不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

息抜く

前々回の記事でここにも来て下さった葛西さんが素敵な言葉を紹介してくださり、その素敵な言葉をユウココロさんが素敵なイラストになさいました。
http://yukokoro.blog73.fc2.com/blog-entry-45.html

ここに来てくださる皆さんにも、ぜひ紹介したくておふたりの了解をいただきましたので、ここに紹介いたします。

生き抜くって、時には”息抜く”でいいんです。

ikinuku


突っ走って、突っ走って、生きることがつらくなるほど、がんばって、がんばって・・・。それでも、まだがんばって。頑張りすぎて、ちょっとつまずいちゃうときってありますよね。本人は頑張りすぎって気づいてない場合が多いような気がします。でもね、時には歩いたり、休んだりしてもいいんです。むしろ、それがとっても大事だと思います。歩かなければ気づかないこと、いっぱいあると思います。休むからこそ、次へ大きくステップできると思います。

生きることがつらい方、ぜひ、息抜いてくださいね

不登校のお子さん、不登校の子を持つお母さん、夏休みに入られたでしょうか? こんなときこそ、”息抜き”ができたらいいですね!

ブログで、素敵な言葉がひろがっていくって、うれしいですよね^^ そして、人の輪も広がっていく。すてきなことですね。葛西さん、ユウココロさん、ありがとうございます。

スポンサーサイト


  1. 2006/07/24(月) 23:46:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

気持ち悪い | ホーム | 通知表

コメント

葛西さんへ

ご丁寧にコメントありがとうございます^^

同感です。人生の中で、走れないときは、ゆっくり休んでまず、元気を取り戻すことが必要だと思います。そして、休めば必ずまた、走り出せるときが来ます。

”マイペース”を自分自身が掴めるといいと思います。いろんな経験しながら、みんなが、それを掴めるようになるといいですね。

これからもよろしくお願い致します^^
  1. 2006/07/25(火) 23:50:30 |
  2. URL |
  3. 葛西さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ユウココロさんへ

時には休みながらの自分のペースが掴めるといいですね。みんなみんな。

私たちも無理せず、時にはのんびり、マイペースで行きましょう^^
  1. 2006/07/25(火) 23:23:56 |
  2. URL |
  3. ユウココロさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ありがとうございます。

ふみごんさん、イラスト紹介していただき、すごく嬉しいです。

そして、さらに、素敵なコメント、メッセージを添えていただいて、ありがとうございます。

時には、息抜いて、歩いていいときもある。歩くのは文字通り「少し止まる」だけ。また走れると思ったときに、動き出せばいいんですよね。きっと。

必死に頑張り続けている人も素敵だけど、自分の限界を知っていて、頑張りすぎている自分に気づくことができる人も素敵だなぁって思います。
  1. 2006/07/25(火) 21:58:17 |
  2. URL |
  3. 葛西孝史 #BBGOdIQQ |
  4. 編集

ありがとうございます^^

ふみごんさん、本当にありがとうございました!!とても嬉しいです^^

頑張りすぎてつまづいたときって、気づかないんですよね。私もそうでした。今になってやっと気づいたんです。自分頑張りすぎてたんだなって。。

休むことはとても大切なことですよね。息を抜いて休んで、そして新しい一歩を踏み出してほしいです。
  1. 2006/07/25(火) 00:52:46 |
  2. URL |
  3. ユウココロ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/130-a581505b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。