不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

野口英世さんの母

これは野口英世さんのお母さまの言葉だそうです。

どんなことがあっても、おまえだけは一生安楽に養いとおすぞ、
たとえこの母が食べるものを食べずとも


時代背景が今と違いますが、何があっても、子供だけは幸せになって欲しいという気持ちは今も変わらない母心だと思います。


ここからは、自分の過去を振り返ってみます。

私の祖母は、幼い頃、自分の家で十分な生活をさせてあげられないため、私の生まれた家に養子として迎えられました。(その当時、そのことを「口減らし」といっていたそうです。)
迎えられた家(私の実家)には、おばあさんがいて、厳しくしつけられ、育てられました。
まだ、尋常高等小学校の頃、田んぼ1枚全部耕したら、実家に電車で行っても良いと言われ、小さい体ながら、必死に田おこしをして、無事電車で実家に帰ったこともあったようです。

そんな祖母は自分の育った頃、おそらく十分な食事を摂れなかったのだと思います。

同居の祖母は、私たち兄弟が育つ時、
「おなかいっぱいになったかい?」
というのが、口癖でした。

祖母は、中学から帰ってくる頃を見計らって、いつもうどんを作って待っていてくれました。祖母の作るうどんはおいしくて、おいしくて、毎日食べても食べ飽きないのです。

満足に食べさせてあげようという気持ちがいつもいつも感じられて、そこから「おばあちゃんの愛情」を感じていました。



話は変わりますが、私の自慢話。

ぜひ、クリックして見てみて下さい。
296_9684.jpg
今年は金のなる木に、木ごと、まるまる花がつきました。
296_9683.jpg

私自慢の木です
この木、根元からの高さが80センチもあるんですよ^^
スポンサーサイト


  1. 2007/02/23(金) 07:09:14|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

クロちゃんのコメントより | ホーム | 周りに流されず、自分の速さで・・・

コメント

イマジンさんへ

本当の愛情
この世に生きるすべての人に、与えたいですよね。

私の子供にも愛が伝わっていればいいな~と思います。

育った環境だとか、今の現状などから忘れてしまっている人がいるのかもしれませんね。
そういう人にこそ、本当の愛情を知ってほしいと思います。

愛に満ちた生活を誰もが送ってほしいと思います。

  1. 2007/02/23(金) 23:19:46 |
  2. URL |
  3. イマジンさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

クロちゃんへ

子育ての参考になる話をありがとうございます^^

長くて書き込むだけでも大変だったでしょうね。
しかも、本の抜粋までしていただいて・・・。【感謝】

とっても素敵な話だったので、ぜひ皆さんにも読んでいただきたいと思って、記事にさせていただきました。
勝手にごめんなさい。
  1. 2007/02/23(金) 23:09:13 |
  2. URL |
  3. クロちゃんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

響さんへ

この木、寒さに弱いから、もしかしたら北海道にはないかもしれません。こちらでは、割とポピュラーな木ですが・・・。多肉植物で育てるのは、割と簡単です。
でも、霜が降りるほどの寒さには耐えられないので、冬は家の中に入れます。

花はゴージャスに見えますか?でも、ピンクでかわいらしいというイメージの方が当たっています。花が白のものもあります。

祖母は私の尊敬する人でもあります。
一本、筋が通っている人で、それでいて祖父のことをとても愛していたかわいい人でした。

そんな境遇で育ちながらも、苦労した話はあまり聞いたことがないので、記事にした話は貴重な話です。

ちなみに、私の祖母は、明治生まれでなく、大正8年生まれでした。
  1. 2007/02/23(金) 23:03:13 |
  2. URL |
  3. 響さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ママレモンさんへ

