不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「甘やかし」と「受け入れる」の違い

子供が不登校になって、学校に行けない状態が続くと、これでいいのか?このままだらだらずっとこの状態が続いてしまうんじゃないか?これは甘やかしじゃないか?将来は大丈夫なのか?とさまざまな思いが頭をよぎりました。

けれど、これはすべて私の側から見た勝手な考え、ちっとも子供側の立場になって考えていないと、いつしか気づいてきました。

それが、MINAKOさんのブログの中で、簡潔な言葉で書かれていたので、紹介します。
http://abuhachi.blog47.fc2.com/blog-entry-309.htmlこの一部です。

「甘やかし」 とは、親がそうしたいからするに過ぎず、子どもの気持ちや将来を考えず、自分の気持ちを優先していることを言います。このときは相手(子ども)を信頼していない状態です。
「受け入れる」 ということは、子どもがそうしてほしいと願っていることを子どもの気持ちを優先させて、してやることです。これは相手を信頼している状態です。


つまり、甘やかしと受け入れは、子供を信頼できているかどうかの違いなんですね。

子供に対して(誰に対しても)不安な気持ちが襲ってきたときは、信頼できていない状態であることに気づき、修正できる自分でありたいと思います。
スポンサーサイト


  1. 2007/09/05(水) 01:53:53|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

バラの生きる力 | ホーム | 感じ方

コメント

ムスカリさんへ

私も信じきるって、難しいよ^^
子供の状態を見て、これでいいのかな~?って思うこと、今でもあるしね。

心配なことが頭をよぎるとき、自分で「ああ~、今、信じていない状態だな!」って、頭の中の切り替えをしています。

実は、昨日も。。。私も、こんな記事書きながら、その繰り返し。この記事の内容、えらそうに言える立場ではないんだけど、私自身にも言い聞かせてますv-389
  1. 2007/09/13(木) 22:03:45 |
  2. URL |
  3. ムスカリさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

「受け入れ」と「甘やかし」の違いが、理解できそうで、なかなか・・
理論では分っても、実践となると、難しい・・・
信じることが一番なんでしょうが・・
まず、自分自身を信じられないと・・

それに、相手を責めるということを本当にやめたいのですが、難しいです。

息子のことも信じきるのが難しくて・・・
こうすればいいのに・・と、つい、自分の価値観に納めたくなります。

信じることが全ての始まりなのかもしれないですね。
気づかせてくれて、ありがとうございます。
  1. 2007/09/08(土) 17:12:55 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #- |
  4. 編集

クロちゃんへ

不安に思ってしまう時(相手を信じていないとき)って、自分も信じることができないでいるときなんだと思います。
つい、不安になってしまうときもあるけれど、相手も自分も信じていきたいです。
  1. 2007/09/06(木) 21:01:54 |
  2. URL |
  3. クロちゃんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

碧海さんへ

体と心の声をじっくり聞いて、それでは何が最善なのかを考え、そしてやってみることが大事なのかもしれません。

この言葉に、同感です!以前の私は頑張りすぎてしまうことがありました。でも、子供の不登校を経験して、無理しすぎないことの大切さもわかりました。

じっくり向き合って、何事も受け入れる。大切なことですね。
  1. 2007/09/06(木) 20:53:02 |
  2. URL |
  3. 碧海さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

信じる・・信じ切る

台風が接近していますv-19

相手の気持ちを考えて、信じる・・・信じ切る・・・
それには、自分を感じ、自分を信じる・・・

わき起こる、どんな気持ちも認めてあげることかな。
相手を通して、自分を見てる。
相手は、自分の鏡。
自分にないものは、相手の中にも感じられない。

またまた、私に必要な情報をいただきました。

ありがとうございますv-22


  1. 2007/09/06(木) 03:48:40 |
  2. URL |
  3. クロ #- |
  4. 編集

>子供に対して(誰に対しても)不安な気持ちが襲ってきたときは、信頼できていない状態であることに気づき、修正できる自分でありたいと思います。

この1文に納得です。
わたしは人をというより、自分の仕事を、そして自分自身をという状態ですが。
でもどんなことでも当てはまると思います。
たとえば今つらいという気持ちがあったとしても、心のままに怠けてしまってはだめだし、無理するのもいけない。体と心の声をじっくり聞いて、それでは何が最善なのかを考え、そしてやってみることが大事なのかもしれません。
かくいう自分がそれができているか?というと疑問符がつきますが、
でも、なにごとも『受け入れる』
その姿勢をもっていたいです。
  1. 2007/09/05(水) 22:11:38 |
  2. URL |
  3. 碧海 #tFLCjtZM |
  4. 編集

子どもとの信頼関係ですね
最近、似たようなことでチョット悩んでいたので
ありがとうございます
  1. 2007/09/05(水) 10:02:08 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/364-9e47ff7a

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。