不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

懇親会がありました。

二男のクラスの保護者の懇親会がありました。
担任の先生ももちろん出席!
お酒の入った席の懇親会は、いつしか担任の先生の「子育てお悩み相談会」となっていきました。。。

担任の先生は、男性の体育教諭。バレー部の顧問もしています。奥様も別の学校で教師をなさっています。先生にはふたりお子さんがいて、下の子は4歳です。
奥様は勤務先の学校が少し遠いので、まだ子供が寝ているうちに出勤するのだそうです。
だから、ふたりの子供を起こし、ご飯を食べさせ(自分で食べない時は、先生が口まで入れてあげるのだそうです)保育園の準備ができたら、保育園に送り届けます。
その後、やっと自分の勤務先である学校に出勤。
本当は自分が顧問をしているバレー部に5分でも1分でもいいから出たいのだそうです。
でも、そんな状況で出られない。葛藤・・・
家の中は、いつも戦場状態。散らかりまくり・・・

こんな状態で、時に泣くこともあるのだそうです。


私たちお母さんたちは、こんなんでも一応、子育ての先輩。担任の先生にみんなでアドバイス!


「その頃は、みんな無我夢中だよ。みんなみんな同じ同じ。
若い頃はこうしなきゃ!っていうのが、頭にしっかり固まっちゃっていて、そうでない現実とのギャップに苦しみながら、必死で1日1日過ごしているんだよね。
今考えると、なんであんなに子供を怒っちゃったんだろうって反省して。その繰り返し・・・
だんだん、そのうちに親の方の角が取れて丸くなり、今なんて子供を怒ることなんてないもんね。
子供が育つのって今考えるとあっという間、なんだよね。」


こんな感じで親の方は、過去の自分を振り返り、なぜかみんな意見一致して

毎日必死に過ごしているうちは、そんな日が来るなんて想像もできないけれど、こんなこともあったなあって振り返る日がくるもんだな~としみじみ感じました。

きっと、担任の先生も子供の小さい頃はきつかったな~、泣いた日もあったな~と振り返る日が来るのでしょうね^^
スポンサーサイト


  1. 2007/10/27(土) 16:51:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

豆アジ釣りに行ってきました! | ホーム | 苦しいあなたへ

コメント

碧海さんへ

私はおそらく担任の先生と接していない方だと思いますので、懇親会には出席してよかったです。そんな先生の思いがあるなんて、まったく知りませんでした。他のお母さん方(ひとりだけお父さん)とも親しくなれましたし。(今までクラスの行事等はたいてい子供自身が試合等で出席できなかったので、私も出ていません)
クラスの様子や学校での子供の様子等も垣間見ることができてよかったです。
先生の愚痴(?)は飲んだ席だからこそ、飛び出してきたんだと思います。学校ではとても几帳面なまじめな先生です。たまには、こういう保護者との懇親会も大切ですね^^
  1. 2007/10/29(月) 16:33:41 |
  2. URL |
  3. 碧海さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

先生とお母さん方がいい関係で、先生もよかったですね。
最近のニュースとか聞くと、先生とか結構辛いんだろうな~と思われることばかりだったので救われる思いです。
皆さんが結束して、その先生を支えてあげてくださいね。
  1. 2007/10/28(日) 21:27:37 |
  2. URL |
  3. 碧海 #tFLCjtZM |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/386-de6630ff

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。