ホント、心が満たされるような食事ができればいいですねv-22

家族でひとつの食卓を囲み、笑顔で食事が取れたらいいですよねe-266
  1. 2007/02/23(金) 22:47:47 |
  2. URL |
  3. ママレモンさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

yuuyuuさんへ

この木、確かもう10年以上育てていますが、咲き出したのは2年前からです。

花が咲いている金のなる木の枝をいただき、挿し木にして育てたら、まもなく、以前から育てていたこの木にも花が咲くようになったのです。因果関係があるかはわかりませんが。

木が大きいだけに咲いた姿は見事です。

我が家の財布状況を見る限りでは、花のつき具合と財政状況が比例するとは思えませんv-393
  1. 2007/02/23(金) 22:41:50 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

時代が変わろうとも
おやのおもいは変わらずに
いたいものですね・・・
最近の事件や出来事を
見るにつけ、家族の絆や
人との交わりが、本当に
少なくなったと、思います・・・
本当の愛情を、与えてあげたい。
そう願わずはいられません・・・v-352
  1. 2007/02/23(金) 16:51:39 |
  2. URL |
  3. イマジン #- |
  4. 編集

英世の母、シカ

最近読んだ本(「天才たちの共通項」小林正観、中村多恵子共著)v-87の中に、野口英世の母、シカと、母から受けたであろう、その影響・・・が書いてあったので、紹介しますv-219

ちなみに、この本に紹介されている天才達は、

v-21エジソン「子供が持っている力」を信じた母親
v-265チャップリン「明るくやさしく、子供を楽しませていた母親
v-91手塚治虫「子供の気持ちを大切にした母親」
[v-61福沢諭吉「周囲の価値観にとらわれなかった母親」
v-74野口英世「子供の生きる道を全力で応援した母親」
v-264美空ひばり「子供の味方となって、そばで支え続けた母親」
v-233ライト兄弟「子供が興味を持ったことを十分やらせた母親」
v-259アンデルセン「子供を賞賛し、好きなことをさせた母親」
v-102吉田松陰「自分の姿で、子供を教育した母親」
v-266モーツアルト「楽天的でおおらかな母親」

ちなみに、これら天才と言われる人たちの親がやっていたことは・・


v-22子供をまるごと受け入れて決して否定しない(無条件の承認、愛情を注ぐ)

v-22子供が夢中になっていることを十分にやらせる

v-22あなたには、素晴らしい力があるということを子供に伝え続ける。

これが、天才たちの親に見られた共通項だそうです。別に、天才を育てたいわけではないけれど、上にあげた天才たちは、活き活きと自分を生きたのではないかと思うのです。v-253

私は、わが子に、活き活きと楽しい人生を送ってほしいと思っています。楽しい・・・のウラには、苦しさもあるでしょう。でも、これら、天才たちは、苦しさを乗り越える力を持っていました。v-91

野口英世なんて、この本をよんでみるとすごいですよ。本当に・・。でも、それ以上に、母シカは、もっとすごい。

すべては、書ききれませんが、自分のせいで、英世に障害を負わせてしまった・・・という罪悪感もあり、「学問でしかこの子は幸せになれない」と学問をさせました。ただ、誤解していけないのは、当時は、学問より労働力がほしい時代。本来なら、労働力で身を立てていく時代です。でも、英世は、鍬が握れない・・という理由です。それで、学問を選んだのです。今とは、明らかに違います。v-222

シカは、とにかく働いた。朝、昼、晩、そして、朝方まで。私が仰天したのは、朝は川に入って、虫を捕っていたそうです。これが、売れたのだそうです。村の人から、朝方、川に幽霊が出る・・・と噂になったそうです。それが、英世の母、シカ。すごいでしょう。v-33

さらに、私の胸に刻まれたのは・・・・
こんだけ働いても、シカは短命ではなかった。どうしてかというと、楽しく、生きがいをもって働いていた。それは、英世のため、ほかの子供のため・・・・泣かせるのが、飲んだくれで仕事をしない夫のため・・・。v-16

