不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シェークスピアの言葉

以前に私がここで、
「今がどん底だと思うなら、あとは上昇するのみ!」
という記事を書いたことがあります。

その時、こんなコメントをいただきました。
「私は底なし沼に入ってしまったようだ。どこまでも、どこまでも堕ちていく。底なんて私には見えない。」
というような言葉でした。

そして、最近知り合ったMegiさんからシュークスピアの次の言葉を教えていただきました。

哀しみの底を突き破ったとき、そこから光がほとばしり出てくる

その記事が書かれているのは、こちらです。
http://engelsfluegeln.blog121.fc2.com/blog-entry-23.html

さすが文豪の書く言葉は光に満ち溢れていますね。

今は底が見えないかもしれないけれど、光がほとばしり出てくる時がきっと来ると思います!
それまで、決してあせらず、諦めず生きていこうよ。。。
スポンサーサイト


  1. 2007/12/04(火) 08:53:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

天使の梯子(はしご) | ホーム | 事故ゼロに向けて 風見しんごさん

コメント

クロちゃんへ

忙しくて名前入れそびれちゃったでしょうか?
コメント本当にありがとうv-22

私は元気です。心配しないでね^^
  1. 2007/12/07(金) 18:55:00 |
  2. URL |
  3. クロちゃんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

かりままさんへ

「必ずなんとかなる!」

心強いお言葉をありがとうございます。
どんなに暗い闇もいつかきっと抜け出せる!
そう信じて、ゆっくりでも回り道でもいいから、歩んでいってほしいと思います。

  1. 2007/12/07(金) 18:51:59 |
  2. URL |
  3. かりままさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

琴里さんへ

なぐさめという詩、本当に素敵ですよね。仰るとおり、言葉から光が放っているような詩ですねv-481

私はいつかきっと未来に光が見えるときがくると信じています。そして、琴里さんがおっしゃるように「高みを知らないくらい上り詰めることができる」、そんなふうに幸せe-420になっていただきたいです。
  1. 2007/12/07(金) 18:48:37 |
  2. URL |
  3. 琴里さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

Megiさんへ

私も、苦しみの中にある方も未来に光があることを信じて、前進していただきたいです。

励ましのコメント、どうもありがとうございますe-466
  1. 2007/12/07(金) 18:39:47 |
  2. URL |
  3. Megiさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/12/07(金) 02:39:51 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

素敵

v-33そうそう・・・素敵

神様に祝福されてます。
魂が喜んでますよv-33

もうすでに・・光の中にv-66

  1. 2007/12/06(木) 04:54:53 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

私もこの一年は本当に大変でした
やっと、今年も最後のカレンダーになりホットするところです。
底なしに落ちていくような「年回り」というか、そんな時期は誰にでもありますよね。
今までも何度もありました
いつも「この闇はいつ抜けるのか」と思うのですが
過ぎてしまえば、どうってことなくて・・・
ちょっと抜け出すのに時間のかかることもありますが・・・
必ず・なんとかなると!そう思っています
朝日はみんな平等にあたるんですよね。
  1. 2007/12/05(水) 09:23:06 |
  2. URL |
  3. かりまま #- |
  4. 編集

No title

Megiさまの記事、拝読いたしました。
そこに載せられていた『なぐさめ』という詩も、とても素敵でしたね。言葉全体から光を放っているかのようです。
底なし沼のような苦しみは、たしかにあると思います。仮に苦しみそれ自体が終わったとしても、今度は心がそこから抜けられないくらいの。
ただ…なんというか、『落ちている』と自分が分かると言う感覚は、すごいと思うのです。人は何にも考えられなくなったら、自分がどこにいることか、わからなくなってしまうと思いますので。ですから、(奇妙なようですが)落ちている、という感覚が残っている限りは、また這い上がれると思います。
一度どうしようもないくらい落ちた方は、もしひとたび希望を見つけたら高みを知らないくらい上り詰めることができると思うのです。今苦しんでいる方にも、そのことを思って、頑張って欲しいです。
  1. 2007/12/04(火) 20:01:15 |
  2. URL |
  3. 琴里 #tFLCjtZM |
  4. 編集

No title

ふみごんさん!
シェークスピアの引用、ありがとうございました!
どうしても抜け出せないと思われるような苦しみの中にいるかもしれませんが、もう1歩進んでみたら、そこに光がある。それを信じて前進していただきたいですね!

Megi
  1. 2007/12/04(火) 18:57:17 |
  2. URL |
  3. Megi #- |
  4. 編集

イマジンさんへ

この方の場合のこの考えは、病気によるところが強いと思いますので、それを攻めるつもりは毛頭ありません。正直な気持ちを書いてくれて、私はうれしいです。

病気云々に関わらず、どんな暗闇も、いつかはきっと抜け出せると私は思っているし、その方たちにもどうか諦めないでほしいです。

自分の過去を振り返り、どんなふうに育てられたからって原因を探ってみたり、あの時、こんなことが起きたから、今こうなってしまったんだって考えてみたりしても、過去は変えられません。過去を振り返るなと言っているのでなく、過去をそのように振り返ったら、自分は、悲しみの連鎖を繰り返さないようにする。
イマジンさんの言うように、これからは自分で自分のキャンパスを自分色に描いていってほしいと思いますe-420
今、これから・・・

そこまでの苦しさを味わっていないから、私はこんなことが言えるのかもしれませんが、ほんの一筋の可能性が残されている限り、私は決して諦めたくありません。

イマジンさんへのコメント返しになっていませんねi-230すみません。
  1. 2007/12/04(火) 16:19:03 |
  2. URL |
  3. イマジンさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

No title

人生って結局は
自分のキャンパスだと思います。
何を描こうとどんな色にしようと
自分次第・・・
底なし沼を描けば、気分も沈むし、
暖かな日差しの中を描ければ、
心も満たされる。どちらを描くのも
自分次第だ!
他人のキャンパスをのぞいて
羨ましがるなら、自分がそれ以上の
絵を描けばいい。どうせ一度の人生、
人の目なんて気にせず、キャンパスを
色ぞって観て欲しいよね。
  1. 2007/12/04(火) 15:12:32 |
  2. URL |
  3. イマジン #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/412-bb322bb5

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。