不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近の様子

最近の二男の様子です。

二男が1年生の頃、同じクラスに、小学校時代から続いてずっと学校に来ていない(来れない?)女の子がいました。(その後、クラス替えがあったので、今はその子とは別のクラスです。)

1年の頃、担任の先生は、「こういう子がこのクラスにはいるから忘れないように!」という話はしていたようです。しかし、1年通してずっと来ることはなく、それは中学3年の8月ころまで続いていました。

ところが、突然その子は登校を始め、一日も休むことなく学校に来ているのだそうです。

友達とうちの子がその子のことで話をしていました。(私もいるところで。)

友達:あの子、突然来るようになったね。しかも、クラスに入って、毎日だよ。でも、何だか話しかけにくいオーラが出てる。
うちの子:でも、あの子、○組に話し相手が何人かいるようだよ。その子達とはよく話しているらしいよ

女の子は、何年かぶりの学校で、緊張もするだろうし、居場所があるか心配になるだろうし、疲れもするでしょうし、その様子が「話しかけにくいオーラが出ている」という表現になったのでしょう。

小学校は違うので、その女の子は今までまったく知らなかった子。学校に来たからと言って、みんながやみくもに話しかけるより、おそらくそっとしていた方がいい時期なのだろうと私は思います。(話せる友達もいるそうですし・・・)

友達とうちの子との会話を聞いて、その子の事を気にしているんだな~と思いました。
同じような経験をしたからこそわかることってあると思うので、そういう人の気持ちに寄り添えられる人になってくれたらな~と私は思っています。

うちの子が何をしたわけではないけれど、少しだけ、その子のことを見守る姿を垣間見たような気がして、うれしく思いました。(よく捉えすぎ

さて、自分自身はといえば、
「この頃、俺学校休まなくなったな~!休みたくないし!」
ですって。
「高校に行って、野球をする目標があるからかな~!?」
って自分で分析しています。
目標があるって道しるべになるのだな~と感じています。

(人生って目標が見えなくなってしまうような辛いときが来ることもあるけれど、今の二男は高校に向けて気持ちはまっしぐらのようです。)
スポンサーサイト


  1. 2007/11/07(水) 10:14:50|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

我が家の反抗期 | ホーム | 少女パレアナ

コメント

かりままさんへ

すてきなお話、ありがとうございますe-466

きっと同じような境遇の人がここを読んだら、励ましになることと思います。

私、教養がないのであまり、諺とか知らないのですが、今日たまたまこんなのを見つけました。

「毬栗(イガグリ)も内から割れる」

栗はとげのたくさん生えた外皮で覆われているため、取り出すのに時間がかかりますが、時期が来れば自然に内から割れて簡単に取り出せるという意味だそうです。
現状ではとても不可能に思えるようなことが身の上に起きた時、力ずくで解決しようとしても決してうまくいかない。何事にも時期があり、タイミングがある。あせらず自然にまかせよう、ということを栗はおしえてくれているのかもしれません。(中退共だよりより引用)

お嬢さんのことがこの栗の様子とだぶって見えました。
やはり、エネルギーが満タンになった時に、背中をそっと押してくれる人がいると前に進めるものなのですね。
それまで、あせらずじっくり待つことって、親にとってはたいへんな事かもしれないけれど、子供を信じて待つ姿勢はきっと子供にも伝わっていたと思います。

お嬢さん、楽しい時間をたっぷり過ごしてほしいですね^^
ちなみに、うちの子も授業中はよく夢の中のようですv-75v-483
  1. 2007/11/09(金) 16:57:50 |
  2. URL |
  3. かりままさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

Yukoさんへ

人のことを思いやれる人
本当に、思いやりのある人になってほしいと願っています。

不登校に関しては、やはり経験者でないとわからない辛さがあると思うので(経験していても計り知れないこともあると思いますが)、少しでも気持ちに寄り添うことができる人になってくれたらと思います。
私も同様に、不登校の子を持つ親の気持ちに少しでも寄り添えたらと思っています。
  1. 2007/11/09(金) 16:37:14 |
  2. URL |
  3. Yukoさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

響さんへ

つらい日を乗り越えて、優しさを増す
そうであったら、いいですよね。いつでも誰にでも優しくとはなかなかいっていないようですi-182
お年寄り等、弱者にはとても優しい子ですが・・・。

