不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

息つぎ

ただひたすら頑張り続けているあなたへ


頑張りすぎていると、苦しくてたまらなくなるときが来るよ。

そうなる前に、息つぎをしてください。

苦しくなってから、元の呼吸に戻すには時間がかかります。

苦しくなる前に、息つぎをすることが大切だよ。



何でもかんでも頑張れ、頑張れと親にはっぱをかけられて、苦しんでいる子供たちがいるようです。
自分はそうならないように、気をつけたい。
時には、の~んびり流れる雲や青空でも眺める時間が必要だよね。親も子供も。


新学期のスタートって、親は今こそとか、ここからって思いがち。子供自身も新学期こそは、とか、親の期待に応えようと思って、余計に心労が強くなるんだよね。今こそ、息つぎが必要かもね!?
スポンサーサイト


  1. 2007/01/10(水) 17:58:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:17

睦月 | ホーム | 自分らしく生きるための道具箱

コメント

亜紀子さんへ

そうだよね。頑張りすぎて、疲れている子には休憩をとらせてあげようね。

自分のことって見えないものだけど、亜紀子さんは十分頑張っているよ。
たまには、ゆっくり休んでね!
亜紀子さんにエネルギーがいっぱいたまりますようにe-459
  1. 2007/01/11(木) 23:26:49 |
  2. URL |
  3. 亜紀子さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

リラックマやんさんへ

コメントありがとうございます^^

これ以上頑張れないくらい、頑張っている人にはもう「頑張って!」の励ましは必要ないですよね。

「よく頑張ってるね^^」って認めてあげる方がほっとするかもね^^

「もう、頑張らなくていいんだよ。」という言葉で救われた人もいました。

相手が誰か、どんな状態かによって、かける言葉って変わってくると思います。
他にも、素敵な言葉を見つけたら、私に教えてくださいね。
  1. 2007/01/11(木) 23:20:46 |
  2. URL |
  3. リラックマやんさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

頑張って、頑張って、登校できなくなってしまった子供たちに、もう、頑張れっては言えません。
そんなわたしもじぶんには、頑張れっていってるんですけどね。^^;
しかし、本当に頑張っている子には、もう、必要ない言葉ですね。
うん、そう思います。
これだけ頑張ってきたんだもの、頑張ってとは言えないですね。
  1. 2007/01/11(木) 22:47:56 |
  2. URL |
  3. 亜紀子 #AGI7I832 |
  4. 編集

頑張ってる人に”頑張れ”って言葉は・・・つらいでしょうね。
どうやって励ましたらいいかむずかしいです
  1. 2007/01/11(木) 21:56:08 |
  2. URL |
  3. リラックマやん #- |
  4. 編集

hana*さんへ

コメントありがとうございます^^

hana*さんも不登校の経験があるのですね。
訳もわからず、辛くなったのですね。おそらく、目に見えないストレスがあったのでしょうね。
でも、それは過去の事で、そんなこともあったなって思える時期が来るという話は、おそらくここに来てくださる皆さんの励みになると思います。

辛くなると回りが見えなくなるってことがあると思います。そんな時に、視野を広げてくださったお母さん、素敵ですね!
とても、参考になります。
ありがとうございました^^
  1. 2007/01/11(木) 21:49:19 |
  2. URL |
  3. hana*さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

クロちゃんへ

私が「行けるかどうか・・・」で動揺しているのです。
この気持ち、よくわかります。もっと、大きな心になれたらいいのだけれど、親もこの時期は苦しいですよね。(子供はもっと苦しいでしょうが・・・)

自分で「疲れた。休む。」って言えたことって、すごいと思います。私もお父さんと同感です。自分で決められたことがすごいと思います。

クロちゃん、今とっても苦しいのかな~?心配でたまらないのかな~?
私は鈍感で、行間を読めない人間でごめんなさい。

子供が自分で、自分の心や体の状況を理解して、時に休みながら、一歩づつ進んでいくことができるようになれれば、大丈夫だと思うよ、私は。

焦らず、ゆっくりいきましょう^^
  1. 2007/01/11(木) 21:37:46 |
  2. URL |
  3. クロちゃんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

初めまして。

訪問者履歴から伺いました、hana*と申します。
私自身も不登校になったことがあったので、気になって伺いました。
私は根本的に楽観主義のようで、今はそんなこともあったな・・・・という感じになりましたが、当時は訳も分からず、辛くなったことを覚えています。
私が救われたのは、母の存在でした。
学校が全世界と思いがちだった子供に、そうではないと教えてくれました。
今でもそのときの事を感謝しています。
  1. 2007/01/11(木) 21:35:24 |
  2. URL |
  3. hana* #- |
  4. 編集

yuuyuuさんへ

そうですね。

ひとりを孤立させるような言葉をかけたり、状況を作ったりしないよう、みんなで頑張ろうv-434っていう意味の言葉がけができるといいですよね。

「頑張って!」が励みになって、頑張れたっていうこともありますので、まったく「頑張れ!」を使わないのでなく、その人、状況によって、気をつけて使っていきたい言葉だと思います。
  1. 2007/01/11(木) 21:22:00 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

yukiさんへ

「頑張れ」が時に刃になることも、こころが疲れている時は、エネルギーを蓄える充電期間が必要だということも、私は子供を通して、学習?してきました。

子供でも、大人でも、心が疲れている時は同じですよね。

その点、yukiさんは初めから子供のことを理解してあげられるお母さんになれるのでしょうね。(そうですよね?既に子持ちではないですよね???)

