不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

不登校は自己防衛反応?

これは、以前記事にしたものですが、伝えたい方がいますので、もう一度アップします。


学校に行かない子でなく、行けない子にとっての不登校って、心が壊れないための自己防衛反応のような気がします。

その子にとって、もうそれ以上、がんばることは無理だっていう時に、現れるのではないでしょうか?だから、ストレスでいっぱいいっぱいの子に、周りがますますストレスを与えたら、ますますその子は追い詰められるでしょう。行けないことに子供自身も悩み、負い目を感じているのだから。親以上に・・・

親の方も、充電できるまで、歩き出せるときが来るまで、ゆっくり待とうくらいの気持ちになれればいいなと思います。いつでも、応援しているよっていう気持ちが持てて、それを子供に伝えられると、子供も安心できると思います。

そういう私も初めは、子供を責め、自分を責め、焦り、将来に不安を持ち、つらいつらい時期があったのですが・・・

今思えば、親が変わることで、子供が変わったような気がします。

人生って、これから歩く先に道を作るのでなく、今、どうしたら子供の元気が取り戻せるかを考え、一歩づつ歩んでいった跡に道はできていくのだと思います。先のことを不安に思ったり、変えられない前のことを考えるより、今どうしたらいいかを考えたらいいのだと思います。

わかったような、生意気なことを書いてしまって、ごめんなさい。ご意見もお待ちしています。



気分転換できるといいですね
子供が不登校になると、親もぐらぐらの不安定な心になります。みんな一緒です。
そんなときは、気分転換もいいと思います。

子供が親のつらい顔を見るのは、さらに自分を追い込んでしまうかもしれません。
と書いておいて、自分でもどうしようも無いときもありましたけどね
そういう時は、寝逃げです^^(私の場合)

追記 長野市では20日も早く桜が咲いたそうです。この時期、お花見もいいかもね
スポンサーサイト


  1. 2007/03/06(火) 10:26:03|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:29

高校生の生の声を聴いてください | ホーム | 法事に行ってきました

コメント

バカボンの名言

のんきははさん、コメントありがとうございましたv-46

頭では分かっていても・・・現実としての日常がありますよね。しんどさ・・・伝わりますv-12

私も、息子は今はうまく適応してきていますが、何かあると、「また、動けない息子になってしまうのではないか・・・」という不安はもたげますv-37

そのために、いろいろな知識が欲しいのです。ただの知識も、実生活と結びつけると知恵になり、自分を支える糧となるように感じます。落ち着くのです。私が・・・。v-16

息子さんは、自分の人生を生きているのだと思います。大丈夫ですよ!v-91

ここで、最近ブログで気に入った名言、紹介しますv-219



わしは バカボンのパパなのだ

この世は むずかしいのだ

わしの思うようにはならないのだ

でも わしは大丈夫なのだ

わしはいつでもわしなので 大丈夫なのだ

これでいいのだと言っているから 大丈夫なのだ

あなたも あなたで それでいいのだ

それでいいのだ

それでいいのだ

わしはリタイアしたのだ 

全ての心配から リタイアしたのだ

だからわしは 疲れないのだ

どうだ これでいいのだ

これでいいのだ 

やっぱり これでいいのだ



「天才バカボン」って漫画をご存知の世代ですよねv-113

バカボンのパパ・・・・って、実は奥深い人だったのですよね

なんか、また漫画を読んでみたくなりましたv-45

大丈夫・・・のんきははさん。

そして、この私、クロちゃんも大丈夫!

みなさんも大丈夫だよんv-91

ありがとうございましたv-22
  1. 2007/06/18(月) 04:11:24 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

クロさんへ

息子が帰ってこないと 気になって眠れなくて 結局徹夜状態で出社して、肩こりからくる頭痛や吐き気で寝込んでしまうこともしばしばな私。
息子には『母が勝手に反応していることだから気にするな』といいながら・・・はい、気にしないわけないですね。
追い詰めていたのかな。
もっと楽にいきましょう。
長い人生だもの。
  1. 2007/06/17(日) 19:16:02 |
  2. URL |
  3. のんきはは #- |
  4. 編集

クロちゃん情報局?

