不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界が平和でありますように

hunterさんのブログは、写真1枚をとっても私の心に響いてきます。
hunterさんのブログから、皆さんにもぜひ、読んでいただきたい記事を転載させていただきます。

ここから直接その記事にも飛べます。

~ウガンダの子ども兵からのメッセージより~

ぼくは2人の人間を殺した。

AK47と呼ばれる小型武器で。

小型武器とは、

ぼくたち子どもでも扱える小さくて軽い武器のことだ。

でも、この武器は僕らの国では作っていない。

ぼくが使っていた武器は外国から入ってきたものだった。

ぼくらのことを

チャイルドソルジャー(子ども兵)と人は呼ぶ。

小型武器を持って戦う兵士だからだ。

でも、2年前までぼくはふつうの子どもだった。

家族がいて友達がいて幸せに暮らしていた。

ある日、大人の兵士が村にやってきてぼくを連れ去った。

ぼくはその日から兵士になった。

ぼくは人の殺し方を教え込まれ戦場で戦った。

逃げようとした友達は大人の兵士に耳を切り落とされた。

ぼくの目の前で友達が殺されていった。

女の子は大人の兵士に乱暴された。

怖かった。

家に帰りたかった。

お母さんに会いたかった。



運よく、ぼくは大人の兵士がいないときに

軍隊から逃げ出すことができた。

村に帰ってきたが、友達は誰もいなかった。

ぼくはみんなに「 人殺し 」といわれ

学校ではいじめられた。

家族や親戚からも怖がられ

前みたいな幸せは戻ってこなかった。

悲しかった。

寂しかった。

あるのは絶望だけだった・・・。

ぼくは何度も死のうと思った。

そして、何度も何度も自分自身に問いかけてみた。

ぼくは何のために生まれてきたのか?

ぼくはなぜ生きているのか?

ぼくは生きる価値がはあるのか?

ぼくにできることはあるのか?



「もし、ぼくに何かできることがあるなら、ぼくには生きる意味がある 」

ぼくはそう思った。

ぼくに何ができるか?



「ぼくとおなじ悲しみを、子どもたちに体験させたくない」

ぼくはそう思った。

ぼくには紛争の「悲しみ」を伝えることができる。

ぼくには平和の「喜び」を伝えることができる。

ぼくには、ぼくにしかできないことがある。



今、ぼくは先生になってそのことを伝えていこうと思っている。

ぼくの夢は学校の先生になること。

むずかしいかもしれないけど

あきらめずに夢を追っていきたい。



       ぼくは13歳 職業、兵士。の本の

        ウガンダの子ども兵からのメッセージより



何か感じられた方、何か行動に移す人は100人に1人といわれます。



転載でも何でも結構です。その1人になってくれますか?



クリックで救える命がある。     http://www.dff.jp/

セーブ・ザ・チルドレン 



世界中の人が笑顔で暮らせますように

スポンサーサイト


  1. 2007/02/14(水) 23:28:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:18

世界を見渡してみよう | ホーム | 宇佐美 百合子さんの言葉より

コメント

のんきははさんへ

ありがとうございます。

思いが人から人へ伝わり、戦争、貧困などを考える機会となってくれたらいいなと思います。
  1. 2007/02/17(土) 14:46:28 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

預からせていただきます。

一人の力では難しいことも 集まれば大きな力、世界を変えるうねりになるかも知れません。
つなげる心 大切にしたいと思います。

  1. 2007/02/16(金) 07:43:48 |
  2. URL |
  3. のんきはは #- |
  4. 編集

hiroさんへ

転載、ありがとう^^

大勢の人に、いろんなことを考える機会となれば、うれしいよね。

本当にありがとう。よろしくお願いします。
  1. 2007/02/15(木) 22:02:32 |
  2. URL |
  3. hiroさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

響さんへ

本当にそう思います。

世界中の子ども達が幸せになってほしいです。

転載、ありがとうございました^^
響さんのブログでも、この話を元に話題が広がっていますね。
大勢の人にいろんなことを考える機会となってくれたら嬉しいですね。
  1. 2007/02/15(木) 21:55:08 |
  2. URL |
  3. 響さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ママレモンさんへ

いつもコメントありがとうございます。

「100人の村」
私、このブログで以前に動画バージョンを記事にしました。
http://fumigon.blog56.fc2.com/blog-entry-190.html

つい身の回りのことに追われてしまう毎日だけれど、世界をみること、大切ですね。

タジキスタンで殉職した秋野豊さんがおっしゃっていた

「家族が幸せならそれでいいのか!
日本が幸せならそれでいいのか!」

この言葉を思い出しました。
世界を知ることは、大切ですね。

ショッキングかもしれませんが、この記事にした映像もぜひ見てみてください。
http://fumigon.blog56.fc2.com/blog-entry-238.html
  1. 2007/02/15(木) 18:29:34 |
  2. URL |
  3. ママレモンさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

