不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

あなたへ

自分のつらさを誰にも悟られないように、いつも明るく振舞っている人がいます。
学校に行かなければいけないことなんて、百も承知なんです。でも、心と体がついていかないのです。いえ、そんな生易しい言葉で言い表せないほど、体は辛いんです。

それでも、子供の表面しか見えない先生は、学校に通うよう、無理やり約束をさせます。

そして、子供は自分の心と体をずたずたにしながらも学校に向かうのです。

その子はその子なりに考えて、学校は無理でも予備校に通い始めました。
子供は考えていないのではないんです。自分にできることを精一杯やっているのです。

でも、周りの大人はそれに気づいてあげられない。私もあなたの苦しさをわかっていながら、何もしてあげられない。

私考えたんですが、今のところ、これくらいしか思いつきませんでした。

人間ってひとりでは生きていけないから、辛いときは誰かに頼ってもいいと思うんです。自分ひとりで抱え込まなくてもいいと思うんです。
今の辛い状況を身近な誰かに相談できませんか?あるいは、手紙などで打ち明けられませんか?
せめて、これ以上あなたを苦しめるようなことが起こらないよう、誰かに助けを求められませんか?今更なんて思うことはありません。今からでいいと思うんです。
きっとあなたの周りにわかってくれる人はいるはず。今の学校に打ち明けられる人がいないなら、かかっているお医者さんなどでもいいと思います。
それには、ものすごい勇気がいることもよくわかるけれど、今の私にはこれくらいしか思いつきませんでした。

あなたに勇気をもらった人はいっぱいいます。そして、これからもあなたはきっと大勢の人に勇気を与え続けられる人だと確信しています。
誰かを支えるばかりでなく、時には誰かに支えてもらう時があってもいいんじゃないかな~!?
「人」という文字通り。


これはとても仲良くさせていただいている子へのメッセージですが、こういう思いをしている子もいるんだということを、おとなの方にも読んでいただきたいと思って、記事にしました。Aくん、ごめんね。
今は、ただゆっくり休めるといいね。
スポンサーサイト


  1. 2007/10/29(月) 23:25:18|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

ここに来てくださった方へ | ホーム | 豆アジ釣りに行ってきました!

コメント

Megiさんへ

はじめまして^^
Megiさんは、yukoさんとご一緒にAngelというグループを結成されているんですね!
『音楽を通して、人々に幸福になっていただきたい』

そのような思いを強く募らせた音楽家が集まって

つくられたユニット ≪Angel Wings≫


皆さんの思いは強く、すてきな仲間ですねv-352

Angelの方も、事後報告ですが、ちゃっかりリンクさせていただきました。よろしくお願いいたします。

この記事に書いた子ですが、実はいじめが直接の原因ではありません。(元を正せばそうとも言えるかも知れないけれど??)
原因はともあれ、心が疲れてしまって〈傷ついてしまって)学校に通えない子が大勢います。心の元気を取り戻せば、必ずまた歩き出せるときが来ます。その子を信じ、見守ることが大切だと思っています。

Megiさんは、日本のいじめのことなどに遠いウイーンから思いを馳せていらっしゃるのですね。リンクさせていただいている次のブログは葛西さんと言う方が運営しておられる、いじめを取り扱っているブログです。
http://blogs.yahoo.co.jp/what_we_can00/MYBLOG/yblog.html#25035360
いじめに直面している子供たちからのSOSが入り、それに葛西さんはじめ、同じくリンクさせていただきここにも度々コメントを入れてくださる響さん等は子供たちと真剣に向き合い、子供たちを救っています。
いじめ撲滅に向け、邁進しているブログですので、もし、時間がとれましたら覗いてみてください。
(以前に、葛西さんの活動はテレビでも取り上げられました。)

また、このブログでもいじめについて何度か取り上げたことがありますが、実話をもとにした「わたしの妹」という絵本について書いた記事がありますので、よろしかったら、読んでみて下さい。http://fumigon.blog56.fc2.com/blog-entry-115.html

