不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

償い

昨夜、のんきははさんのコメントへの返事を書いた中で、いじめた側はいじめられた側に償っていくべきだという私の思いを書きました。

償っていくっていったいどういうことなのか? 
いじめた方の立場で考えようとした時、ある歌が思い浮かんできました。
これです。

『償い』

作詩・作曲:さだまさし

 月末になると ゆうちゃんは薄い給料袋の封も切らずに
 必ず横町の角にある郵便局へとび込んでゆくのだった
 仲間はそんな彼をみてみんな貯金が趣味のしみったれた奴だと
 飲んだ勢いで嘲笑っても ゆうちゃんはニコニコ笑うばかり

 僕だけが知っているのだ 彼はここへ来る前にたった一度だけ
 たった一度だけ哀しい誤ちを犯してしまったのだ
 配達帰りの雨の夜 横断歩道の人影に
 ブレーキが間にあわなかった 彼はその日とても疲れてた

  人殺し あんたを許さないと 彼をののしった
  被害者の奥さんの涙の足元で
  彼はひたすら大声で泣き乍ら
  ただ頭を床にこすりつけるだけだった
 
  それから彼は人が変わった 何もかも
  忘れて 働いて 働いて
  償いきれるはずもないが せめてもと
  毎月あの人に仕送りをしている


 今日ゆうちゃんが僕の部屋へ 泣き乍ら走り込んで来た
 しゃくりあげ乍ら 彼は一通の手紙を抱きしめていた
 それは事件から数えてようやく七年目に初めて
 あの奥さんから初めて彼宛に届いた便り

 「ありがとう あなたの優しい気持ちは とてもよくわかりました
  だから どうぞ送金はやめて下さい あなたの文字を見る度に
  主人を思い出して辛いのです あなたの気持ちはわかるけど
  それよりどうかもう あなたご自身の人生をもとに戻してあげて欲しい」
 
  手紙の中身はどうでもよかった それよりも
  償いきれるはずもない あの人から
  返事が来たのが ありがたくて ありがたくて
  ありがたくて ありがたくて ありがたくて
 
  神様って 思わず僕は叫んでいた
  彼は許されたと思っていいのですか
  来月も郵便局へ通うはずの
  やさしい人を許してくれて ありがとう
 
  人間って哀しいね だってみんなやさしい
  それが傷つけあって かばいあって
  何だかもらい泣きの涙が とまらなくて
  とまらなくて とまらなくて とまらなくて


さだまさしさんが実際歌っている曲は、詩を読むだけより更に心に響きます。リンクフリーとのことだったので、リンクさせていただきます。
http://www.geocities.jp/flash20050412/flash_tugunai.htm
これは、お勧めです。ぜひ、行ってみて下さい。なお、画面中の「P」の字をダブルクリックすると始まります。

2001年東京世田谷で、18歳の少年ふたりによる傷害致死事件(銀行員が少年達に殴られ死亡しました)が起きました。その裁判が2002年2月に行われ、反省の様子が見られないふたりに裁判長が異例の説教をしたということで、ニュースになりました。
判決後、閉廷する直前、反省の色が見られない少年2人に対し、裁判長は「唐突だが、さだまさしの『償い』という歌を聴いたことがあるだろうか」と切り出しました。うつむいたままの2人に、「この歌の、せめて歌詞だけでも読めば、なぜ君らの反省の弁が人の心を打たないか分かるだろう」と少年の心に訴えた、というものです。

私が考える償いとは、お金を払えばいいとか、刑務所に入ればいいとか、そういうものだけではなく、この歌に表現されているようなまさに「償いの心」だと思います。

加害者にとってみれば、これが精一杯の償いかもしれません。




しかし、この曲を聴いた被害者は加害者までもが被害者と思われるのが悔しいと悔し涙を流したようです。許すことはできないのです。
また、別の交通事故の被害者はこのようにも言っています。「あなたの文字を見る度に主人を思い出して辛いのです」というのは、亡くなった人の事は毎日忘れることはないけれど、事故そのものは考えたくない。だから、きっとこの被害者も同じ心境だったのではないかと。

当事者でなければわからない苦しさ。
いじめであっても、交通事故であっても、尊い人の命を落とすようなことは決してあってはいけないことです。
スポンサーサイト


  1. 2006/11/18(土) 00:12:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

怒ってます(`ヘ´~) | ホーム | 女学生たち、体を大切にしてほしい~

コメント

yuuyuuさんへ

一度書き込んだものを少しだけ表現を変えてみたくなったり、誤字を見つけたりで直そうとすると、前のテンプレートは題名が消えてしまいました。最近度々テンプレ変えてばかりで、見にくいでしょうね。ごめんなさい。

人間は、間違いを犯します。その時どうするか、それをその後の人生にどう生かすかが大事ですよね。

自殺予告が相次ぐ中、大人として情けない事件が発生しました。逮捕されたのは、大人で、しかも学校職員です。本当に情けないです。記事にしました。



  1. 2006/11/19(日) 11:44:42 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

テンプレ変えましたね^^

朝から「償い」聞いてうるうるしてしまいました。
さだまさしは、私も好きなシンガーです。
人間は誰でも間違いをおこします。
ふみごんさんの言う「償いの心」
これが基本であり、原点だと思います。
  1. 2006/11/18(土) 08:56:15 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/211-cbf233d1

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。