不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

少女パレアナ

「少女パレアナ」という話、ご存知でしょうか?これは、以前に世界名作劇場で「ポリアンナ物語」としても放映された話です。

パレアナは幼い頃、両親を亡くし、やがておばのところに引き取られます。そこで、パレアナはおばさんにいじめられ、やがて、事故で歩けなくなってしまいます。でも、幼い頃、パレアナは牧師であったお父さんに「良かった探しゲーム」をすることを教えられていました。パレアナはいつもこのゲームをして過ごします。つらい境遇なほど、このゲームはおもしろいと言うのです。このゲームをしていくうちに、パレアナに辛く当たっていた叔母の心も変化して行きます。
参考までに・・・http://members.jcom.home.ne.jp/3233770501/aguritoday004.htm

私は、子供が不登校だったときに、この物語の存在を知りました。
私自身真っ暗闇に感じている中、なんだかとってもこの話に感動してしまいました。

悲惨な状況の中でもパレアナの存在は光であり、その光で堅く閉ざされた人々の心は溶かされていくような、そんなイメージを感じました。

私もこの「良かった探し」をして、ノートに書き出すようにしてみました。←単純汗汗

・先生達と仲良くなれた。そして、先生達のすばらしい考え方に触れることができた。(その当時、毎日学校に通っていました。尊敬するすばらしい先生との出会いがありました。)
・学校や子どもたちの様子がわかる。
・本との出会い。本を読む時間がたっぷりある。
・子供たちと仲良くなれる。
・先生や子供たちに声をかけてもらい、元気をもらった。
などなど。

つらいときこそ「良かった探しゲーム」をやってみるのもいいかもしれません。


でんしれんぢの「ゆうきのうた」です。あたたかい気持ちになれるかもしれません。聴いてみてね^^(歌詞付きです)

スポンサーサイト


  1. 2007/11/02(金) 00:17:22|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

最近の様子 | ホーム | 私にできること

コメント

碧海さんへ

そうですね。パレアナの「喜びを探すことが難しいほど楽しい」って、すごいですよね。
パレアナのお父さんは、パレアナがまだ若いうちに亡くなってしまいますが、パレアナにこのゲームを教え、しっかりパレアナにそれが根付き、パレアナはそれを元に輝きv-352、周りのものまでも光の中に取り込んでいくようなイメージがします。
そう考えると、親が遺してくれるものってお金や物でなく(これはいつか尽きてしまう)、こういうことこそ、すばらしい財産だな~と思います。
  1. 2007/11/07(水) 08:19:57 |
  2. URL |
  3. 碧海さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

パレアナは存在自体が光というか、すごいです。
そういう心を持っていることが、奇跡のように思えます。
(しかも喜びを探すことが難しいほど楽しいというのが)
今日をあまり意識して過ごしたことはないですが、よかったことというのは、探せば結構あるような気がします。
そういう幸せを、自然に感じられるようになりたいです。
  1. 2007/11/03(土) 22:17:37 |
  2. URL |
  3. 碧海 #tFLCjtZM |
  4. 編集

yukoさんへ

ポリアンナ物語は、ドイツ語圏でもそんなに有名な話なんですね~!私は無知でした。しかも、そちらではそういう心理学療法まであるんですね!日本でもあるのかな???

ここに外国にお住まいの方が書き込んでくださったのはyukoさんが初めてです。こうやって気軽に話せて、世界は身近になりましたね。また、そちらのお国柄とかお人柄とかyukoさんのブログを読んで勉強させていただきますね^^よろしくお願い致します。。。

  1. 2007/11/03(土) 17:42:41 |
  2. URL |
  3. yukoさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

Megiさんへ

辛い目にあったときって、マイナスの部分しか見えなくなってしまいがちですが、よく考えてみると、そのためにプラスになったこともあるものなんですよね。それを考えるのがこのゲーム。なかなか素敵な考えですよね。

マイナスだと思ったことさえも、後に、自分の人生に役立つこともきっとあると思います。

この考えに関連してですが、「よかったこと」って、本当は自分の周りにごろごろしているんですよね。
自分の周りにおいしい空気があって呼吸ができることも、おいしい水がすぐに飲めることも、おいしい食事がいただけることも、きれいな夕焼けが見れることも、きれいな洋服が着れることも、すてきな音楽が聴けることも、言い出したらきりがないですもんね。

つらいときこそ、こういうことを思い出して、感謝の気持ちをもって暮らしていきたいと思います。
  1. 2007/11/03(土) 17:33:49 |
  2. URL |
  3. Megiさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

のんきははさんへ

そうそう。

そう言えば、私も「子供が不登校なのにどうして、そんなに明るくしていられるの?」と言われたことがあります。私も『能天気』と思われているかも・・・!?

こういう物語を知り、いつの間にか、つらいことばかり見ていないで、わずかな「よかった」に感謝する気持ちを持てたことも影響しているかもしれませんね。
  1. 2007/11/03(土) 17:20:40 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

こんにちは!

「ポリアンナ物語」はドイツ語圏でもドイツ語の吹き替えで何度も再放送されていました。私は大ファンで何回も再放送を見て光をもらってました。こちらの心理学療法などでポリアンナメト-ドガあるくらい、浸透しています。

ふみごんさんの「良かった探しゲ-ム」最高です。
私も今日からやって見ます。
素晴らしいアイデアをありがとうございました。
  1. 2007/11/02(金) 19:13:30 |
  2. URL |
  3. yuko #Xlf.8pIU |
  4. 編集

素敵なアイデアありがとうございます!
日々、小さな発見をし、それを書き出して意識して生きていくってとっても大切なことだと思います。
人生、ずっと雨の日ばかりではないし、自分に与えられているポジティブなことを探していけば、確かにたくさんあるのだと思います。
私も実践してみようかな!

Megi
  1. 2007/11/02(金) 00:55:53 |
  2. URL |
  3. Megi #- |
  4. 編集

喜べ!!

たしか、
聖書には『喜び』とか『喜べ』とうぃう言葉がたくさん出てくる。
神様が喜べと仰っているんだから、喜び=良かった探しをしなくては・・・という台詞があったような。
私にもパレアナは大親友です。
いまも良かった探し続けています。

『能天気』とも言われますが・・・    ドンマイ!!
  1. 2007/11/02(金) 00:42:05 |
  2. URL |
  3. のんきはは #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/391-c1dd2a89

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。