yukiさんには、いろいろ教わることがありそうです。
これからも、よろしくお願い致します^^


  1. 2007/01/11(木) 20:57:14 |
  2. URL |
  3. yukiさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

十萌さんへ

コメントありがとうございます。

私も十萌さんと同じです。
時に「頑張れ」は、すでに精一杯の人を、とことんまで追い詰めてしまう言葉だと・・・。

気をつけたいと思います。
ありがとうございます^^
  1. 2007/01/11(木) 20:28:35 |
  2. URL |
  3. 十萌さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

自分の人生を生きるために

3学期が始まりました。
2学期の後半は、全く学校に行かなかった息子。

v-205「3学期に向けて準備をする・・・」


v-208v-2093学期は、行く気はあるようだなあ・・・

v-209私は、副作用のない抗不安言葉をひたすら口にしていました。v-22「ありがとう!ありがとう!ありがとうございます!」ほとんど、エンドレス

そうです。私が「行けるかどうか・・・」で動揺しているのです。


初日、二日目と、登校して、友達を連れてきて遊び、二日目は、カルタの練習も行きました。v-56


そして、v-205今日は「疲れた・・・休む。お母さん、どっか出かけて来て。お母さんにいろいろ言われるのがイヤだ・・本当に休みたいんだ」


v-209「分かった。じゃあ、近所の知り合いのうちにお茶のみに行ってくる。それから、美容室にもね」


そして、帰ってきて、私も眠いので、コタツでうたた寝・・・至福の時を過ごしましたとさ。めでたし・・めでたし・・v-8

学校に行っても、行かなくても、大切なのは、息子が自分で考え、決めていくこと・・・と主人は言っています。v-208

私は、気持ちがざわついてきたら、また「ありがとう!ありがとう!ありがとう!」と言い続けて行こうと思います。v-16









私は、





  1. 2007/01/11(木) 15:25:53 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

がんばれ! は 応援メッセージでなんだけど、
視点を変えてみると、命令口調にもとれますね。

野球でなにがなんでも塁に出ろ!!と同じプレッシャーになることもあるね。

やっぱり、キャッチャーが呼びかける
「しまっていこうぜ!!」がいいね^^

孤立させるんじゃなく、みんなで頑張っていこうって言った方がいいね^^
  1. 2007/01/11(木) 09:02:05 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

「頑張れ」という励ましは、本人にとって励みになることもあれば、プレッシャーでしかないこともあります。
大人のわたし(病人ですが・・)がそうですから、繊細なこころをお持ちの子供たちにとっては、刃のように突き刺さることもあるかも知れません。

こころが疲れている時は尚更で、エネルギーを蓄える充電期間が必要です。
多分、子供たちも同じだと思います。

「頑張れ」を上手く使える大人になりたいです。
上手く充電させてあげられる親になりたいです。
  1. 2007/01/11(木) 01:50:53 |
  2. URL |
  3. yuki #- |
  4. 編集

こんばんは。

「頑張れ」という言葉が
その役割り通りに励みになることも
たくさんあるけれど
その反面で
「頑張れ」は
どこか圧迫感があり
もう精一杯の心を
さらに追い詰めると気づいてから
簡単には口に出せなくなりました。
  1. 2007/01/10(水) 22:05:50 |
  2. URL |
  3. 十萌 #- |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/01/10(水) 20:57:15 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

かりままさんへ

後ろの3行を付け足していたら、かりままさんからのコメントが入っていてびっくりv-405しました。

「よく頑張っているねv-290」は、きっと子供はほっとするでしょうね!
私もそういうほっとする言葉をタイミングよくかけられる人になりたいです。

  1. 2007/01/10(水) 18:53:15 |
  2. URL |
  3. かりままさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

いつもありがとう

次女もようやく気を取り直し、寄宿先にもどりましたが
「学校は嫌」なようです。
ゆっくり、彼女の道を考えていきたいと思います
がんばる事は大切かも知れないけれど
がんばり過ぎや
がんばらされている・・は後で歪みが来ますよね
子供たちにはどうしても「がんばれ」と言ってしまいがちですが・・・・
本当は「よくがんばってるね」と言って、一緒にひと休み、出来るようにならないといけませんよね。
  1. 2007/01/10(水) 18:41:29 |
  2. URL |
  3. かりママ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/261-6001af99

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。