タコたんさんへ

コメント、ありがとうございます。

タコたんさんは、恥ずかしがりやさんでしょうか?
タコ壺に入らなくてもいいよ、ゆっくりしていってね^^

少年の生き様には頭が下がりますね。

よろしかったら、また遊びに来てね^^ よろしくね!
  1. 2007/02/15(木) 18:22:40 |
  2. URL |
  3. タコたんさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

yuuyuuさんへ

知っていたんですね。

あまりに悲しいことが起こったけれど、前向きに生きる姿には教えられることがいっぱいありますね。

きっと人の痛みがわかるやさしい先生になったのでしょね。
  1. 2007/02/15(木) 18:19:35 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

クロちゃんへ

そうですね。

年齢よりも経験が人を成長させるのかもしれませんね。

それにしても、あまりに過酷な人生の中で、自分の生きる道を見出したことに本当に頭が下がります。
きっと、人の痛みの分かる、皆に好かれる先生になられたのでしょうね。
  1. 2007/02/15(木) 18:11:04 |
  2. URL |
  3. クロちゃんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

イマジンさんへ

心が通じたのでしょうか!? 嬉しいです。

記事を楽しみにしていますね。
また、お伺いします^^
  1. 2007/02/15(木) 18:08:15 |
  2. URL |
  3. イマジンさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

亜紀子さんへ

純粋な心、私はいつも亜紀子さんは純粋だな~って思ってるよ^^

バナー、後ほどアップさせていただきます。
遅くなってごめんね。

それから、トラックバックありがとうございます。
ひとりひとりの力を合わせ、平和な世界がくるように変えていけたらいいですね。
  1. 2007/02/15(木) 18:07:01 |
  2. URL |
  3. 亜紀子さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

転載させてもらうけん♪

ありがとう。ふみごんさん


ありがとう。
  1. 2007/02/15(木) 17:31:02 |
  2. URL |
  3. hiro #- |
  4. 編集

転載しました。

ハイハイ・・・最近ブログで親世代つながりも出来てきたので、転載させていただきます。

どの国のどの子供も幸せになってほしい!

本当にそう思います。
  1. 2007/02/15(木) 16:09:52 |
  2. URL |
  3. 響 #WpbHSf/E |
  4. 編集

読んでいて本当に心がせつなくなります。
「世界がもし100人の村だったら」という詩も
よく学校で使うのですが
世界で苦しんでいる子どもたちがたくさんいるということを
私たちは知っておかなくてはならないと思います。
そして、私たちの「あたりまえ」がどれだけ幸せなことなのかと
いうことも・・・。

いつも心に染みる記事をありがとうございます。
ぜひ私のブログでも紹介させてください。
  1. 2007/02/15(木) 11:24:20 |
  2. URL |
  3. ママレモン #- |
  4. 編集

はじめまして^^

蛸壺|・◎・`)コッショリ

以前から時々覗かせていただいてました

暗く悲しい現実でもその中からでも
光を掴もうと懸命に手を伸ばす子供の姿・・・

素晴らしいですね

ありがとうございました^^

蛸壺|彡サッ!
  1. 2007/02/15(木) 11:18:12 |
  2. URL |
  3. タコたん #- |
  4. 編集

これどこかで見た(聞いた?)気がしました。

子ども兵士 悲しいですね
でも、悲しい体験をしてきたから
優しくなれるってことはある。
人に優しくありたいです。
  1. 2007/02/15(木) 10:51:15 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

禍福はあざなえる縄のごとし

またまた、うなりました。v-12

13歳にして、このような深いところに入っているなんて。v-40

自分が受けた辛さ・・を、昇華している。v-42
すごいです。だつぼうです。v-37

ありがとうございますv-22
  1. 2007/02/15(木) 09:44:28 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

丁度、「We are the world」の記事を書いていた
とこでした・・・シンクロしちゃいました!
アフリカの子供達の現実を、もっと
たくさんの人にみてもらいたい・・・
特に豊かさの中で心が腐りかけている
わが国、日本人に・・・
(近じか記事に載せますの)
  1. 2007/02/15(木) 08:52:47 |
  2. URL |
  3. イマジン #- |
  4. 編集

トラックバックさせてください。

読んでいて涙が出てきました。
純粋な心が残っていることに感謝しました。

それからバナーを作ったのでよかったら使ってください。

戦争のない世界がくることを願ってやみません。
  1. 2007/02/15(木) 01:40:26 |
  2. URL |
  3. 亜紀子 #AGI7I832 |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/305-c29a77f5

世界が平和でありますように

hunterさんのブログは、写真1枚をとっても私の心に響いてきます。hunterさんのブログから、皆さんにもぜひ、読んでいただきたい記事を転載させていただきます。ここから直接その記事にも飛べます。 ~ウガン
  1. 2007/02/15(木) 01:41:12 |
  2. 心の叫び

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。