先日、「不登校親の会」関係の講演会がありましたv-264

講師は、適応指導教室でかつて指導されたK先生とそこの指導教室を卒業していった生徒さん4名。v-90

K先生は、教室に来る生徒達に絶大な人気が会った先生。v-208

卒業生は、平均年齢がおよそ20歳くらいv-106

K先生の言葉のなかで、私に響いたもの、腑ににおちたもの・・・v-11

子どもにかかわるときの三大原則
「子どもが、考え、決めて、行動する
これが、大切。これをしていくと、元気が出てくるv-42

確かに我が子もそうでしたし、今もそうですv-219

卒業生の皆さんは、大学に進学している方、働いている方、今、休職している方でした。

この方々に質問してみましたv-264




「親にどうして欲しかった?」





v-134そんなに気にして欲しくない。自分のことをやって欲しい

v-134いろいろ聞かないでほしい。うまく言えない。

v-134適応指導教室に行けたのは良かった。いろいろな情報は持っていて欲しい。でも、行きなさい!と無理じいはしないで欲しい。「どうかな?」と提案して欲しい

子どもたちは、親の言葉や、無言の雰囲気を敏感に察知しているのだと感じました。v-126

ありがとうございましたv-22



  1. 2007/06/16(土) 07:07:23 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

クロちゃんへ

貴重な体験ができてよかったですね。そして、ご報告ありがとうございます^^

学校に居場所が見つけられない子にとっては、家は唯一の居場所になるということですよね。どうしようもないほど追い詰められたとき、家を居場所に選んでくれたということは、小林先生が仰るように、喜んでいいことなのかもしれません。
家が安らげる場所であり、十分エネルギーを貯められたら、きっと前に歩き出せるときが来ると私は思います。
焦らず、ゆっくりね^^
  1. 2007/06/08(金) 11:21:32 |
  2. URL |
  3. クロちゃんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

三つ指ついて感謝

クロちゃん情報局NO?v-81

先日、小林正観さんにお会いしてきました。小林正観さんは「この世の悩みがゼロになる」「そわかの実践」等を書いた方です。v-87

講演会をお聞きし、2次会に参加しました。正観さんは、相手の顔を見るだけで、何を悩んでいるか分かる・・・と事前に聞いていたけど、本当にそうでした。v-12

こんな話をしてくださいました。

「子どもが不登校になったら、三つ指をついて感謝しなさい。だって家にいることを選んだということは、家がそれだけ心地よい・・ということです。」v-76

ここからは、私の感想ですが・・・v-16

学校に居られなくなり・・家に居られなくなったら、子どもは外に出て行くか・・・自ら命を絶つ・・ことを選ぶかもしれません。v-37
学校に行かなくてはいけないことは、子どもは分かっています。でも、行っていたら、自分が壊れてしまう・・・だから、行けないのです。v-40
かなり、エネルギーを自分を責めることに使っています。元気がなくなってきます。
元気がなければ、行動を起こせません。まずは、エネルギーをためなくては。v-41

そのエネルギーをためるためには、楽しいことをする。大人もそうです。自分の好きなことをする。安心してできる場所。それが家庭であった・・・・家庭を選んでくれた・・・ありがとう・・・っていうことだと思います。v-238

私は今、この話を納得できるけど、ここまでになるには時間が必要でした。v-16

読んで下さり、ありがとうございましたv-22
  1. 2007/06/02(土) 06:33:34 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

思春期にがんばっている子

明橋大二さん、(以前、ふみごんさんより紹介がありました)の「思春期にがんばっている子」という本・・・・v-87

私は、かなり・・・・参考になりましたので、少しずつ紹介していきますv-16

まず、表紙に書いてある言葉v-111

「お母さんも お父さんも おまえのことが大好きだよ

たとえ学校へ行けなくても

おまえは、とってもいい奴だよ。」
  1. 2007/05/05(土) 07:08:22 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

Mihoさんへ

過去の事をここで明かしてくださってありがとうございます。

その当時、うけいられなかったこと、辛かったでしょうね。

でも、今はそのときの自分も含めて受け入れられているMihoさんがとても輝いて素敵に見えます。

回り道をしたからこそ、見たこと、感じたこと、それを大切にしながらいきていきたいですよね。
  1. 2007/03/08(木) 12:20:51 |
  2. URL |
  3. Mihoさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

