不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

こどもたちへ 水谷修著より

少し前にっぺさんが紹介してくださった、水谷修さんが書かれた「こどもたちへ」より、一部抜粋して書きます。

ひとりで苦しまないでください。
友だちに迷惑をかけたくない、親に心配をかけたくないという気持ちはわかります。でもこれは間違った優しさで、結果的に友だちや親を傷つけてしまいます。
誰も信頼していないという証拠だからです。

つらいときは下を向いて、困った顔をするか、少し泣いてください。
絶対、無理に我慢しようとしないでください。
何も言葉が出てこないようなら、とにかく哀しい顔をしてください。
苦しいときはなるべく多くの大人にその事実を伝えてください。
誰かに伝える勇気を持ってください。
いじめにあっている事実、暴行を受けている事実、カツアゲされている事実を、先生や親、近所の大人たちに、自分の口から伝えてください。

・・・

逃げる勇気を持ちましょう。
苦しいときは、すべてを捨てて逃げること。

訴える勇気を持ちましょう。
苦しいときは、大声で苦しいと訴えること。
どちらも立派な行動です。


苦しさ、つらさをどうか溜め込まないで、吐き出してほしいと思います。学校から逃げてもいいから、命だけは大切にしてほしいです。
生きていれば、必ずいいことが待っているから。
同じようなつらい状況を経験した人も、生きていてよかったと言っています。
スポンサーサイト


  1. 2006/11/15(水) 01:53:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

音楽会 | ホーム | コメントへの返事が遅くなってごめんなさい

コメント

亜紀子さんへ

子供が生きていてくれてよかったですよね。
つらい状況の中で我慢するより、不登校の道を選んでくれた方が絶対いいです。
生きてさえいれば、未来があるんだから。
亡くなってしまったら、何もかもそれで終わり。周りのみんなが一生苦しみを背負っていかなければならない。でも、自分で死を選ぶときって、そんなことは考えられないほど、追い詰められてしまっているのでしょうけど・・・。だから、人をそんなにまで追い詰めてしまういじめは、絶対あってはいけない!ふざけていたでは、許されない!

軽はずみな言動はないか?など、自分の生活ももう一度、見つめなおさなければ!
  1. 2006/11/17(金) 01:35:39 |
  2. URL |
  3. 亜紀子さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

のんきははさんへ

コメントをいただき、いろいろ考えました。そして、学校の先生のブログやいじめられた子がいる親のブログなども行ってみました。
それぞれの立場で、皆さん深く考えていらっしゃいました。

子供が心の病気になり、入院するまでになっても学校は動いてくれないというような事実は一部の学校で現実にあるようです。のんきははさんのところも似てますね。(のんきははさんのところは、先生の暴言などもあったのだからもっと最悪ですね)
私は、いじめがあったという事実は学校は認めるべきだと思います。その上で、これからどうしたらいいかを皆で考え、このような悲しいことが二度と起こらないように、対処すべきだと思います。いじめた方も生きていかなくてはなりません。罪と思っていないならばわかるまで指導し一生かけて償っていく、罪を反省しているならば今そこから償っていく。そして、学校はマスコミに対応しているよりも、現実に目の前の問題に関わるべき時のはずです。マスコミは校長や先生たちを責めるより、いじめ自体をあってはならないことだと主張すべきだと思います。

いろんな立場で、いろんな意見が飛び交っています。でも、いじめのようなあってはならないことはなくしていこう!、いじめを苦に自殺なんてことはなくそう!という考えは皆一緒だと思います。お互いの意見を聞き、対策なども含め、どんどん意見を交わし、これを機会にいじめがない世の中に近づいていけるといいなと思います。
  1. 2006/11/17(金) 01:23:17 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

本当に辛いですね。

私の子供たちは学校へ行ってませんが、
行かなくなったとき、友達と何らかのことがあったようです。
それから、行かないことを決めました。
学校へ行っていて苦しんで亡くなるより、
学校へ行かなくても生きていてくれたほうがいいです。
わがやはそれをとりました。
そうなんですよね、子供たちは宝なんですよね。
  1. 2006/11/16(木) 22:36:58 |
  2. URL |
  3. 亜紀子 #AGI7I832 |
  4. 編集

複雑・・・

学校がいじめを認めにくいのは、社会的には人を傷つけた子(犯罪者)という認識がある子たちを 教室に迎え入れて 他の子たちと同じような状態で教室運営をしなければならないからではないでしょうか。
今はいじめ問題がクローズアップされたので、学校が認めないことを非難する声が大勢を占めています。それは当然のことだとも思いますが、罪の意識もないまま、テレビなど大人の発信した情報を鵜呑みにしていじめをした子たちを 社会はこれからどうするというのでしょうか。
例のバスケ部の子たちも 現在学校に行けない状態だそうです。この子たちにも教育を受ける権利はあるんですよね。

  1. 2006/11/16(木) 08:23:18 |
  2. URL |
  3. のんきはは #- |
  4. 編集

かりママさんへ

そうですね。自殺は以前からあるのかもしれないですね。

親にも言えず、友達にも言えず、我慢して、心がぱんぱんになっちゃっている人、どうか誰かに相談してほしい。

身近に相談できる人がいなければ、相談機関もあるようです。
かりママさんへのコメント欄ですが、サイトを書いておきます。
http://www.find-j.jp/nayami.html
  1. 2006/11/16(木) 00:20:52 |
  2. URL |
  3. かりママさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

花子さんへ

今日も、自殺のニュースが流れていました。残念なことに毎日です。

いじめられる方が悪いんだ、戦う勇気を持てなどという言葉が、ますます追い詰めてしまっているような気もします。テレビで何かおっしゃる方は、自殺を考えているような子は想像を絶する苦しさの中にいるということを頭にすえて、コメントをしていただきたいです。
  1. 2006/11/16(木) 00:09:31 |
  2. URL |
  3. 花子さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

がまんしないで

今日のニュースにも「自殺」記事がありましたね。毎日誰かが、命を落としているように思えます。でも・・・今まで自殺としての発表がなかっただけで、児童の自殺は前年でも150人くらいと・・書いてあるのを見たような気がするのですが・・・今までにもたくさん、悩んで悩んで自殺してしまった子が入るんじゃないでしょうか?死を選ぶ前に「相談して!!」学校がそんなに、つらくて、嫌な事ばかりのところなら「行かなくていいよ~~~~」行かなくていいから・・・生きて、これからのことを信頼できる人と考えようよ」 大切な子供がいなくなる・・・それほど つらい現実はないですね。
  1. 2006/11/15(水) 18:55:03 |
  2. URL |
  3. かりママ #- |
  4. 編集

ほんと・・・

ガマンすることが良い訳ではないのですよね。
うちの子も黙ってガマンしていたので、本当に辛いんだよと訴えて欲しいと強く思います。

毎日のニュースが辛いです・・・
死を選ぶことだけは絶対にやめて、と声を大にしたいです(ノω・、)
  1. 2006/11/15(水) 08:00:39 |
  2. URL |
  3. 花子 #bNXzFvzo |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/207-fba5c9c4

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。