不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新聞広告より

今日の新聞に本の広告が載っていました。

その本を私は読んでいませんが、広告に載っていた言葉が子育てには確かに重要かも!と思いましたので、抜粋します。

親が肩の力を抜くと、親が楽になります。親が楽になると、子どもも楽になります。

「子育てに自信がない」のがふつうなのです。ぜひ、自信がないことに自信を持ってください。

反抗は自立のサイン。イタズラは好奇心の表れであり、自発性が育ってきた証拠。子どもの心の成長に、とても大切なことなのです。

子どもが反抗するのは、ちゃんと育ててきた証拠で、喜ぶべきことです。

「将来、問題を起こさない子に育てるには、小さい頃から厳しくしつけなければならない」という考えは、間違っています。むしろ、親が一生懸命、子どもをしつけようとしたことが、逆効果になっているケースが増えています。


いかがでしたか?

この本はスクールカウンセラーで医者の明橋大二氏著の「子育てハッピーアドバイス3」です。

くれぐれも、私は宣伝ウーマンではありませんので
スポンサーサイト


  1. 2006/10/15(日) 00:10:04|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

表面的なものだけを見ないでください | ホーム | 子供が不登校でいま、苦しいあなたへ

コメント

クロちゃんへ

明橋先生の本、3冊とも持っているんですね!
それぞれ、参考になるいい言葉が載っているんですね~ ご紹介ありがとうございますv-421
「頑張ってるね」とか、「ありがとう」など、お母さんたちにも言ってあげたい言葉だなあと思いました。子供にやればいいことは、大人にもやればいいことなのかもしれません。

クロちゃんは反省してばかりとのことですが、反省があるからこそ、人間って成長していけるのではないでしょうか。過去は変えることはできませんが、未来はいくらでも自分で作っていけます。そして、他人は変えることはできませんが、自分を変えていくことはいくらでもできます。
反省のもとに立って、これからの自分の人生を作っていけばいいのではないでしょうか!?
過去の失敗もこれからの人生のためにきっと役立つと思いますよ^^

参考にしたいこと、クロちゃんが感じたこと、どうぞここに書き込んでくださいね。私もとても参考になり、ありがたいですv-290

  1. 2006/10/28(土) 22:30:25 |
  2. URL |
  3. クロちゃんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

はじめての投稿で、本当にお返事がいただけるのか、心配でした。とても嬉しかったです。
暖かいお返事、ありがとうございました。

明橋先生の本は、主人が買ってきました。1巻から3巻まであります。とても見やすくて、絵もかわいいし、お勧めです。

私の心に残っているところ

第1巻では・・

v-22「がんばれ」より、「がんばっているね」と認めるほうがいい。

*「がんばれ」という言葉は相手を選ぶ。言っていい人と、言ってはいけない人がいる。だけど、「がんばってるね」「よくがんばったね」という言葉を言ってはいけない人はほとんどいない・・・。

v-22「ありがとう」という言葉を、どんどん使おう。

*・・・「ありがとう」と言ってもらうと、
「何か自分もちょっとは人の役に立てるんだ」
「自分も生きてていいんだ」と思えるから。

第2巻から

v-22「叱ってはいけない」と思うのですが、子どもを目の前にすると、叱ってしまいます。どうしたら良いでしょうか

*この子もけっこういいところがある、私もけっこういい子育てしてる、そう思ってほしいのです。そして、それは事実です。

v-22子どもが学校へ行かなくなったとき、親は、どうすればいいのでしょう

*子どもが学校へ行けなくなったとき、親がたどる心の過程は、末期患者がたどる心の過程と通じるものがある。
第一段階 否認
第二段階 怒り
第三段階 取引
第四段階 抑うつ
第五段階 受容

そして、明橋さんが最後にあえて付け加えて最終段階
第6段階 「感謝」です
「まず、親が変わらなければ」と努力するうち、
子どもの苦しさは、
実は、親自身の苦しさであったことに気づきます。
そこまで、考え抜いたところに
「感謝」という、大きな幸せが待っているのです。

私は、日常の中で、「あんなこと言わなければよかった・・」「どうして、あんなことしてしまったのか」と思うことばかりです。
こうして、ここに参考にしたいことや、自分で気づいたことを書かせてください。
書くことで、少しでも気が楽になれ、意識が高まれば嬉しいので。

長くなってすみません。
  1. 2006/10/28(土) 20:34:57 |
  2. URL |
  3. クロちゃん #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/178-2b692b79

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。