これからも、どうぞよろしくお願い致しますv-290
  1. 2007/10/31(水) 19:38:31 |
  2. URL |
  3. Megiさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ふみごんさん、始めまして!Angelから来たYukoさんの友人のMegiと申します。
いじめの問題は、今日本では益々深刻になっているそうですね。
私も、ふみごんさんのご意見に賛成です。凄く辛いから、出来事は隠しておきたい気持ちも、ご本人、ご家族にあると思いますが、思いきって、どなたかに相談されると、気持ちも軽くなりますよね。
最近のいじめは、昔のいじめと違って、ものすごく悪質になっている、と聞いています。学校の中だから<いじめ>という言葉でなぁなぁで済まされるけれど、これが、学校の外で起こっていたら、完全に<犯罪>になるそうです。学校も、外に向いては体裁が悪いから、いじめも事実も認めないそうですね。やはり、このような悪は許しておいてはいけないと思います。
真剣にいじめと戦っている団体もありますし、子供の辛さ、親の辛さを理解し、一緒に解決に向かって動いてくれる方たちの協力を得たほうがいいと思います。いじめられている子を守り、いじめている子にもこれ以上悪を犯させてないためにも、大切なことだと思います。

子供たちが楽しく学校に通えるようなそんな日が一日も早く来ることを心から願っています。
  1. 2007/10/31(水) 15:59:37 |
  2. URL |
  3. Megi #- |
  4. 編集

yukoさんへ

はじめまして^^コメントありがとうございますe-466
yukoさんはウイーン在住のオペラ歌手なんですね。そして、なんて美しい方e-420i-233
私は田舎者なので、実は一度もオペラを聴いたことも見たこともありません。だから、想像もできなくてすみません。

このブログは、自分の経験から私なりに学び取ったものとか、自分が励まされた言葉などを紹介しています。
つらい人が、その言葉でほんの少しだけでも、たったひとりでも気持ちが楽になれたらと思い、自分なりの文章を綴っています。
こんな大それたことを言っても、自分の人生を歩くのはほかならぬ自分です。私はただその人の歩みを見守るしかできません。ただここにいて、信じて祈るのみです。

yukoさんは、ご自分が子供の頃、つらい思いをされたんですね。その辛い経験は、これからの子育てにきっと役にたつことと思います。私は、子育てでは、子供の心に寄り添うことがとても大切だと思っています。お子さんが辛いめに遭われたとき、きっとyukoさんのお母様がそうであったように、子供を支えてあげられるお母様になられるでしょうね。

日本には、家にも学校にもどこにも居場所がなくて、つらい思いをしている子達が大勢います。そして、子供だけでなく大人もつらい状況にいる人が大勢います・・・よね。
yukoさんのプロフィールにあった
>音楽活動を通じて人々の幸福と世界平和を祈り続ける声楽家。
この地球が愛あふれる星となることを心から願っています。
この活動を私も心から応援したいと思います。
yukoさんのブログに行きやすいように、リンクさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
  1. 2007/10/31(水) 01:03:47 |
  2. URL |
  3. yukoさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

イマジンさんへ

イマジンさん、一緒に応援してくださってありがとうございます。

これ以上彼を苦しめるようなことはしないでほしいと切に願います。

心穏やかに過ごせる日が来ますように、ただ祈るのみです。



  1. 2007/10/30(火) 23:43:19 |
  2. URL |
  3. イマジンさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

初めまして!

このサイトで救われる人はたくさんいるでしょうね。
うちの子はまだ小さいのでこれから我々も突入する世界ですが、私自身小学生の頃から学校で問題を抱え苦労しました。私は父の仕事の関係で学校を転々としていたのでいじめられることも村八分にされることも多々ありました。

今はただただ私に勇気と愛をくれた母に感謝するばかりです。
母はいつも私の話を聞いてくれ相手側を絶対に悪く言いませんでした。母親が私を理解してくれているといぅ絶対の自信によって私はわが道を行くことができました。

今ではそんな昔の影が全くないほど明るく生きています。

ふみごんさんは私の母のような大きく暖かい心を持っていらっしゃいます。どうぞ今苦しんでいる若者たちに勇気を与え続けてください。

又遊びに来させていただきます。
  1. 2007/10/30(火) 17:53:16 |
  2. URL |
  3. yuko #Xlf.8pIU |
  4. 編集

過去の自分と、
なんとなくリンクしてしまいました・・
なかなか、胸の内を明かすのって
勇気もいるし、辛いものだよね。
一人でも良いんだけどね、
話せれば何かが変わる!
・・・・・。
  1. 2007/10/30(火) 07:56:09 |
  2. URL |
  3. イマジン #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/388-b862b2dc

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。