不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

こころの時代

子供が野球をやっているチームの同じ年の子がおとといひとり、退団した。

この子は小学校の頃、キャプテンをして、チームをまとめてきた子だ。そして、中学でうちの子と同じチームに入ってからは、膝の故障などが原因で約1年3ヶ月、ほとんど野球らしい野球をできないまま、退団となってしまった。

小学校の頃は、キャプテンという立場に重圧(責任)を感じ、土日となると、お腹が痛くなったりしたらしい。(お母さんから聞いた話)それでも、1年間キャプテンという重責をやりとげ、中学のシニアにあがってきた。でも、中学生になってからも、同じような症状が続いた。土日となると、腹痛、下痢。そして、慢性的になってしまった膝痛。

チームの決まりで、よほどの体調不良でない限り、出てきてやれることをやる。もし、休まなければならない時は、本人が自分で監督に連絡するという申し合わせがある。

母曰く、この子にとっては、監督へ連絡することがよっぽどの負担だったらしい。監督に電話するくらいなら、行った方がましだと言って、体調が悪くても、無理をして出て行くような日が続いた。その結果、ランニング中に下痢をしてしまったり、吐いてしまったりという日もあった。以前から続いている膝痛は最近更に悪化し、ドクターストップを受けた。さらに、学校でも、吐き気、嘔吐などの症状が出てしまい、最近は学校にも行けない状態になってきてしまったらしい。

野球以外のところで、何が起こっていたかは私には全くわからないけれど、野球がこの子にとってかなりのストレスになってしまったことはわかる。

「監督に連絡することがそんなにまで、その子にとってきついなら、連絡してあげたら!」なんて、私はその子のお母さんに言ったこともあったけれど、真面目なお母さんはそうしなかったかもしれないし、親が言ったとしても子供から連絡してくるように監督から言われたかもしれない。

この子は、練習のときも試合のときも、よく通る声で、選手のみんなに声をかけてくれた。姿は見えなくても、○くん、がんばってるなってわかるくらいの声だった。その声に選手のみんなも後押しされて頑張ってこれたと思う。

この子が、身体症状から抜け出し、元気な笑顔の日々を送れるように、ただただ祈るのみである。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

実社会でもブログを書いていても、大人も子供も、いろんな身体症状が出ている人にたくさん出会います。これが、”ストレス社会日本”なんだなって実感しています。心理学者の河合隼雄さんいわく、経済成長、景気回復を期待したちょっと前までの時代は「もうかりまっか?」だった。現代は「楽しいでっか?」の時代だそうです。心の時代になったんですよね。(不思議なことで、これで経済も回復するそうです)みんながストレスから解消され、笑顔で暮らせる時代になれるといいですよね。
スポンサーサイト


  1. 2006/07/04(火) 06:31:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

癒しの言葉 | ホーム | 生きていてよかった・・・・

コメント

もえさんへ

もえさんの言うとおりだと思います。優しくて、責任感がある子ほど、自分を責め、追い詰めちゃうのでしょう。
今は、ゆっくりゆっくり休んで、元気を取り戻してくれたらいいなあと思います。わがままを周りの人が聞いてくれてたらいいな!
優しい言葉をありがとうございました。
  1. 2006/07/05(水) 22:51:33 |
  2. URL |
  3. もえさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

yuuyuuさんへ

ありがとうございます。yuuyuuさんまで、「元気になったらいいですよね。」って、言ってくださってうれしいです。みんなの気持ちが大きな力になって、その気持ちが届くような気がします。きっと、この子は立ち直ってくれるでしょう。ありがとうございます。
  1. 2006/07/05(水) 22:47:36 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

心配ですね・・・

責任感のある優しい子ほど、自分を責めたり、ストレス発散をできなくなったりするものだと思います。この子もチームのメンバーのことを思いやり、自分の立場に責任を感じて、それに心や体がついていかなくなったんじゃないかなって思います。優しいことも責任感があることもすごいいいことなのに、そういう子がつらくなってしまうのはとても残念です。今はゆっくりワガママでも言ってのびのびと休んでほしいなぁ。
  1. 2006/07/05(水) 08:20:19 |
  2. URL |
  3. もえ #- |
  4. 編集

そうか~

ストレスなんですね。
キャプテンという重圧と監督。
環境が変われば良くなっていくとは思うけど。
そのこにかけられた期待が、ものすごくプレッシャーだったのかもしれませんね。
元気になったらいいですよね
  1. 2006/07/04(火) 09:36:04 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/109-a2554cd5

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。