不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「生きていてくれて ありがとう」

のんきははさんが、コメントを入れてくださいました。

今、いじめ問題がクローズアップされています。それは、自殺という最悪の結末になってしまったために、浮かんできた事実。
実際には、たぶん考え切れないほどのいじめが存在し、道を示すべき教師までもが、加担してしまっている、あるいは加担とまではいかなくても守ってあげられないケースが現実には相当あるのではないでしょうか。

どうしたらいじめが撲滅できるか、そのためにまず、どうしたら少しづつでも減らしていけるか、ひとりひとり考えることが必要だと思います。
葛西さんのようなブログはとっても、有用だと思っています。葛西さんのように自分で何かを起こすのは無理でも、そういったいじめについて考えるインターネットのサイトに参加する、いじめについて考える会に参加する、あるいはもっと身近なところで、日頃の言動がいじめに繋がらないか考えるなど、些細なことから、身近なことからでもいいと思います。私も考えてみたいと思います。

いじめる側の子は、いじめの自覚はないのでしょうか?
そういう子にどうしたら、いじめられている子の痛み(体も心も)がわかるのでしょうか?
スポンサーサイト


  1. 2006/10/19(木) 15:15:49|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

わかったようなことを書いていて、ごめんなさい。 | ホーム | この年齢になってわかったこと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/185-d9c54eeb

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。