不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

取り返しのつかないことはない!

 遅れた勉強も、やる気が出たときにやり直せばいい、たとえ20歳になっても、30歳になっても、40歳になっても・・・


 この言葉取り返しのつかないことはない!に出会ってから、ずいぶん楽に生きられるようになりました。それまでの私は、あの時のあのことが原因じゃないか、この時のこのことが原因じゃないかって、自分ばかり責めていました。

でも、単純な私は、そっくりそのままその言葉を受け入れることができました。


 確かに過去の失敗・反省は、今後の生活に生かすための土台になっています。

 単純にいつでもやり直しができると考えると楽にいきることができます。

 そして、この経験により、ほんの少しだけかもしれませんが、同じ立場の人の気持ちがわかるでしょう。

 成功も失敗もすべて、財産。取り返しのつかないことはありません。

 それは、親もこどももです。無駄なときはないのです。

ブログランキングに登録しています。ランキングを上げることで、少しでも多くの悩んでいる方がこのサイトに訪れ、ほんの少しだけでも元気を取り戻せたらいいなと思います。こちらのそれぞれのバナーを1日1回クリックしてくださればありがたいです。
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 
スポンサーサイト


  1. 2006/03/30(木) 21:47:07|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

風邪をひいたらゆっくり休みましょう! | ホーム | 春休み・・・

コメント

こんばんは☆


コメントありがとうございました。
そして、リンクも有難うございます。
ぜひ、こちらにもリンクさせて頂きたいと思います。

私も同感です。。。
勉強はやる気が出た時に取り返しがつくでしょうし、私も自分が勉強したいと思った時になってから真剣に勉強した記憶があります。
高校は行かなくていいと言っていた自分が、いざ、(とりあえず?)高校生になってみたら大学に行きたくなりました。
やりたい時期が来たらやればいいよ・・・
息子にも、その位のゆとりを持たせてあげたいと思います。

人生良いことも悪いことも無駄なことはないと思います。
きっと、全てがあって今も未来もあるのでしょうね。
どこかで、つじつまが合うように出来ている気さえします。



  1. 2006/04/02(日) 22:44:44 |
  2. URL |
  3. 花子 #bNXzFvzo |
  4. 編集

緒女ちゃん へ

はじめまして。書き込み、ありがとうございます。

私自身の経験から、子供も一人の人間として付き合い、理解するように努力することって、大切だなって思っています。

生まれたときから、おっぱいをあげて、お風呂に入れて、オムツを替えて、洋服を着替えて・・・なんでもしてあげているうちに、いつのまにか自分の持ち物っていうか、自分と同一化しちゃって、自分もこう考えるからこの子も同じ考えなんだろうなんて、自分勝手になっちゃった頃の自分に反省しています。

かわいくて何でもしてあげるって言うのは、本当はこどものためにならない。今はわかるんですけどね。

逆にあんなひどいことをしたっていうのも、思い起こされます。

これらは、すべてひとりの人間としてつきあっていれば、こんな対応にはならなかったことでしょう。

反省も含めて、もし、誰かの参考になることがあればっていう気持ちで、書いていきたいと思っています。

子育てして、おかげさまで自分も少し成長しました。まだまだ、発展途上。これからも、子供とともに、成長できたらいいなと思っています。

アドバイスがあったらお願いしますね。

私の方も、リンクさせていただきました。これからもよろしくお願い致します。
  1. 2006/04/01(土) 18:30:52 |
  2. URL |
  3. ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

こんにちは^^

訪問履歴からきました。はじめまして^^
貴ブログをリンクさせて頂きましたので、ご挨拶がてら貴ブログを読ませていただきました。
”子供と一緒に成功も失敗も共に分かち合う”という心構えには賛同です。
親が全て正しい訳ではないですから、子供から学ぶ事もある訳で、そうやって親子で一緒に成長していけば、信頼関係も築けるものなので、そういった気持ちを多くの大人達(親達)に広く伝えられるようなブログをこれからも書いていってください!
では、またちょくちょく訪問させて頂きます。
  1. 2006/04/01(土) 13:12:14 |
  2. URL |
  3. 緒女ちゃん #- |
  4. 編集

みうさんへ

コメント、ありがとうございます。

こどもだけ成長してて、自分だけ取り残されていくような感覚、子育て中の誰にでもあると思います。みうさんだけじゃないよ。安心してください。

子育てって、(特に乳児、幼児期は)たいへんなことの連続だけど、子育てを通して味わえる喜び、楽しみも、それ以上にあると思います。特に、これからは。些細なことを喜びに感じるすべが身につくと、しあわせって大きく膨らみます。

