不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

皆さんのメッセージをいじめ撲滅ネットワークの方に投稿致しました

今、「いじめ撲滅ネットワーク」のいじめトピックスhttp://www3.ezbbs.net/05/i-network2/に投稿致しました。文字数制限があり、途切れ途切れになってしまい、せっかくの皆さんの思いが読みにくくなってしまい、申し訳なく思っています。

先の記事に書かれていない皆さんのメッセージをここに転載しておきます。皆さんの思いが世の中の人たちに伝わるといいなと思います。

グッチさんより

止まらないイジメと、毎日のように命を絶つ中学生のために、
文部省はメディアを駆使して訴えている。
『君は一人じゃない。気持ちをわかってくれる人は必ずいる。』
毎日のように新聞やTVでも
いろんな人がコメントしている。
そう、イジメは誰かを追い詰める。
イジメ被害にあった子どもは、イジメがやんでも心の傷を長い間引きずる。
どこかで止めなきゃいけない。

けれど、その言葉は本当に子どもたちに届いているんだろうか。
耳からは入るかもしれないけど、
心にまで届いているんだろうか。
直接子どもに接している学校で
毎日子どもの顔を見ている教師が
その大事なメッセージを、子どもたちに伝えているんだろうか?

次男の中学校では、特にそんな話は出ていないらしい。
今現在は知らないけれど、
間違いなくあの中学校でもイジメはたくさんあったのに。
過去のことは、教訓にしないんだろうか。
イジメは、学校でおこっているのに
知らん振りして流してていいんだろうか。


息子がイジメにあっていたことを
息子が中学校当時、母は話題にして欲しくなかった。
きっと本当のことから尾ひれがついて
その噂はウチに、息子に、次男に、帰ってきてしまうだろうと思ったから。
それに、息子は中学校に行けなくなったけれど
その他に被害はないということになっていたから。

教師は、息子が殴られたりひどい言葉で傷つけられたことを
日時や場所や細かいことまで聞いてちゃんとした証拠にしたかったみたいだけど、
息子の重たい口からは全部が出てこなかった。
息子が全部をハッキリ証明しないと、
教師もそれを被害とは受け止められないらしかった。


「傷ついている子どもに、そんなこと細かく聞くなよ」
今なら、母はハッキリそう考えられる。
”いつ、どこで、誰が、どんなことばで、どんなシチュエーションで”
だなんて、
毎日のようにイジメがあったって言ってるのに
そんなこと日記につけているわけじゃないのに
迷うことなく言えるわけないじゃない!
それに、イジメてた先輩たちは必ず最後に
「もしチクったら、ただじゃおかねぇ、大勢でボコボコにすっかんな!逃げても無駄だけん!」
と脅していたのだ。
たとえ、両親と一緒に教師と話し合っている最中でも
息子の頭の中は、先輩たちの仕返しのことが
常に頭にあったに違いない。

「仕返しが怖い」
と、息子だってちゃんと言ったのだ。
父も母も、学校側でもちゃんと見てて欲しいと頼んだのだ。
けど、人数の多い中学校で常に誰か教師が見ていることは不可能だと言われた。
当時は母も、それはわからなくもないと思っていた。
けれど、教師から”不可能”と言う言葉が出た時点で
息子は学校はもう行けないと考えたんだと思う。
当然だ、
誰からも守ってもらえない中学で
逃げ場所はもうない。
どうしてそのとき、母はそれに気がつかなかったのか。
なぜもっとハッキリ、守れないならもう中学校には行かせられないと言えなかったのか。
今でも、そのことが大きな後悔となって残っている。

大勢で一人をイジメていれば、
イジメられている子どもの恐怖感は計り知れない。
怖くて、普段の自分でいることすら保てなくなる。
一日のほとんどの時間を、そういう恐怖感とともに
学校で過ごさなきゃならないってのに。
それでも、イジメられるほうにも、問題はあるのか?
自分の何が、相手からのターゲットになってしまうのか
そんなこと被害者だってわかりはしない。
なんで自分がこんな目にあわなきゃいけないかなんて
生まれてきた価値すら見えなくなってしまうくらい怖いものなんだ。
それでも、イジメられるほうが強くならなきゃいけないのか。

人間は、誰でも弱いものじゃないのか?
イジメているほうだって、心に弱いものがあるから
誰かをいじめて自分を優位に保とうとしているんじゃないのか?
どこにもはけ口がないから、
てっとり早く目に付いた自分より弱いものをターゲットにしているんじゃないのか?
誰かをイジメていないとやってられないってのは、
問題じゃないのか?

