不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

男女 女男

今日は、不登校の事でもなく、子供の事でもない話題に触れてみます。

男女差別について、私の超勝手な考えを少し書いてみます。男女差別、男女平等、皆さんはどんなふうに考えていらっしゃるんでしょうね!?

なぜ、これを話題にしたか?きっかけがあります。
夫の会社に電話をかけ、夫を呼び出すとき、受付の方になんてお願いします?

私は、「前略。○○(苗字)の妻ですが、夫をお願いできますでしょうか?」って言ったんです。そしたら、「はっ?」と返されたので、伝わらなかったのだろうと思い、不覚にも私が使いたくない「○○の家内ですが、主人をお願いします」と言い直したんです。そしたら、すぐに伝わったのです。

家内・・・私は家の中になんていないよ!
奥さん、奥様・・・私は奥の方にもいないよ!
主人・・・女が主人でもいいでしょ!
父兄・・・母姉を忘れないでくれ!
姑・・・女が古い?えー!

私にとって、これらは、使いたくない言葉なのです。

題名にした、一般的に使われている”男女”という言葉、男が先にあることでこれを問題視する人がいるので、一応両方を題に書いたけれど、私はこれはどうでもいいんです。どちらかが先になるしかありえないから。

たぶん一般的には、男は体力があって、女はコミュニケーション能力があると言われている!?(うちの場合は、力仕事も私のほうがあると自信があるけれど)
女は子供を産めるけど、男は産めない。
だから、男女平等なんて、ホントはありえないと思う。
お互いに違いを認め合い、助け合い、協力し合うことが大事だと思う。

給料格差なんかは、頭にきちゃう。
男女平等を女性が訴えるなら、会議なんかで、男にまかせとけばいいなんて考えはこれからは捨てなければいけない。
地区の役員、学校の役員なんかも同様。

女だからって、逃げてきたことも実際あると思う。

男尊女卑の昔の日本の名残が今もこうやって残っているが、だんだん意見なんかは平等に言い合える時代が来るといいなと思う。

”障害者”って言葉も、見直しを迫られてますよね。何かいい言葉、あるのかな?

日常生活の中で、これはおかしいってことに気づき、改善していくことって大事だよね。

何だか、まとまりの無い文章になってしまいました。ごめんなさい。

参考までに・・・
インターネットで少し探してみたら、こういう言葉がいいと出ていました。これならすんなり伝わるのかな?
「わたくし、○○の家のものですが、恐れ入りますが○○をお願いします」

今日の記事は、私とまったく異なる考えの方も、いらっしゃると思います。気を悪くさせてしまったらごめんなさい。




スポンサーサイト


  1. 2006/09/13(水) 23:20:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

生きている価値がないと思っているあなたへ | ホーム | 子供からの刺激

コメント

MINAKOさんへ

よくよく考えてみると、おかしなことっていっぱいあるのでしょうね。それに気づき、改善していけたらいいですよね。

女性と男性が助け合って生きていくのがベストだと思います。
  1. 2006/09/20(水) 01:22:12 |
  2. URL |
  3. MINAKOさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

私も「主人」は使っていません

私は、夫の会社に電話をかけるとき、「○○の家の者ですが○○は居りますでしょうか?」と言いますが、普通に友人・知人と話している時は「夫」、と言っています。
数年前は、そんな単語を使っているのは私ともう一人ぐらいでしたが、最近は嬉しいことに増えています。
「主人」とは絶対言いたくないです。
「旦那」という表現をする人もいますが、これは余計イヤです。

学校の役員をしたとき、びっくりしたのは、行事の出席票や委員を引き受ける旨の書類に、出席や委員をするのはお母さんなのに、氏名の欄は、お父さんの名前が書かれているおうちが2割程度ありました。
今どきのことなのに、随分保守的な考えの方が多いんですよ。

また、学校に毎年4月に提出する「家庭調査票」には、保護者氏名を書く欄が1名分しかないので私は結構憤慨しています。一般的に保護者と言えば単身家庭でなければ夫婦二人のはず。ヘンな親だと、父○○、母△△、と二人分書いています。子どものことで対応するのは、母親の私ですから、保護者の名前=父親の名前、とは思いたくありません。

社会での役割や仕事でも、物理的に無理な作業以外は、女性であることを理由に、これは出来ません、とは言いたくありません。

ふみごんさんのご意見に100パーセント賛同できます。(^_^)v
  1. 2006/09/16(土) 23:46:47 |
  2. URL |
  3. MINAKO #Ec3FzfoQ |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/154-c7e3f8dc

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。