不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子供の気持ちに寄り添おう!

このブログを書き始めたころ、まったく同じタイトルで、記事を書いたことがあります。
http://fumigon.blog56.fc2.com/blog-entry-8.html

その時、Toriaさんという少女から、こんなコメントをいただきました。
寄り添うだけではだめだと思います。
何を求めているのか、それを感じ取らなければ。


子供側の正直な気持ちだと思います。

相手の立場になって考えてみる。

同じ状況になったら、どんな気持ちになるのか。何をしてほしいのか。自分だったら、なんていう言葉をかけてほしいのか。あるいは、かけてほしくないのか。

前々回記事ののんきははさんへのコメント欄にも書きましたが、大切なものは見えないんですよね。
「何を求めているのか、感じ取る。」とても大切なことですね。


こんな記事をえらそうに書いている私自身も、子供とは口げんかが絶えません。思春期の子供たち、気分にむらがあります。
だから、この記事は私自身に向けて書いた言葉でもあります。


スポンサーサイト


  1. 2007/08/31(金) 10:32:57|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

言わないでください | ホーム | Breakaway

コメント

クロちゃんへ

あら、謙虚と言うより、私は本当に自分のことが一番見えないんです。

子供に限らず、言わない方がいいときも言ってしまう事が多いです。そして、反省。

見守るのも愛情。そうっとしておいてあげればよかった。今も実は反省しています。
  1. 2007/09/01(土) 16:15:20 |
  2. URL |
  3. クロちゃんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

謙虚

ふみごんさんは、謙虚ですねv-22

この頃、たくさんアップしていただき、味わわせていただいております。

喜ばれる存在ですよ。私も、見習いたいところです。v-111
  1. 2007/09/01(土) 11:09:29 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

クロちゃんへ

自分をあまりにも理解できていない私は、子供を理解することが難しいのかもしれません。
まず、自分を理解できるようになっていきたいです。

学校の方と、家のこと、お忙しい生活を送っていらっしゃるでしょうね。お察しいたします。
  1. 2007/09/01(土) 02:05:53 |
  2. URL |
  3. クロちゃんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

リイチさんへ

お子さんの心の奥深くを感じ取ることができたらいいですよね。
ブログを読んでいると、お子さんをとても愛されていることが伝わってきますよ。
  1. 2007/09/01(土) 02:00:03 |
  2. URL |
  3. リイチさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

たぶん・・・

またまた、素敵なメッセージをいただきました。v-25

すごく今、幸せです。嬉しいです。v-66


そして、たぶん・・・・v-219

相手が、何をもとめているか、感じ取るのには・・・・・

私自身が、まず、自分の気持ちに気づく、感じることが先なのだろうと思います。自分を理解する幅でしか、他者を理解する、感じ取ることはできないと思うから・・・・

また、メッセージ、いただきました。v-16

おかげさまで・・・・ありがとうございましたv-22
  1. 2007/08/31(金) 20:04:21 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

寄り添うだけではだめだと思います。
何を求めているのか、それを感じ取らなければ。

胸にガツンときました。

離婚してから、月に2回必ず子供とは会っていますが・・
この言葉覚えておきます。

  1. 2007/08/31(金) 19:14:42 |
  2. URL |
  3. リイチ #- |
  4. 編集

響さんへ

そうなんです。言葉で伝えてくれたら、どんなにわかりやすいか!

でも、うちの子が不登校の時もそうだったんですが、今の気持ちなどを言葉で表現するなんてことはまず、ありませんでした。まだ、幼くて、言葉にできなかったっていうこともあるかもしれません。その当時、お世話になった私が尊敬している担任の先生は、子供を言葉などの表面的なものだけで見ているのではダメ。言葉以外にも子供は表現しているものだから、それを見逃さないように言われました。難しいですよね。

例えば、「明日の遠足が楽しみだな~!」
これは、本心ならばとてもうれしい状態。だけど、うちの子の場合、この言葉に隠されていたのは、遠足に対する不安の方がとてつもなく大きいのです。それでも、「楽しみだな~」という表現になってしまうのです。これは、自分自身にはっぱをかけていてこの表現になっていたのかもしれないし、そうありたいという願望がそのまま言葉になったのかもしれません。あるいは、親を安心させるために出てきた言葉かもしれません。(敏感な子なので、親が心配しているのを察して)

気持ちと裏腹のことを言うし、時には正直なことを言うし、その当時は本当に気持ちを読むことに苦労しました。

もうひとつ付け加えれば、あの当時は、吐き気、嘔吐、頻尿など、体の不調が次から次へと現れました。それも、子供を理解する指標でした。そうなる前にわかってあげられる親であればよかったのですが、子供はかなり長い時間、つらい時間を過ごしてきました。

こうして、過去を振り返ってみれば、今は、その当時と比べれば、雲泥の差。思春期であっても(口げんかは絶えなくても)気持ちと裏腹のことを言うなんてことはなくなったので、相当付き合いやすいです。言い争えるくらいが、いいですね^^

  1. 2007/08/31(金) 19:04:34 |
  2. URL |
  3. 響さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

yuuyuuさんへ

コメントありがとうございます。

子供の気持ちを、正直に言葉で表現してくれたら、とてもわかりやすく、対応もしやすいけれど、不登校で心が不安定なとき、うちの場合は、まだ幼かったこともあってか、言葉では表現してくれませんでした。だから、感じ取るって難しいな~と思っています。
  1. 2007/08/31(金) 18:35:35 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

こんにちは。

気持ちに寄り添う。
何を求めているのか、それを感じ取る。

エスパーでなければ、話し合うことナシは難しいですね~。
だから うちも結構口げんか多いですよ。
でも、それでいいんじゃないでしょうか。
話しあわないと『一番言いたいのはどの言葉か』わからないもの。
そうしなければ、本人の気持ちも整頓されてこないのが思春期でもありますしね。
面倒な気もするけれど、親の仕事ですね☆

なので、お若い方たちにも大人に近寄ってきていただいて、
タイミングのよさそうな時に、
(ここポイント、例えばてんぷらあげている最中とかはダメヨ。)
いろいろ伝えて欲しいと思うのです。
  1. 2007/08/31(金) 15:23:22 |
  2. URL |
  3. 響 #WpbHSf/E |
  4. 編集

「何を求めているのか、感じ取る」 か~
肝に銘じておきます。
  1. 2007/08/31(金) 12:10:27 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/360-3c7a7c9a

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。