おエライ政治家や頭のいい評論家は
イジメられたことがあるのか?
イジメに遭遇したことはあるのか?
ということを、聞きたい。
死ぬほど辛い思いをしている子どもたちに本気で訴えたいのなら、
ちゃんと直接子どもの耳に心に届くように
全部の教育者が全部の教師が全部の学校関係者が
そしてすべての親が
全身を耳にして子どもの声を聞いて
子どもの顔と目を見ながら訴えないと届かないと思う。

自分の子どもがイジメに接してなければ関係ないとか、
自分の学校ではイジメはないからと、
人事みたいに眺めている大人がいる限り
きっとイジメは途切れることなく続くような気がする。



パンダままさんより

最近の悲しいニュース。

子供達の自殺。

死んでしまいたい!と思うほど、辛くて、苦しくて・・・。

でも、死なないで!
お願いだから。

死んでも、何も変わらない。
あなたを、死ぬほど苦しめたものは、なくならない。

あなたの存在だけが、ただ消えるだけ。

あなたのなくした命を思い、
あなたのことを、本当に大事に思っている人たちが、涙を流すだけ。

だから、
自分から、命を絶つのだけは、とどまって・・・

お願いです。

かならず、今の辛さから、開放される日が来るから!
その時の事を、考えてみよう。

だから、お願いです。

動く事が辛いなら、動かなくていいんだから。
立っていると、苦しいのなら、座っていればいいんだから。
座っていても、辛いなら、横になっていていいから。

あなたが、生きている事が、
未来にまっている、たくさんのたのしい事に、続くのです。

だから、だから、お願いです。
命を絶つのは、とどまって!




うちの長男は、起立性調節障害を発症した後、その、あまりの辛さに、苦しみました。

自分の体が、
自分の思うとおりに動かない、動かせないことの辛さ。
しんどくて、薬を飲んでも、体を布団に横たえても、
その症状は、一向に治まらず、
どこまでも、どこまでも、追いかけてくる。

テレビを見ても、音楽を聴いても、その苦しさは、変わらない。
大好きなゲームさえも、やりたいと思えない。

起きている時の辛さに耐えかねて、眠ってしまおうと思っても、眠れない。

みんなが寝静まった真夜中に、たった一人で起きていることの孤独感
眠らなくちゃ!という、焦燥感だけが増していく。

学校へ行っても、みんなの中で、たった一人でいるように感じられる日々。
授業がわからないからと、
窓のない別室で、一人だけで、プリントをする。
その上、椅子に座っている事さえ、苦しくて。
 
いじめられる事はないけれど、
みんなの中にいるのに、みんなと違う自分に感じる疎外感。

自分自身の事が、自分を苦しめる毎日。
いつまで続くのかわからない、この症状を抱え、
あんなに朗らかな長男が、一言、言った。

「死にたい・・・」

自分が生まれてきた事さえも、意味がない事に思えた、と言う。



でも、長男は、その様子を、私に見せてくれました。
その苦しさを、私に、話してくれました。
とぎれ、とぎれだったけど、
自分の言葉で、自分の思っている事を、私に、ぶつけてくれました。

だから、私は、気がつけた。

長男の抱える苦しみや辛さの、大きさに。
そして、
自分の考え方を、変えなくちゃって、思い立てた。



そして・・・・・今

長男は、自分の将来を考え、自分でその道を切り拓いた。
まだ、体調は、変わらない。
失神もする。
でも、そんなこと、どうでもいい!と思うようになった。
自分の体には、いろんな症状があるけれど、それは、仕方がない!と思うようになった。
今は辛いけど、
きっといつか、この症状から開放される日がくると、信じられるようにもなった。




今、いじめや、そのほかの事に苦しんで、自分の命を絶つことを考えている子供達へ。

その思いを、周りにいる人たちに、伝えましょう。
自分が、どんなに苦しんでいるのか。
その様子を、周りにいる人に、見せましょう。
一人で、抱え込んでは、ダメ。
誰も、気がつけないかも知れないから。
伝える事って、勇気が要るけど、
「辛い!」ってほんの一言、まず、言ってみて


そして、
子どもが、苦しんでいる事に、気が付いた大人たちへ。

どうぞ、その子を抱きしめて、
苦しんでいる背中をさすってあげましょう。

その子は、あなたに、わかって欲しいのです。
あなたに、支えて欲しいのです。

あまりの辛さに、じっとして動けないでいる子どもに、
「お前が、悪い!」とは、言わないで。

一緒に、考えてあげてください。少しでも、楽になる方法を。
一緒に、立ち止まってください。少し、動けるようになるまで。

子供達は、たくさんの可能性を持っているのです。
それが、あなたの思う事と、違っていたって、いいじゃないですか?
たくさんの可能性を持った子が、
そこに居てくれる事を、喜びましょうよ。



「死」を口にしたことがある長男は、
今、

「俺は、意地でも死なないぞ!」と言います。

「だって、これから、どんなに面白い事があるか、わからないじゃん!
それを、味合わないうちに死んじゃったら、もったいないよ」

今、自殺を考える子供達が、
み~んな、こんな言葉を口に出せるようになって欲しい!と、
心のそこから、思います。


花子さんより

「命の重さ」

しばらく、ブログを休んでいるうちに

いじめについての事件が次々とあった。


今、文部科学省にいじめ自殺の予告の手紙が1通ではなく届いている。


死にたいくらいに辛い気持ちは確かにわかる。

私だって、死にたいくらい辛かったことはあったから。

だから、そう思う気持ちがわかるから胸が痛む。

    

