不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

あたたかい布団

皆さんとブログを通じて交流しているとき、ふと、以前に聴いた講演での話を思い出しました。


ヨーロッパのどこかの国の心理学者がやった実験だったと思うのですが、

赤ちゃんの猿に、やわらかいけどお乳は出ない母親人形と哺乳瓶からお乳が出てくる針金でできた母親人形を与える。

皆さんは、いざという時、赤ちゃんがどちらに行くと思いますか?



結果は
赤ちゃん猿はお乳は出ないけれど、やわらかいお人形の方に行ったのです。

平常の時はどちらもかわりなく接しているようでしたが、突然驚かすと、いつでもやわらかい人形に抱きつくそうです。
不安な時、心細いとき、子供が信頼し、頼るのはやわらかさというやさしさをもった母親であるというのです。
ただ栄養を与えるだけの母親では、赤ちゃんは愛情を持ってくれないということがわかったようです。


この実験の話を聞いたとき、本当かな?とか、猿と人間では違うかもしれないよ、とか、反抗的な気持ちでこの話を聞いたのですが、今となれば、これは人間にも当てはまる正しい実験結果だったのだなと思います。


子供に安心感を与えられるあたたかい布団のようなお母さんになりたい、そして、あたたかい家庭にしたいですね。
スポンサーサイト


  1. 2006/07/08(土) 09:31:28|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

親の愛 | ホーム | わたしの妹

コメント

ムスカリさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

多かれ少なかれ、皆、悩み、悩み子育てしているんだと思います。

本物の愛って難しいですね。自分に本物の愛が存在するのか?愛があったとしても、それが子供に伝わっているのか?とか・・・。子供が不登校になると、母親として失格なんじゃないかとかまで思っちゃいますよね。

でも、ムスカリさんはこうして悩んでいる、それこそが愛なんじゃないでしょうか!きっと、その愛が通じていると思いますよ。

よろしかったら、また、来てくださいね。私も、ムスカリさんのところ、今度お邪魔しますね。
  1. 2006/07/09(日) 22:18:26 |
  2. URL |
  3. ムスカリさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

はじめまして・・

はじめまして。
時々、覗かせてもらってました。

本当に子供に安心感を与えられる母、家庭になれたら・・・

私は中3の息子のことで、悩みつつやっていますが、本当にいろいろな考え方や生き方があると思えて、すべてが正しい道ってないのかな・・って思ったりします。

でも実際は「常識」に縛られる毎日で、自分の度量の狭さにがっくりきたりします。

子供にとっての本当の愛情って何なのでしょうね・・
完璧な子育ては存在しないのでしょうが・・
親に本物の愛があったら、子供に伝わるのかも・・

また、よろしくお願いします。

  1. 2006/07/08(土) 10:25:43 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/116-b58f855e

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。