不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今日の気持ち、記事にしようか迷いました

日頃、「人の悪口は言わない」と思っています。でも、悪口になってしまうのかな?
でも、今日本当に思ったこと、正直に書いてみます。

うちの子は3連休の疲れで昨日、学校を休みました。風邪もぶり返したのか、鼻水も出るようになり、だるいと言って。記事には書かなかったのですが、試合中足がつるなどのアクシデントもあり、その中での快挙でした。疲れがたまっていることは、見て取れました。だから、私は学校は休んでもしょうがないなと思っていました。

それで、朝、自称「クラスの父親」と名のっている担任の先生に電話をしました。大活躍したこと、そして、疲れで休むこと。大活躍した話をしても、「ハイ、ハイ」と聞き流すだけでした。そして、休むことを話したら「それじゃ、褒められないじゃないですか!」って。電話はそれだけです。
そして、今日は学校に行きました。ひと言、「頑張ったね。」とか、「すごいね。」と声をかけてくださると思っていました。

期待した私がばかでした。何の言葉もなかったようです。子供は、「そういう先生だから。」と。子供がかわいそうに思えてしまいました。

子供の方が、ありのままの先生の事を受け入れて?いるようです。

休みがちなので、先生は「体調管理をしっかりしよう」と言う。(確かに学校は休みすぎかもしれないが、実質休みが全くなく、学校が休みの日にどれだけ頑張っているのか、先生は理解していないと思う。同じチームに入っている他の子は休まないので、先生は体調管理をしっかりすれば、休みなく学校に通えるはずと思っているらしい。個人差がある。体力的にも、精神的にも自分のペースをつかめている事が私はすばらしいと思っているのに。)

「素振りを200回した。これからも続けよう。」って言葉に、先生は「強いチームは素振りを2000回している。」って言う。まず、200回したことを、ほめてもいいんじゃない? 続けようという気持ちを認めてあげてもいいんじゃない?って思ってしまう。

何だか疲れからか、今日の私がおかしいかも?

社会にはいろんな人がいる。こういう人とも付き合っていかなければならない。これも、人生勉強かな!?

ありのままを受け入れるっていうのは、やっぱり難しいです。
割り切って先生と生活している子供の方が、成長している!


救いは、友達のみんなが喜びを分かち合ってくれていること!
明日は、ホームランボールをみんなに見せるらしい。
スポンサーサイト


  1. 2006/09/21(木) 00:11:13|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

金木犀の香り | ホーム | 怒涛の3日間が過ぎ去りました

コメント

haruさんへ

この先生、実は体育の先生なんです。

ぐいぐい引っ張っていくタイプってのは、あたりかもしれません。でも、人には心があるので、ひとりひとりの心を大切にしてほしいです。

ほとんど、先生と接する機会がなく、私が先生の長所をいっぱい見つけられないのが残念です。

友達は、以前から大切な存在です。ありがたいなって思っています。
  1. 2006/09/25(月) 09:05:55 |
  2. URL |
  3. haruさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

っぺさんへ

コメントありがとうございます。親との関係で苦しんでいる子が世の中には大勢いますね。

っぺさんは、子供の立場で、親である私にコメントくださってありがたいなって思います。

子どもが大人を見る目ってとても冷静で
客観的に見てるから
大人が大人を見るより
子どもが大人をみたほうが大人は勉強になります。


確かに、そうかもしれません。子供の方が繊細で冷静に敏感に人を察知できるような気がします。

ふみごんさんがふみごんさんの言葉で
そして思いで何か大切な事伝えて

言葉だけじゃなくて
温かさで包んであげてほしいなと
願う っぺでした。


以前不登校になった頃は、どうして私の気持ちが伝わらないんだろうとか、子供が何を考えているんだろうとか、わからなくて考える時期もありました。でも、今は子供のことを愛していて、それが子供にも伝わっていると思っています。

温かさで包んであげられるように、自然となりたいと思っています。
  1. 2006/09/25(月) 09:01:17 |
  2. URL |
  3. っぺさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

おくればせ・・のコメントでごめんなさい。
でも読んでいたら、悔しくなってしまって。

横柄で強い人って、繊細な人の心はわかんないのかな。
でもきっと、ぐんぐん子供をひっぱっていく退部なんでしょうね。
でも人間みんな一律じゃないから。
私も苦手だな・・・こういう先生。
でも息子さんえらいなぁ・・と思ったよ。
先生の性格も理解して、うまく生活していると思う。
何より、すてきな友達がいることが
宝物だよね(^^)
  1. 2006/09/24(日) 12:31:51 |
  2. URL |
  3. haru #- |
  4. 編集

お疲れ様ですた^^

そうですね、
難しいですね。
色んな考え方や捉え方があるし
精神的な力ってなかなか理解あるようで
分からない人はほんとに分からないから。


でも、子どもが大人を見る目ってとても冷静で
客観的に見てるから
大人が大人を見るより
子どもが大人をみたほうが大人は勉強になります。


それは親子関係もそうだと
ドクターから話を聞きました。

でも、一番大切なのはふみごんさんが
理解してあげているってことだと思うな。

すごいなって思ってもそれを周囲の人が
子どもの目線を理解して伝えてあげなければ
子どもって伸びないから
ふみごんさんがふみごんさんの言葉で
そして思いで何か大切な事伝えて

言葉だけじゃなくて
温かさで包んであげてほしいなと
願う っぺでした。

By っぺ
  1. 2006/09/22(金) 22:14:09 |
  2. URL |
  3. っぺ #- |
  4. 編集

yuuyuuさんへ

優しいお言葉、ありがとうございます。
涙がじんわり出てきます。

わかってくれている人、ホントに大勢います。わかってくれる人と喜びを分かち合えたこと。こちらを頭にどーんと据えて、こころ切り替えます。
  1. 2006/09/21(木) 09:09:45 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

素振り200回。
大変なことです。
2000回。。。ありえません。。
この自称おっさん、い、いやクラスのなんとかは
自分でやったことがないですね。
世の中にはいろんな人がいます。
常識では考えられない国もあります。
でも、ちゃんと分かってくれる人もたくさんいるって事を忘れないでね^^
ファイツ!
  1. 2006/09/21(木) 08:35:52 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/160-a718651c

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。