不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

この年齢になってわかったこと

私が中学生だった頃、父がくどくどと物事を言うことが嫌いでした。

でも、今、私が同じくらいの年齢になってわかりました。言ったことを忘れてしまうのです。

今忘れてしまうのは、言ったことだけでなく、昨日の食事の内容まで忘れてしまう有様。メインのおかずはどうにか思い出しても、副菜が思い出せないくらい。
(同じくらいの年齢でも、皆さんはそんなことないかもしれませんが、たぶん私が、私の父に似たのだと思います。)

だから、今になってあのときの父は、自分では繰り返し言うつもりはなかったけれど、私にとっては
”くどくど言う父”にしか見えなかったんだということがわかります。

あの当時、自分は実生活の中で話したことを忘れるなんてことはなかったので、忘れてしまうということ自体を理解できませんでした。というより、思いもつきませんでした。

そこで、この言葉が頭をよぎりました。

子供怒るな来た道だ
年寄り笑うな行く道だ


年寄りとまでは行きませんが、私に起こっている現象も老化の一つではあります。


今子供が、「お母さんは忘れっぽすぎる!」と言います。

私は、「忘れっぽいのは悪いことばかりじゃないよ!嫌なことも、忘れやすいから!」と答えました。

忘れたいような出来事が起こってしまったときにも、どうせすぐ自分も他人も忘れちゃうから、と自分に言い聞かせます。そして、人前で緊張して言葉が出てこなかったなど、実際起こった忘れたい出来事も、以前より実際忘れやすくなっています。

自分がその年になったら、自分勝手にいい方にいい方に考える自分勝手な私です。


スポンサーサイト


  1. 2006/10/19(木) 09:11:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

「生きていてくれて ありがとう」 | ホーム | ”天日干しはぜかけ米”をいただきました^^

コメント

ムスカリさんへ

コメント、ありがとうございます。

忘れる、いいように考えてます。

でも、どうも私は忘れっぽすぎるので、頭のトレーニングして鍛えないとダメかななんて、思ってます。

肌も頭も年には逆らえない年頃ですv-393
  1. 2006/10/21(土) 10:49:32 |
  2. URL |
  3. ムスカリさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

「忘れる」ということ、常識では、あまり良くないと思われているけれど、イヤなことも早く忘れる・・と思うと、いいですね~~。
子供のときに分からなかった親の気持ちが、よく分かる時、ありますよ・・
忘れるって人間に必要な能力かもしれないですね~。
  1. 2006/10/20(金) 08:40:14 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/184-a847e4f2

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。