私も中学校の時に3ヶ月ほど不登校でした。
学校に行きたくないと告げたところ、
まずは親は驚き、行くだけでも行きなさい!
と学校まで来るまで送り出されました。
ふみごんさんの仰るように、
そのときにストレスを与えたら逆効果になります。
実際に行くだけ行くのも辛かった私は、
分かって欲しくて手首を切って表しました。
それから病院の先生から病気のことを話してもらい、
少しずつ理解してもらえるようになりました。
でもその時のことは今では成長のための経験となり、
不登校になるくらいの辛い気持ちのおかげで、
強くなれたり、優しくなれたり☆
偏見も持つべきではないと感じました^^
ココロは目に見えない傷があり、それは一般的な
常識や偏見では理解できません。
なので肉体において怪我や病気をしてるわけではないので、
自分で自分のココロを判断して訴えなければいけません。
それに対して理解のココロを持っていきたいですね^^
  1. 2007/03/08(木) 10:06:57 |
  2. URL |
  3. Miho #- |
  4. 編集

パンダままさんへ

私も子供の歩きを見守ることが大切だと思います。
タイミングを見て、少しだけ後押しするくらいはあってもいいですが、親のペースに合わせようとするのは違うと思うのです。

子供の心にしっかり寄り添えるおとなでありたいと思います。
  1. 2007/03/08(木) 08:11:15 |
  2. URL |
  3. パンダままさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

かりままさんへ

この子のペースを認め、見守る
ゆっくり、あせらず、未来に向かって、一緒に歩き続ける事です。

同感です。

素敵な場所の紹介、ありがとうございます!
自分が心から安らげる場所、自分の居場所が見つかるといいですね^^
  1. 2007/03/08(木) 08:06:55 |
  2. URL |
  3. かりままさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

亜紀子さんへ

つらいことが次々と起こり、信じることが難しくなるのもわかるような気がします。
心配が絶えませんね。

亜紀子さんも子供たちも、ご家族の心が少しづつでも軽くなっていきますように、祈っています。
  1. 2007/03/08(木) 07:29:12 |
  2. URL |
  3. 亜紀子さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

あおさんへ

えっ!!!
あおさん、3人子持ちなんですか~???
私はてっきり、20代後半くらいの方かと・・・

少し前、皆さんがあおさんが女性と知って驚いていましたが、今回私も超驚きです。

あおさん、まだまだ謎がありそう~!!!

  1. 2007/03/08(木) 07:25:08 |
  2. URL |
  3. あおさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

くりぶうさんへ

理解してくださる方が、周りに大勢いてよかったですね^^
この状況、恵まれていると思いますよ!

私も、お子さんが自分の足で歩みだすこと、一緒に見守りたいと思います^^

焦らず、ゆっくりね!
  1. 2007/03/08(木) 07:20:19 |
  2. URL |
  3. くりぶうさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

クロちゃんへ

いつも大切で適切な情報、ありがとうございます^^

本当に、私のいいたいこととも重複してますね。

本来の自分を自分が認め、それを回りも認めること、それができたら、歩き出せると思います。(周りが認めることのほうが最初かな!?)

次の情報もよろしくお願い致します^^
  1. 2007/03/08(木) 07:16:48 |
  2. URL |
  3. クロちゃんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

yuuyuuさんへ

そうですね。こどもたちも頑張って、その結果が体や心に現れている。

前から引っ張ることも、後ろから押すことも、かえって迷惑になる時があるのだと思います。

自分の足で一歩づつ歩んでいくこと、親はそれを見守る姿勢、大切ですね^^
  1. 2007/03/08(木) 07:12:01 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

響さんへ

歩かされるんじゃ疲れるし・・・
道端で腰を下ろして休憩をするのもいいかと思いますし、
タタタ・・・と調子よく歩くのも、ダラダラ歩くのも・・
両方にそういうときの良さもあるんでしょうね。

そうですね。自分のペースで歩けるといいですよね。

現代って、みんな頑張ってると思うんですよね。
だから、応援するときは ”リラックスして~♪”がいいのかもって思います。

私も同感です。大人も子供も頑張りすぎて、疲れてしまっていると思います。
心にゆとりをもてるくらいの世の中になったらいいな~と思います。
私なんて、どうしたら、少しでも楽になれるか、息抜きできるかばかり考えています。
  1. 2007/03/08(木) 07:08:01 |
  2. URL |
  3. 響さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

