほしかった。
不登校から抜け出した人の話、情報を知りたいと思った。それがあれば、頑張れるような気がして・・・

そこで、すこ~しづつ、子供の状態も書き込んでいこうと思う。


昨日はクラスマッチ。この子にとって、大の得意なドッジボールに参加した。
前日夜から、からだがだるいと言い出した。でも、自分で自転車に乗って学校に向かい(学校から家が遠いため、自転車通学をしている)、無事に1日過ごしてきた。

小さな頃から、儀式、行事的なものが、大の苦手でその時期が近づくと身体に不調が出てくる。うちの子供にとって、得意な分野でも行事となると、次から次への不調が現れた。そして、ひどい場合は、学校への登校は無理となる。でも、経験が功を奏し、行事でもほとんど乗り越えられるようになってきた。時には、父親か私がそばについていることで、少しだけ不安をおさえ、乗り越えた。修学旅行、学校、野球などいろんな場面で。


苦手だけれど、通って避けられない道には、経験ということがとても大事だと思う。

無理をし過ぎない、乗り越えられる範囲の経験によりハードルが低くなり、歩きやすくなる気がしている。

ブログランキングに登録しています。こちらのそれぞれのバナーをクリックしてくださればありがたいです。
FC2ブログランキング



スポンサーサイト


  1. 2006/03/11(土) 08:19:48|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

子育てに迷ったとき。 | ホーム | ゆっくりゆっくり歩みましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/10-665a3c1f

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。