不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

心の貧しさこそ、一切れのパンの飢えよりも、もっともっと貧しいこと

サクラさんのコメントの、駅員さんの冷たい対応っていうことに関連して、マザーテレサさんが日本に来日したときに感じたものが思い浮かびました。
これ。
「けさ、私は、この豊かな美しい国で孤独な人を見ました。
 この豊かな国の大きな心の貧困を見ました。」
「カルカッタやその他の土地に比べれば、貧しさの度合いは違います。
 また、日本には貧しい人は少ないでしょう。」
「でも、一人でもいたら、その人はなぜ倒れ、なぜ救われず、その人に日本人は手をさしのべないのでしょうか。
 その人が飲んだくれだから!
 でも、彼もわたしたちも兄弟です。
 本人はきっと孤独でしょう。
 みなから無視されての……。
 やけ酒かもしれません。」
「私は、短い間しか日本に滞在しないので手を貸してあげるのは、せんえつだと思い、何もしませんでしたが、もし、女の人が路上に倒れていたらその場で、語りかけたり、助けていたと思います。
 豊かそうに見えるこの日本で、心の飢えはないでしょうか。
 だれからも必要とされず、だれからも愛されていないという心の貧しさ。
 物質的な貧しさに比べ、心の貧しさは深刻です。
 心の貧しさこそ、一切れのパンの飢えよりも、もっともっと貧しいことだと思います。
 日本のみなさん、豊かさの中で貧しさを忘れないでください。」


1週間しかいなかったマザーテレサさんが日本で感じたもの。
豊かな国の大きな心の貧困
豊かな美しい国日本は、豊かな美しい心を持った人で溢れた日本になっていったらいいな。

そのためには、どうしたらいいのかな?

まずは、身近なところから。助けを必要としている人に気づき、心を寄せることからかな? 
例えば、ひとりぐらしのおばあさん、話してみると、誰かと話をしたいのが伝わってくる。もっと、もっとって。できるだけ、時間をかけて話す、そんな些細なことからやっていこうと思う。



スポンサーサイト


  1. 2006/12/18(月) 21:26:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Happy X'mas(War is over) | ホーム | いきいきした顔

コメント

のんきははさんへ

教室の中で殴られていても、誰も止めない、見ない振りをして 関わらない子ども達。マンションの中庭で殴られている子の横を素通りしていく大人達。何かが違う気がしています。
本当にそうですね。私には↑に書かれたことは信じられない言葉だったのですが、本当にそこまで日本は落ちぶれてしまったのでしょうか?v-404

でも、やっぱり優しい心の持ち主も、何とかしなくちゃいけないと思っている人たちも絶対いるはず。私は日本を見捨てたくありません。のんきははさん、一緒に頑張りましょうv-91

頑張れって言葉は、人によって受け取り方はさまざま。
のんきははさんのように、その言葉で励まされた人もいるし、これ以上どう頑張れっていうの?v-393と追い詰められてしまう人も確かにいるようです。
後者の人がいる限り、気をつけなければいけない言葉だなと私は思っています。

昔から「頑張れ!」は、良く使われてきた言葉で、そんなに深く考えず、励ましの言葉として気軽に使っている場合が多いような気がします。
みんなからの励ましの言葉がうれしかったっていう、のんきははさんの気持ち、よくわかります。
大勢の人に気にかけてもらっているってやっぱり嬉しいですよね。

  1. 2006/12/20(水) 00:07:45 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

おせっかい

いつごろからでしょうね、他人に関わることを いけない事だと言われるようになったのは。
おせっかいの前に"余計な"という言葉までついて 非難されることも多いし、自分の子どもにしたことさえ 過保護過干渉と責められる。
確かに 事情をよく知りもしない他人に干渉されるのは鬱陶しいし、傷つく事だってあるでしょうが、それを当たり前 というか 有難いとまで思ってくれていた時代もあったように記憶しています。
教室の中で殴られていても、誰も止めない、見ない振りをして 関わらない子ども達。マンションの中庭で殴られている子の横を素通りしていく大人達。何かが違う気がしています。

「頑張れ」という言葉に傷つく人も多いですね。でも私は闘病中「頑張れ」と言ってもらえてうれしかった事を覚えています。私のことを気にかけてくれている人達に感謝しました。

みんな心が過敏になりすぎたのかな。

ん…? 私が鈍感すぎるのか・・・(ーー;)
  1. 2006/12/19(火) 02:38:51 |
  2. URL |
  3. のんきはは #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/237-be7d1241

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。