自分の足で大地を踏みしめている息子さんが逞しく思えます
そう言っていただけて、私も嬉しいです。自分で自分の道を歩んでいく姿を見守っていきたいと思っています。
  1. 2007/11/09(金) 08:39:22 |
  2. URL |
  3. 響さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

Megiさんへ

おはようございます^^

本当に私が勝手にそう捉えているだけかもしれませんi-230
自分が経験をすると、同じ立場の子の気持ちが分かるそのようになってくれたらな~という願望が私の方にあります。
私自身も、相手のことを「理解する」までは無理でも、理解しようとする、寄り添うことができる人でありたいと思っています。
なかなかそれも難しいのですが・・・i-227
  1. 2007/11/09(金) 08:32:11 |
  2. URL |
  3. Megiさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

突然の登校

うちの子もそうでしたよ
カウンセリングも受けていましたが
先生には「私、学校に行きたい」オーラを出していたようです
先生から「彼女は学校に行きたいようですよ」と言われました
親としては。どのタイミングで
「学校にいつから行くか」と聞くのか?
「本人は本当に行きたいのか」
とても、確認しにくい事だと思います
その子にも
きっと「そっと背中を押してくれた人が」いたのでしょうね
じっと、家の中で、エネルギーを蓄えて・・・
飛び立つ日を、きっと待っていたのでしょう
お母さんもきっと、大変だったでしょう
・・・でも、エネルギーが満タンになったときに
タイミングよく。背中を押してもらえると
・・・まわりがびっくりするような勢いで・・・
飛び出す事が出来るようです
うちの子も今は
「今は学校が一番楽しい」と言いながら通学します
・・・授業中は良く夢の中のようですが・・・
最初の一歩が踏み出せるまで
エネルギーが満タンになるまで
早すぎず
遅すぎず
とてもタイミングは難しいけれど
背中を押すお手伝いをしてくださる人は
きっと、たくさんいますから
子供たちを応援しましょうね
私も悩める子供やお母さんたちを応援しています
  1. 2007/11/08(木) 18:51:27 |
  2. URL |
  3. かりまま #- |
  4. 編集

こちらにもコメントさせていただきます!

素敵なお話です。
自分が経験していないことってその深さが計りにくいものですよね。
息子さんは自分の経験といぅことで他の人より一回り大きな器ができているんですね。きっとふみごんさんが思うように人のことを思いやれる人に成長していくでしょう!v-352
この先が楽しみです!e-266
  1. 2007/11/08(木) 18:29:11 |
  2. URL |
  3. Yuko #Xlf.8pIU |
  4. 編集

yuuyuuさんへ

そうですね。
楽しい思い出ができるといいですよね^^

高校野球、思いを馳せるのはいいけれど、まだどこに入れるのか???という段階です。子供の希望する高校に入れるといいな~!
  1. 2007/11/08(木) 11:20:16 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

いいお話ですね。
いろんな経験が人を育てるのね。
一見、残念な思いでも、何かしら得るものがあるんですね。

優しくて明るい息子さんの今の姿、ふみごんさんにとって
感無量なんだなーと感じます。^^

つらい日を乗り越えて、優しさを増す・・。
一番素敵な人の成長の姿なのではないでしょうか。
岡本真夜の『トゥモロー』が真実味を増します。^^

自分の足で大地を踏みしめている息子さんが逞しく思えます。
  1. 2007/11/07(水) 19:44:38 |
  2. URL |
  3. 響 #WpbHSf/E |
  4. 編集

お子さんはとっても優しいのですね!やはり自分が経験をすると、同じ立場の子の気持ちが分かるんですね。その頃は、お子さん自身も、お母さんのふみごんさんもお辛かったと思いますが、こうして、人の気持ちの分かる優しい子に育ったことは、大きな宝物ですね!目標もしっかりあるようだし、本当に素晴らしいです!!!!!
その女の子も、いい友達を見つけて、また楽しい学校生活が送れるようになることを心からお祈りしています!
Megi
  1. 2007/11/07(水) 19:09:34 |
  2. URL |
  3. Megi #- |
  4. 編集

その女の子、なにかのきっかけで登校できるようになったんですね。
中学生生活は残り少ないけど、楽しい思い出を残してもらいたいですね。

二男君は高校野球ですね^^
目指せ!!甲子園!!
いい響きだな~w
  1. 2007/11/07(水) 10:21:29 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/392-dceadacf

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。