私は・・・

確かに死んでしまいたいと何度も思ったことはあるけれど、

私は立ち向かおうということで、自分を殺しました。

意味がわからない事を言っているように思われるかなぁ・・・


どうせ一度は死んだんだから、もう、どうにでもなれ~と


ヤケクソと言えば平たく言えるのかもしれないけど。。。

そうして、仕事したり、頑張ってみたり・・・してきました。


そうやっていて、時には虚しくなることもあったけれど、
生きているうちに良いこともあるんですよ。

将来のことは、今からわからないじゃないですか。

良いことばかりじゃないけど、悪いことばかりでもないの。


私は、いじめがつらかったら・・・
学校に行かなくても良いと思う。

何もいじめに立ち向かわなくたって、いいのに。

死にたいくらい辛かったら立ち向かうことはないと思う。

家で、ゆっくり休んで良いのに。


学校って、人生のうちの・・ほんの少しだけの間のこと。

それで、一生が決まってしまう訳ではないから。

ゆっくりと休んで、この先のことを気長に考えればいいのに。


自分の命をかけひきに使ってはダメだと思う。

命がけですることは別の機会まで待っているべき。

一度、自分を自分の心の中で殺すだけでとどめて・・・
そして、生まれ変わった自分になって !



--------------------------------------------------------------------------------



死にたいほど辛い人へ・・・


自分の心の中で、今の自分を殺してみて。

一度は死んだ自分だから、

思い切りハメをはずしても良いし、

外見(髪型や服装)も変えてみたりして、

新しい自分になってみない ?





余計なこと?なのかもしれないけど・・・

私も辛い時があったから、何も言わずにはいられなかったの。


クロさんより

私が自分を振り返って、あれはイジメだったな・・・と思うことことを書きます。

まずは、私が受けたもの。
私って、たぶん元気が良いよい子だったと思います。進んで、学級委員に立候補したりしてたから。
中学校で、ソフトボール部に入りました。その頃、部活での先輩後輩関係は、ものすごく厳しくて・・・。私は、授業が終わるとすぐ、部活に飛んでいきました。先輩からは、良い後輩だったと思います。とにかく、従順、まじめでしたから。
その反動かもしれないけど、同学年の同じ部活の子から、ずいぶん厳しいことを言われたり、私が部長になってから、言うことを聞いてくれなかったり・・・。辛かったです。でも、親には言えませんでした。だって、親は生活に必死な感じでしたから。

私がしてしまったイジメ。
その部活で、自分にとってからかいやすい(親しみがあったのだけど)子にしてしまいました。その子が来るのが分かると、隠れて陰から見て、後輩と笑っていました。今でも、覚えているところをみると罪悪感があるのですね。

再び、私がうけたイジメ(といえばイジメかも)
高校時代。同じ名字の子から、生意気だ・・といって無視をされ。その子の友達からも、無視をされました。結構、私はパワーがあったのか、じかにその同じ名字の子に電話をして、「なんで無視するの、気に入らないことがあるなら言って」と聞きました。その子と本音で話ができました。私は、泣きながら謝ったけど。
また、ちょう真面目なよい子の私は、文化祭での出し物に張り切り、一人で頑張りすぎたのでしょう、友達から「あんたは、じゃまだから部活にでも行ってな・・・」と。
ショックでした・・・。

考えてみると・・・あの頃、よく電話をしたり、友達と遅くまで道で話をしていました。それで救われていたのかもしれません。私は親には言えませんでしたから。

それから・・・私が最近話した高校生らしき男の子との話ですが。
「自分は、今、イジメをしている。どうしても、そいつが気に食わない。ずるい奴。やらないと気がすまない。でも、やった後、後悔する。自分を嫌いになる。競争社会で生きている。弱い奴が絶えていく。でも、自分が生きている意味が分からない。何もやる気がしない」と。

やる方も、やられる方も、辛いのかも。もちろん、やられる方がとても辛いだろうけど。
スポンサーサイト


  1. 2006/11/23(木) 01:08:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

期末試験 | ホーム | 今を生きる子供達、そして親へのメッセージ

コメント

花子さんへ

何だかあまり役にたっていないような・・・v-390
私こそ何かできることはないか、聞きたいです。何かあったら教えてくださいね。

私の方もまた、お世話になるときがあるかもしれません。そのときは、よろしくお願い致します。
  1. 2006/12/06(水) 01:59:22 |
  2. URL |
  3. 花子さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

大変遅くなりましたが

投稿に参加させて頂いて有難うございました。
全部をお任せしてしまって、すみませんでした。
遅いご挨拶になりましたが、参加できて良かったです。
お世話様でした<(_ _*)>

何か出来ることがあったら、また声をかけてみて下さい。
  1. 2006/12/04(月) 19:07:32 |
  2. URL |
  3. 花子@携帯 #bNXzFvzo |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/216-5b895761

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。