不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

介護講習に行ってきました^^

昨日、日赤の介護講習に行ってきました。私は今年、日赤奉仕団の役になっており、その関係でお声がかかり、無料で参加することができました。

お年寄りを介護するときの基本的な心構えから、片麻痺の方を想定しての実際の介助法などを教えていただきました。

車椅子の介助、ベッドでの体位変換や立つところまで、パジャマの交換など、いつ必要となるかわからないけれど、知っていて損はないものばかり。私にとって、充実したすばらしい一日となりました。

実は、今年の春、近所の車椅子生活のおじいさんと少しお出かけすることがあったのですが、車椅子をまったく使ったことがない私はかなり困ってしまいました。ブレーキのかけ方すら知らなかったのです。

そして、一昨年末、義理の母がクモ膜下出血で入院し、しばらく介助が必要な状態でったのですが、昨日学んだような基本的なことすら知らなくて、やはりこのときも困ったという過去があります。

車椅子の基本的な構造を知り、ほんのちょっとの知識を持つことで、おそらく実際の対応がずいぶん変わってくると思います。体のどこかに不自由なところがある人の介助も同様です。

実際にはそううまくいくものではないかも知れませんが、大勢の人がせめてこの程度の基本的なことを身につけておくといいのになと思ったのでした。
(うちの子たちは、学校で車椅子に乗る体験をしたり、押してあげたりの体験をしました。でも、私はそういった経験がまったくなかったので、余計に強く感じました。)

また、”できないところだけを手助けする”という基本的な姿勢。お互いのために、忘れないようにしたいと思います。
義理の母と一緒にいると、つい、手を貸してあげたくなるけれど、余計なお節介はしないように気をつけたいと思います。
スポンサーサイト


  1. 2006/12/04(月) 08:08:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

どうか生き抜いて(息抜いて)!(祈) | ホーム | 黙る、聴く、先回りしない

コメント

yuuyuuさんへ

お年寄り体験したんですね。
自分の体が思うように動けなくなったら、目が見えなくなったら、つらいでしょうね。でも、老化は否応なし、誰にでも来ます。その人の立場にたって考えることって大事ですよね。

今、親が老眼になり、不便さを身近でひしひしと感じています。どの程度の大きさなら読みやすいか、文書を作る時に参考にしています。これは、老眼の親がいなかったらわからなかったことです。
  1. 2006/12/06(水) 01:56:20 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

kananiさんへ

「見守ることの大切さ」

子育ても介護も一緒なんですね。
つい手を貸したくなっちゃう気持ち、わかります。確かに早いでしょうね。小さい子供と接するときも同じですね。

お年寄りの場合は、今残っている機能をこれ以上衰えさせないため、あるいは復活させるために、待つことも必要でしょう。

義理の母はクモ膜下出血でその当時は看病がとても大変でした。でも、おかげさまで今は自分で杖をついて何でもやっています。趣味に仕事に楽しんでいます^^
車の運転もしています。60ちょっと。年はまだ若いので。

一緒にいるとき、母の仕事を取らないように気をつけます!(決して鬼嫁ではありませんのでv-8
  1. 2006/12/06(水) 01:46:44 |
  2. URL |
  3. kananiさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/12/05(火) 17:26:44 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/12/05(火) 14:39:59 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

いい体験でしたね^^
私も以前、お年寄り体験というものに
参加したことがあります。
ものすゴーーく ぶ厚いメガネと
ギブスを体に付けられ、目も見えない
体も自由に動かない体験をしました。
体験してみて初めて分かりますよね。
人の気持ちになって考えること
これが大事ですよね
  1. 2006/12/04(月) 14:45:58 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

車椅子って自分が乗せて貰うと 道路の不具合や
何気に並んでいる駅前の自転車が邪魔な事や・・
色々実感できますよね
経験しないと分からない事って たくさん有るんだなぁ~って思います。
義母さん大丈夫ですか? これから寒く成ると心配ですよね・・・
仕事してていつも思うのですが >できないところだけを手助けする。。これって結構介護側の忍耐も要りますよね。自分がやってあげた方が断然早いもんね(;^_^A
「見守る優しさ」 っていうのか、介護も子育ても同じなんだなぁ~って実感してます。
  1. 2006/12/04(月) 13:29:50 |
  2. URL |
  3. kanani #PMQi97Hw |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/224-912f4e5b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。