不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いじめ

今日のヤフーニュースに、民間団体がいじめに関してとったアンケートの概要が出ていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061107-00000011-mai-soci

いじめがあった時「いじめる方が悪い」と考える子どもが中学、高校で半数にも満たないという結果が出たそうです。

あきれました。

そして、「いじめが悪いとは思いません。人が(いじめを)やるのもその人の個性だ」(公立小6年男子)などと書かれたものもあったそうです。

私は、いじめた方に、たとえかすかであっても罪悪感があるだろうと淡い期待を持っていました。でも、それは間違っていたようです。

先日報道された「いじめた子が、いじめられ自殺した子の棺桶を覗きこんで笑みを浮かべた」という記事。私には信じられませんでした。何かの間違いだろうと思いました。でも、これもきっと真実なのですね。

人の命を何と思っているのでしょう。こんなニュースを読むと、世の中が冷たすぎて、恐ろしく感じます。

自殺の連鎖が続いていますが、自殺をしたらいじめたヤツの思う壺です。絶対、自殺だけはしないでほしい。
誰かに助けを求めてほしい。助けを求められた人は、その子を助けてあげてほしい。不登校になっても、逃げてもいいから、自殺だけはしないでほしい。

いじめ対処法として次の記事が載っていました。ここに記載されたものに限らず、わずかなサインに気づいてあげられる自分になりたい。
http://allabout.co.jp/children/childsafety/closeup/CU20061022A/

そして、前にも記事にしましたが、葛西さんが運営しているブログを多くの方に知っていただきたい。いじめの実情がわかり、いじめられている子の安らぎの場となっています。(11月5日テレビにも取り上げられました)
http://blogs.yahoo.co.jp/what_we_can00/MYBLOG/yblog.html#25035360
いじめをなくしたい。地道に、まずは、一歩づつ。


私が心配しているのが自分の子がいじめる側になっていないかということ。それにも、気づける自分でいたいと思う。難しいけれど。



記事を書いたら、欄がずれてしまったこと、そして、ほっと一息できる場所にしたいのに、暗いニュースのことばかり書いているので、あえてティータイムのテンプレートに変えました。
スポンサーサイト


  1. 2006/11/07(火) 23:08:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

愛の種 | ホーム | 立冬

コメント

フィンブルくんへ

コメントへのお返事、ありがとう^^

フィンブルくんの親は素敵な方ですね!
子供が初めて不登校になった時って、なかなか「今は傷を癒しなさい」とは言えないものだと思います。私もそうでした。

フィンブルくんの気持ちを理解してくれている素敵なご両親の元で、いろんな話をするのは、神様がプレゼントしてくれた時間かもしれません。ゆっくりゆっくり癒してくださいね^^
  1. 2006/11/09(木) 08:03:53 |
  2. URL |
  3. フィンブルくんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

コメントの返事、ありがとうございました!
確かに、大人の世界は、大人になってからじゃないと分かりませんよね。
就職する仕事によっても変わって来ると思いますし。
 
「学校信仰心」の事は、自分でも少し過剰に書いてしまったかも知れませんね^^;
確かに、まだ中一なので、どうなるかは分かりませんよね。どんな状況でも味方になってくれる人が居るのは心強いですね。

親からも「今は傷を癒しなさい」と言われているので、しばらくはあまり深く考えずに
気楽に行こうと思います。
 
「自殺予告」事件は不安です;
明後日、どうなってしまうのか本当に心配です;

親身になって考えて下さって、本当にありがとうございました!
よければ、またコメント下さい!
  1. 2006/11/09(木) 00:33:10 |
  2. URL |
  3. フィンブル #- |
  4. 編集

お子さんたちも、かりママさんも、つらい経験をお持ちなのですね。いじめられている子をかばうことで、いじめに遭うなんて、そんな理不尽なことはありませんv-412

いじめは本当にささいなことから起きるようですね。いじめられる方に落ち度はありません。自信を持って生きていきましょう!!!
かりママさんのお子さんたち、今生きていてくれてよかったですね。

決して、いじめはあってはならないこと。今の社会が変わらなければ、いじめは減らないような気がします。

  1. 2006/11/08(水) 23:25:21 |
  2. URL |
  3. かりママさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

いじめ

二人の子供は、なぜか二人とも不登校経験者、そしていじめられた経験ありです。
姉:風邪をひいていて、学校で鼻を手でこすりました。=「汚い子、近寄るな、しゃべるな」リーダー格からの指示でしょう。クラスの女子から無視されました。
妹:天真爛漫でクラスの人気者、自分は絶対に人をいじめない!クラスの仲間は絶対に人をいじめない!宣言している子でした。ある日学校で、「仲間はずれになっている○○ちゃんとなかよくできないか?」という話になり、先生が言うには「一番に○○ちゃんに近寄り一緒に遊ぼう、と声をかけてくれた」ようです。その正義感があだとなり「逆いじめにあいました」上靴を隠され、筆箱の鉛筆をボキボキに折られ・・・それでも「犯人は自分のクラスにいない」と宣言するわが子が不憫でした。その後しばらく、うちの子は不登校生活に入りました。いじめにもいろいろとあると思いますが、きっかけは本当にいつも、小さなものからじゃないのかなぁ・・・・と感じます。
  1. 2006/11/08(水) 21:38:05 |
  2. URL |
  3. かりママ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/202-6d9ccb0d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。