イマジンさんへ

秘境の滝いいですね~!私も行ってみたいな
少しエネルギーが溜まってきたら、こんな体験をさせてあげたいですね。

うちの子も、よく川に泳ぎに連れて行ってあげたり、魚のうろ掴みに連れて行ったりしました。
そして、本当にそれで元気を回復していきました。

今でも、川の横を通る時は、いつも魚がいないか覗き込みます。
こういう体験って、大切ですね。

ちなみに、私も魚のうろ掴み、得意ですv-221
  1. 2007/03/08(木) 06:18:51 |
  2. URL |
  3. イマジンさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

yukiさんへ

歩いていけばそこに道はできていると思います。そして、平坦ではない道だからこそ、見えるものがあると思います。

長い人生、きっとあの時があったからこそ、今の自分がいると思える日が来ると思います。

焦らず、前向きに生きていきましょうね^^
  1. 2007/03/08(木) 06:12:20 |
  2. URL |
  3. yukiさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

兄妹の不登校から・・・

子供二人が、それぞれ違う事が原因で、
学校で過ごす事が難しくなって、いろんな事を感じる日々です。

ふみごんさんが書いていらっしゃる事、同感です。
家にいる子に、登校を強要することよりも
子供が、登校できない理由を、まず考えてあげる事が大事だと思います。
そして、待つこと。
その子の心のエネルギーが充填できるのを待ち、
その子が自分で歩き出すようになるまで、
後ろに倒れてしまわないように、そっと背中を支えながら、待つこと。

生きていれば、いくらでも、やり直せる。
みんなと同じ歩幅で歩く必要は、ない。
その子に合った歩幅と歩調で、歩く事が出来ればいいのだろうと思います。
  1. 2007/03/07(水) 10:11:31 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E |
  4. 編集

不登校

不登校になると、親の方が
「世間体や」「育て方が悪かったのか」「原因追求」
などいろいろな事を考えて、パニックになりますね

でも・・・親が「この子のペースを認め、見守る」ことで
必ず、また自分のペースで歩き出すことができます

ゆっくり、あせらず、未来に向かって、一緒に歩き続ける事です。
不登校児のセラピーキャンプを照会します
http://harmony-college.or.jp/
  1. 2007/03/07(水) 09:19:30 |
  2. URL |
  3. かりまま #- |
  4. 編集

切羽詰まっている我が家。
大丈夫だよと信じていてあげることの難しさ。
本当に葛藤の連続です。
今、どうしたらいいのか・・。
わかりません。
ごめんね、せっかく記事にアップしてくださってるのに、
マイナスな面ばかり書いてしまって・・。
とりあえずは今年卒業する花子のことが心配です。
  1. 2007/03/07(水) 07:34:50 |
  2. URL |
  3. 亜紀子 #AGI7I832 |
  4. 編集

うちは幸い、上二人は、皆勤賞を狙う子達だったので、
そういう心配事に遭遇したことはないのですが・・・。
下の子がたまーにありましたね。
責めることをせず、無理に行かせることもせず、
本人に任せていました。

自分自身が、学校へ行けなくなったという過去はあります^^;
私の場合は、私が学校へ行ってなかったことを家族が
知っていたかどうか???(笑)
そのうち、自分で行かなくちゃと思い行きましたがw
  1. 2007/03/06(火) 20:23:32 |
  2. URL |
  3. あお #- |
  4. 編集

今日は職場で今後のこと話しました。先輩で娘さんがずっとうつでつらい日を過ごされた方がいて
子供にとことんつきあったよ、一緒に寝たり、(20代の娘さん)だから今は子供のそばにいてやり!と言われて、
今月いっぱいやりくりするからと言ってもらいました。
子供を残して仕事にいくのも不安だったから、嬉しかったです。
心療内科も私が受診してお話きいてもらいました。
子供が退屈、暇と言ってるのは歩き出す前の自分自身の葛藤みたいなかんじで言われて、
大丈夫ですよ、今まで通りに接してあげて待ってあげてください。と言われました。
ほんの少しの言葉で心が楽になりますね。

