不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子育て、今だから思うこと

子育ての情報って、本だったり、講演会だったり、いろいろなところから入ってきますよね。でも、それは基本的、全体的には合ってるかもしれないけど、そのうちの事情、その子、その子によって臨機応変に考えたほうがいいと今は思っています。

例えば、私の場合ですが、子供がまだ小さい頃のこと。

食事は基本、おかあさんが手作りのものを作ってあげて!とか、夜は遅くとも9時には寝かして!とか。

これは、常識。わたしでも言っていることはよくわかります。でも・・・

私はそのことに縛られて、仕事(帰りは遅ければ7:30近く)や家事などで時間もないのに、とにかく手作りにしなくちゃとか、夜は9時に寝かさないといけないと思って、ものすごいスピードで作らないといけない、食事を食べさせて、お風呂に入れて、早く寝かさなきゃいけないって、いつもいつもその常識に追い詰められていた。

心の余裕なんてまったくなくなって、疲れちゃって、子供に当たっちゃって、子供との触れ合いの時間なんて、まったくなし。これじゃ、本末転倒です。

その時期のこと、本当に反省しています。手作りの食事を作る時間より、寝かす時間を気にするより、もっと、子供との触れ合いの時間を作るべきだったと。

ゆっくり、子供と向き合える時間が取れる人にはその常識通用するけど、仕事を続けなければいけない状況の人には、その常識は、心の余裕をなくす原因になると思います。私の場合、狭い心で余計にそうなっちゃったのかもしれませんが・・・

一般論をそのまま鵜呑みにするのは、良くないこともあると今は思います。若さゆえ、その頃はそのことに気づかなかった。その人その人、自分なりの子育てができるといいと思います。

私の考えは、お母さんが笑顔でいられる子育てが、ベスト。

笑顔でいられるために、何をしたらいいかを考えて、子育てをしていったらいいと思います。

子供のためにも、お母さんが、心のゆとりが持てて、楽しんで子育てできるといいなと思います。

おまけ・・・おかあさんの笑顔のために(しいては子供のために)、周りをとりまくお父さん、おじいちゃん、おばあちゃんは協力してあげてほしいなと思います。

ブログランキングに登録しています。ランキングを上げることで、少しでも多くの悩んでいる方がこのサイトに訪れ、ほんの少しだけでも元気を取り戻せたらいいなと思います。こちらのそれぞれのバナーを1日1回クリックしてくださればありがたいです。
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


  1. 2006/04/15(土) 20:04:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

疲れがたまってきたかな? | ホーム | だいじょうぶだよ!

コメント

HIROさんへ

コメントありがとうございます。

かつての私は、「~すべき」をかなり子供に言っていたと思います。でも、時の流れと共に(私自身の成長と共に)、ありのままの子供を受け入れられるようになり、今はたぶんほとんど「~すべき」は、言っていません。「こうだったらいいな」は、たまに言うときはありますが。

これは、不登校を通して私自身にもたらされたプラスになったひとつだと思っています。

不登校がずっと続いていたら、そんな余裕の心にはなれず、HIROさんのいうように、今も“○○べき”ばかり言っていたかもしれませんが。
  1. 2006/04/18(火) 00:57:29 |
  2. URL |
  3. ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

みうさんへ

コメントありがとうございます。

みうさん、子育て頑張っているじゃない! 自分のできる範囲でがんばればいいと思うよ。理想を追いかけるんじゃなくて、適度に力を抜きながら、自分なりの子育てをしていこうよ。

「坊主のキテレツな行動や言葉でバカみたいに笑ったりします
そうすると坊主もなぜだか大笑い…」
こんな親子関係、すてきだなと思いました。


自分の心が疲れちゃっている時って、なかなか心からの笑顔にはなれません。かつての私も、心は泣いて、顔は笑ってっていう時、ありました。(まわりからみたら、ひきつっていたかな?)

でも、それを続けているうちに、本当の笑顔に戻っていきました。


最近では・・・

数日前、殴り合いの兄弟喧嘩するときがあって、笑顔なんてどころじゃない!それこそ、顔ひきつって、必死で喧嘩の仲裁に入りました。年頃の子は、いろいろあるよ。

でも、やっぱり理想は、笑顔で子育てできたらなって思います。



  1. 2006/04/18(火) 00:28:44 |
  2. URL |
  3. ふみごん #Dfzf0n.E |
  4. 編集

笑顔の子育て・・・

素敵な言葉ですね。

教師という職も、“○○べき(must)”という“とらわれ”や“こだわり”に流されそうになる時が多々ありますが、子供にとっても自分にとっても、得策ではないと思います。
“○○べき(must)”ではなく、“○○だといいな(better?)”という気持ちでいられたら良いな、と思います。
でも、不登校児相手では、どうしても“○○べき”と言いたくなってしまうと思いますが。。。
  1. 2006/04/17(月) 06:21:56 |
  2. URL |
  3. HIRO #- |
  4. 編集

育児ノイローゼというよりも

マニュアルノイローゼだったの鴨と 今更ですが…
今は本は買わないようにしています
たまに子育てのマンガ(コミック)を買ったりして
あぁこんな子がいるんだと
    ↑ほとんどがおもしろおかしくかかれてるので

笑顔…むずかしいですね
なんか 私がおかしいのですが
坊主の無垢(かなぁ、笑)な笑顔を見ると
泣きたくなるんです
“こんなかーちゃんでごめんね”と…

あと一生懸命笑顔でいたりもするときもあります
(心は泣いてるのに)
でも坊主は気付いているんですよね 仮面の下…

ウウウーー
と唸りたくなります

もちろん私はお笑い好きなので
坊主のキテレツな行動や言葉でバカみたいに笑ったりします
そうすると坊主もなぜだか大笑い…
アホ親子です わはは

いつもコメントありがとうです
  1. 2006/04/17(月) 04:40:23 |
  2. URL |
  3. みう #rkd4Vjqo |
  4. 編集

花子さんへ

最初にブログを読んだとき、もしかしたら似た考えを持っているかなって、直感したけれど、そう言っていただけて、うれしいです^^

私なんて、今は手抜きだらけだけれど、それでもいいかなって。(ここは、花子さんとはちょっと違うでしょう)

笑顔の子育て

合言葉にしましょう^^

時に、笑顔でいられないときもありますけれど・・・ね。
  1. 2006/04/16(日) 14:11:13 |
  2. URL |
  3. ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

こんばんは

私も初めての子供(一人しか産めなかったので一人っ子ですが)、
育児書など買ってニラメッコしました・・・
うちの子と比べてみたり、育児書通りにしてみたり。
今では笑い話のような気がします。
ほんとに同感で、笑顔の子育てが一番の育児法だと思います。
子供との時間のために、お弁当にしちゃったりで適度に
力を抜いてやっています。
  1. 2006/04/16(日) 01:34:18 |
  2. URL |
  3. 花子 #bNXzFvzo |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/35-e53674a4

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。