悲壮感に満ちても、しょうがないのに・・・・きっと明るく働いていたのでしょう。だから、体にも影響がなかったようです。

本当に、すごいv-16v-16
私は、この母、尊敬します。v-81

あと、チャップリンの母も、ものすごい。私の物差しでですが。ものすごくて、書ききれません。この母も、尊敬します。v-16v-16v-16

書きたくなったので・・・この本の抜粋です

何かができたときや、いい子にしている時だけ認められるという「条件付きの承認や愛情」ではなく、どんな自分も大切、大好きと言ってもらえる「無条件の承認や愛情」を注がれたことで、子供たちの中には、「自分を大切にする心」や「自信」が育っていきました。

「自分が決して否定されない場所、どんな自分でも受け入れてもらえる場所」を持った子供たちは、自分を責めたり背伸びをしたりすることに、エネルギーを使わずに済みました。

親の前で、ありのままの自分をさらけ出しています。

持っているエネルギーをどこに使うかは、大切なポイントです。それを、自分を否定することに使わずにすむということは、大変ありがたいことです。

では、天才たちはどこに、エネルギーを注いだか・・・彼らは、自分が好きなこと、楽しいと感じることにエネルギーを注ぎました。

天才の親たちは、子供たちが夢中になっていることを、十分やらせました。大人の価値観で判断してやめさせたり、ほかのことを押し付けたりしていません。

・・・もうひとつ付け加えると・・・天才の親たちは、子供が素晴らしい・・という力を持っているということを信じていました。もともと、素晴らしいものを持っているというのが大前提です。

子どもたちは、計り知れない力を持って生まれてきているようです。それを、周りの大人が心から信じて伝え続けると、子供たちの才能の扉が開くようです。

上に、あげた天才たちの親に見られた共通項。嬉しいことに心がけさえすれば、おそらく誰にでもできることばかりです。

こんな簡単なことで、子供が才能を発揮して、楽しく生きていける可能性があるのだったら、試してみない手はありません。


私は、自分の既成の、大人の価値観と折り合いながら、試そうと・・・、試したいと努力していますが・・・なかなかv-16v-16v-16

でも、子供が、楽しく、活き活きして・・・自分を大切にできるなら、その努力は、やってみる価値があると思います。

あとは、自分のこだわり・・との折り合いです。v-209


長くなりました。ありがとうございます。
読んでくれたら、無限大のありがとうございますv-22









  1. 2007/02/23(金) 16:35:50 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

”金のなる木”という名前なのですか?

ピンクで可愛らしい、ゴージャスな花ですね。
本物を眺められるなんてとてもうらやましいです。
自分が乙女だって事思い出しますね(←?)

やはり、『お腹いっぱい』が気になる年代なのですね。
自分の実家を助けるためとはいえ、子供には重い使命だったでしょうね。
その我慢は、子供ながら『愛に目覚めていた』感じすらします。
明治生まれの人たち、特に女性は、本当に苦労された人生を送ったようです。身近なご先祖様に、目立たない偉人が沢山いますよね。

長生きして、いろんな人の記憶に残る人って、やはり人生に功績がある気がします。
愛のある人生を送ったおばあちゃんだったのですね。
  1. 2007/02/23(金) 15:18:37 |
  2. URL |
  3. 響 #WpbHSf/E |
  4. 編集

おばあちゃんの話、素敵ですね。
昔は「食べる」ということですら
必死だった時代なので
よけいに深い愛情が伝わりますね。
「おなかいっぱい」=「愛情いっぱい」ですね。
心が満たされる食事を私もつくっていきたいです。
  1. 2007/02/23(金) 13:56:55 |
  2. URL |
  3. ママレモン #- |
  4. 編集

お おお!!
金のなる木に花が咲くことを初めて知りました@@
見事な花満開ですね^^
会社にもありますが、1度も咲いたことないです。
だから、金がないのかもしれません_/ ̄|○
  1. 2007/02/23(金) 08:56:34 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/313-aa3de605

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。