不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一生消えない傷

子供が意見文を書く勉強をしているようです。プリントをちらっと見たら、参考に載っていた意見文のひとつが目に留まりました。その一部を抜粋して書きます。

「一生消えない傷」 作者は書かれていません

 「ねーねー、なんかさあ、最近あの子調子のってない?」
 「のってる、のってる。すごい調子のってる。」
 「男子の前だと、すごいぶりっこしてるよねぇ。」
と、いつものようにひそひそ話で人のかげ口を言っていた。
その時の自分は、とても楽しんでいた。言われている本人の気持ちなど、全く考えずに。
 時には、無理と距離をおいて近づかないようにしたり、げた箱にはってある名前のシールをはがそうとしたりと、行動で示すいじめをやった事もあった。
 その人が、すごいイヤな顔をしている姿を見て心の中では絶対「ざまあみろ」って笑みをうかべて言っていた、と思う。
まるで、悪魔のように・・・・・。
 だが、ある出来事によってこんな私がいっきに逆転した。まさか、自分がこんなめにあうなんて予想もしていなかった。
 ある日、私の方をちらちらと見ながら、何かをこそこそ話す姿をみかけた。その時の私は、「まさか自分の事を悪く言っていることはないだろう」と、思っていた。
 しかし、段々それが自分の事を悪く言っているんだと気づくようになってきた。
 「ムカツク」
 この言葉が、聞こえた時、私の心はナイフで切りさかれたような痛みを感じた。その言葉はすごく重く、つらく苦しいものだった。
 それからというもの、楽しかった学校生活はどこへ行ったのか・・・と、いうくらい学校に行くのがつらい日が続いた。その時の私は、死んでもいい、とまで思っていた。
 その時、はじめて気がついた。「ムカツク」と言う言葉の重さを・・・。自分がどんなに他人を傷つけ、どんなに苦しめたのかということに、その時はじめて気がついた。
 そして、その言葉は一生残って消えない傷だと。
   意見文は、まだ続きます。

この作者はいじめる方、いじめられる方、両方の立場を経験しています。いじめている方って、意外とあまり深く考えず、悪ふざけくらいに思っていたり、あるいはだれかに同調する程度で、いじめが行われてしまっていることが多いような気がします。でも、この中に書かれているように、いじめられた方は生きる価値さえ見失ってしまったり、一生の傷となってしまうくらい苦しくてつらい、”いじめ”は醜いことなのです。

誰かにかけた一言が深く心を傷つけることもあるし、逆に誰かを救うこともあると思います。
改めて、自分の日頃の言動、行動には、気をつけていきたいと思います。

そして、そんな場面に自分が出くわした時は、決して同調することなく、「私が止めなければ誰が止める!?」「私が言わなければ誰が言う!?」そういう意志を持って臨みたいと思います。

あとの方でこんな文章が書かれています。
 私は今、もしそんな事で悩んでいる人がいたらその人を支えてあげられる存在になりたいと思います。
 何故なら、私が悩んでいた時、私と向き合って相談にのってくれたり、いっしょの立場にたって話しを聞いてくれた友達の姿がありました。私は、その友達に支えられて、なんとか立ち直る事ができたのです。私は、その友達にとても感謝しています。
  続く
スポンサーサイト


  1. 2006/07/26(水) 02:00:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

前を向いて歩いていきましょうね^^ | ホーム | 気持ち悪い

コメント

haruさんへ

そらちゃん、そんなことがあったんですね。
でも、今は少しづつ元気を取り戻していますよね。これからも、すこ~しづつでいいから、元気が回復できるといいですね。

過去の出来事は、今はそう思えなくても、いずれ、その経験を糧に生きていくことができるかもしれません。

明るい未来を見ていきましょうね。

息子の事は、ご心配をおかけして、すみません。動揺、もちろん、子供にも伝わったと思いますよ。記事を書いた頃は「大丈夫、大丈夫!」って自分に言い聞かせてました。でも、楽天的なので、その次には「何とかなるさ!」に変わっていました。


  1. 2006/07/27(木) 00:02:06 |
  2. URL |
  3. haruさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

いじめは

娘が苦しんでいる時
助けてあげられなかった。
それを思い出しました。

でも、過去はかえられない、ですよね。
前見ていきます。

息子さん、ちゃんと元気にかえってきてよかったですね
確かに、おっきな
大会前だし、なんだか天候は悪いし
不安定にもなりますよねーーーー

息子さんの前で動揺しなかったふみごんさん、立派立派ーーーー

なんかタイムリーに書き込みできなくてごめんなさいーーー
  1. 2006/07/26(水) 21:29:02 |
  2. URL |
  3. haru #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/133-7244db9b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。