不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

”天日干しはぜかけ米”をいただきました^^

私には、子供が縁で子供が保育園の頃から、なが~いお付き合いをさせていただいているおじいさんが、二人いらっしゃいます。

ひとりは、保育園の卒園時にござを贈ってくださったおじいさん。子供たちへの思いをこめた川柳も付いていました。
この方は、畳屋さんで、”畳の部屋が少なくなったご時勢に、畳の感触を味わってほしい、忘れないでほしい”という思いで、地元村内から我が家のような隣の市まで、毎年子供たちにござや畳表の花台を贈り続けている方です。
私は見も知らない方からいただいた贈り物に驚き、はがきでお礼状を出したところ、今度は個人的にその方からまたもや花台が届き、その後もずっとお付き合いさせていただいている方です。何でもお礼状を出すのはめずらしいようで、数少ないご縁が続いているメンバーに私も入っているらしいです。

この方、我が家の子供の年齢など、全部頭に入っていて、受験、入学、その時折に、思いを馳せた川柳をつけて、贈り物をしてくださいます。他人の家庭のことをそこまで、思いやれることに、ただただ頭が下がります。

そして、その方から今回は、”天日干しはぜかけ米”をいただきました。

はぜかけ米をいただくのは、私が子供だった頃以来です。何といっても太陽の恵みをいっぱい受けたお米。しかも、はぜかけにすると、くき、葉などの栄養がお米にまわり、一段とおいしくなるのだそうです。

そして、今朝その  ”天日干しはぜかけ米”をいただきました。

おいしーーーーい

朝から、軽く大盛りのおかわりをしてしまった私でした

もうひとりの、なが~いお付き合いをさせていただいている方の事も、機会をみて記事にします。
スポンサーサイト


  1. 2006/10/18(水) 08:54:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

この年齢になってわかったこと | ホーム | ブログを紹介します

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/183-1ce2025a

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。