子供じしんも色々考えているのですね。子供が歩き出すときを信じて・・・。

今日は寝逃げしております。
子供も寝逃げ?退屈で寝ております。


  1. 2007/03/06(火) 17:59:14 |
  2. URL |
  3. くりぶう #- |
  4. 編集

お伝えしたい情報

v-22今の私に必要であり、皆さんにもお伝えしたくアップします。v-126

登校拒否の子供たちの進路を考える研究会からの、講演会資料より抜粋・・・・(登校拒否という言葉には、少し抵抗がありますが)v-63



不登校から立ち直るということ・・・海野千細さんより

v-113「自分は自分のままでいいんだ」と思えるようになること

具体的なイメージとしては・・・
v-134必要に応じて休めるようになること
あるいは、休めない自分を認められるようになること
v-134友達と遊びたくないときに、遊ばなくてもいられるようになること
あるいは、つい無理して遊んでしまう自分を認められるようになること
v-134困った時に「助けて」と人に援助を求められるようになること
あるいは、援助が求められない自分を認められるようになること
v-134自分の弱さを認められるようになること
あるいは、弱さを認められない自分を認められるようになること


私は、「あるいは・・」・・・が興味深いです。あと、ふと気がつくと・・・それは、息子だけでなく、自分にもあてはまることだなあと・・v-12

またまた、興味深い・・・・・v-152

私の、この情報を読むと、ふみごんさんが、再三再四、私や皆さんに、伝えたいことと、つながってくる気がしますよ。v-10

まだ、伝えたい情報がありますが・・・また、後日・・・v-222
娘を迎えに行ってきます。v-105

ありがとうv-134ありがとうv-22ありがとうございますv-22
  1. 2007/03/06(火) 16:36:39 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

充電できるまで、歩き出せるときが来るまで、ゆっくり待とうくらいの気持ちになれればいいなと思います。いつでも、応援しているよっていう気持ちが持てて、それを子供に伝えられると、子供も安心できると思います。

同感です。人それぞれ違う人生です。
早い、遅いはあるけれど、みんなちゃんと
考えているものなんです。
ゆっくりと1歩づつ v-391
  1. 2007/03/06(火) 16:21:43 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

こんにちは。
私も中学1年の娘が、身体症状から始まって2週間近く学校を休んだときは結構悩みました。
友達とうまくいってないとかいって・・・。

小さい時から時々あったので、”時々、心も風邪をひくんだな・・・。”と思うことにしました。

いじめ撲滅・・の掲示板でも、本当につらそうな子には”無理しないで。”とコメントした事もあります。

人生が歩む事だとしたら、歩かされるんじゃ疲れるし・・・
道端で腰を下ろして休憩をするのもいいかと思いますし、
タタタ・・・と調子よく歩くのも、ダラダラ歩くのも・・
両方にそういうときの良さもあるんでしょうね。

現代って、みんな頑張ってると思うんですよね。
だから、応援するときは ”リラックスして~♪”がいいのかもって思います。
  1. 2007/03/06(火) 16:01:04 |
  2. URL |
  3. 響 #WpbHSf/E |
  4. 編集

不登校の問題は、社会人になっても
おなじジレンマにはまり込んでしまう
人も多くいますよね・・・。
僕たちの魂は、きっとタイムトラベラー
旅を続けています。この旅先の旅行である、人生で、
一つでも多くの感動を体験して欲しいと思う。
せっかくの旅なんだから、旅館ばかりにこもっていては、そこの景色をたんのうできない。
少し辛くても足を伸ばして秘境の滝を見てこようよ
って、誘ってみたくなります・・・僕は!
よいことも、悪い事も、たくさん経験して、
自分の人生を実りある旅行にしたいものですよね。
後で、アルバムをみんなに笑って見せて
上げれればな~って感じました!
苦しいのは、ほんの一時だけだと大人が
教えてあげてください・・・そのあと、ワクワクがある
事もね・・・!
  1. 2007/03/06(火) 14:29:26 |
  2. URL |
  3. イマジン #- |
  4. 編集

こんにちは。

わたしたちにも、共通して言えることですね。
どうしても、出来合いの安全な道を歩いていってくれた方が安心できるのかも知れません。
でも、それじゃ見える景色も歩くペースも他人と同じになっちゃいますもんね。。
藪の中でも草原でも砂漠でも、歩いていけば、そこがいつか道になるんですよね。。
道となる、自分の足を一歩踏み出す方向、早く見つけ出したいと思います。
  1. 2007/03/06(火) 13:35:59 |
  2. URL |
  3. yuki #- |
  4. 編集

ここの動画サイト面白いよ!http://www.ganzis.jp
  1. 2007/03/06(火) 10:47:20 |
  2. URL |
  3. lucy #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/322-068b1c8c

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。