たいへんな時って、それどころじゃないかもしれないけど、「絶対、大丈夫!これからは上昇あるのみ!」って、こころに言い聞かせてみてほしい。

それから、みうさんと同じような状況にある人、立場にある人を理解するには、やっぱりみうさんの経験が役立つと思うの。みうさんだから、その人のこともわかるってこと、あると思うんだよね。だから、この経験もまんざら無駄ではないって思えるときが、いつかきっとくると思うよ。

みうさんのつらさは私には分からないのに、なんだか、生意気なことばかり言っちゃってごめんなさい。

でも、応援しています。こちらもリンクさせていただきたいと思います。よろしく御願いします。

みうさんのブログのほうにも、これからは時々おじゃましたいと思います。このブログを通して、みうさんに出会えたことを感謝しています。書き込みしてくださって、ありがとうv-238

  1. 2006/04/01(土) 09:22:22 |
  2. URL |
  3. ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ゆきさんへ

先生の移動は、我が家のせいじゃないかって、ぜ~んぜん考えることないと思います。

文部省の「不登校はだれにでもなりえる」という概念からしても、先生の評価をさげてしまうというのはないと思います。ただし、先生自身に大きな問題があって、それが不登校の原因となっている場合は別ですけど・・・

確かに担任の先生は、的の外れた行動もあったようですが、先生も人間。いろんな経験が先生としての糧になったり、人間味豊かに先生自身も成長できる基になるのだと思います。

こういう子の事を、もっと理解したいと望んで担任になる先生もいます。
  1. 2006/04/01(土) 07:50:39 |
  2. URL |
  3. ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

無駄な時

はないのでしょうか??
私は病気持ち(精神障害)で1歳9ヶ月の坊主がいます
高齢出産です...
なんだか 坊主だけ急速に前進してて
私は止まってるか 後退してる。。。と 思える毎日です

まだ不登校とか...にはなる時期ではないのであれなんですが
また来てよいですか?
なんか、温かさを感じる場所なので...

もしなら リンク貼らせてもらってもよいでしょうか...
(自分のトコ 危ないトコなので相互でなくていいです...)
  1. 2006/04/01(土) 02:10:41 |
  2. URL |
  3. みう #rkd4Vjqo |
  4. 編集

どれどれ(笑)

似顔絵見に来ましたよ~(笑)
ふみごんさんはこんな雰囲気なんですね?(*'ー'*)ふふっ♪
やさしそうなママだな♪

私のは自分でいくらやっても似てるように見えないです 汗。
自分の顔って意外と自分でよくわからないものですね(笑)


さて、息子に関することですが
不登校してる長男の担任だった先生が
実は離任することになっていたようです。
夜 連絡網で電話が回ってきて、その旨知りました。
パワフルな女性の先生なのでまだ教師は続けると思いますから
おそらく 別の中学に赴任することになるんだろうと思いますが
最後に 教室に置いたままだった息子の荷物を届けてくれた時に
それを知っていたら、お世話になったご挨拶くらいは
改めてその場で出来たのに・・とちょっと心残りです。

職場の異動は先生の意思みたいですが
自分の持ったクラスで不登校児などが出る問題があると
やはり教師としての評価などが問われてしまうらしい話も
聞いたことがあるので、
うちの息子の問題も含めまれての離任なのかな?と
ちょっと心配にもなりました。

なにせ、長男が小学2年生の時に不登校していた時も
当時の担任の先生が翌年度には離任してしまったものですから。。
10年以上同じ小学校に在籍していた先生だったんですよ。

まぁ、その小学2年の時の担任の先生は噂だと
高学年を受け持った時に クラス内の問題事を解決できず
何もしていない子を犯人扱いしたとか、いろいろあったようで、
高学年を受け持つことは自信がないから低学年を受け持ちたい、
なんて訴えていたらしい先生だったんですけどね。

うちの子の不登校に関しても、いじめが存在していなかったのに
いじめだと思い込んで クラスの児童全員に
「いじめないから学校来てね」なんて手紙を書かせて
代表の子供に持たせたりしたんです。
他にも何か起こった時の対応の仕方がどうも、
それって変じゃないの?って思うような行動を取る先生だったので
うちの子の不登校の問題が離任の理由じゃないとは
思うのですが・・。

自分の子供の不登校のことで先生の評価が悪くなって
しまうのかな、なんて心配までしてますが
でも、それはとりあえず考えないほうがいいですよね。

  1. 2006/04/01(土) 00:45:38 |
  2. URL |
  3. ゆき #CjlWd7YA |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/24-c614e73c

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。