不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

信じて、黙る、聴く、先回りしない

リンクさせていただいている「思春期ブルー研究所」の掲示板に書き込まれていた言葉です。

以前にシープさんという方が書かれた詩だそうです。


親はわが子には急行列車に乗せて
目的地に早くたどりつかせようとする。

鈍行列車に乗ることを 子供が選んだら、
それを見送ることが大切だ。

鈍行列車は遅い。
しかし、急行列車とは違い、
景色はよく見えるし、味わうことができる。
そして、
時に、途中下車して、そこの人たちと
触れ合うことも また よい。

人生も同じだ。
急行で行くか、鈍行で行くか、
子供が決めればよい。


子供はなんでもわかっています。
子供の今の状態も、それが子供の人生。
これでいいんですよね
スポンサーサイト


  1. 2007/12/10(月) 01:32:47|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

人は迷惑をかけて生きていくのがサガ | ホーム | 天使の梯子(はしご)

コメント

たびたまさんへ

>不登校も グレるのも ある意味
ちゃんとした家庭がなければ できないことなんです
だから そんな子を抱えているご家庭のみなさんに
どうか 絶望しないでいただきたい と 思っています

心強いお言葉、ありがとうございますe-466
子供の心の根底にどっしり安定した信頼できる人がいることは、生きていく上で、心強いものとなりますね。

こんな記事を書いている私ですが、私こそが子供の小さい頃は、子供が躓かないように、転ばないようにとばかりしていた張本人です。子供は、不登校になって、私にこのことを教えてくれました。
これだけでなく、不登校から得たものは、数知れないほどたくさんあります。



  1. 2007/12/16(日) 19:20:16 |
  2. URL |
  3. たびたまさんへ #pRw3joXw |
  4. 編集

No title

↓(最後 切れてしまいました)

だから そんな子を抱えているご家庭のみなさんに
どうか 絶望しないでいただきたい と 思っています
  1. 2007/12/14(金) 18:12:11 |
  2. URL |
  3. たびたま #MVJDkies |
  4. 編集

ほんとうに そう思います

親が 我が子を ことさらに
急行列車に乗せてしまおうとするのは
ただスピードの利点のみならず
鈍行みたいに 途中下車するところが あまりなくて
確実に 目的地まで行ける と 確信できるから
可愛い我が子を 列車に乗せた時点で
これでもう ひと安心 と 思えるから・・・
そんな一面もあるのかな
なんて 思っています

「お母さん 心配しないでよ
途中下車したって ちゃんと
自分の力で 目的地まで行けるよ」
って 子どもたちは
言いたいのかも しれません(^ ^)
見守る側の 信頼と忍耐も
必要なんですよね
「子供はなんでもわかっています」
本当にそうです ただ 子どもたちは まだ弱いから
振り返れば ちゃんと 見守っていてくれるひとがいる
そう信じられる そんなひとがいればこそ
心丈夫に ひとりで 歩いていけるのだと思います
不登校も グレるのも ある意味
ちゃんとした家庭がなければ できないことなんです
  1. 2007/12/14(金) 18:09:44 |
  2. URL |
  3. たびたま #MVJDkies |
  4. 編集

イマジンさんへ

本当に、ゆっくり足元や空にも目を向けて、生きて行きたいですよね。私の周りにもそんなに急いでどこ行くの?という人がいます。時々、自分もそうなってしまうけれど。

子供が鈍行電車に乗ったとき、それをどんと構えてみていられるような、肝っ玉母さんになりたいものです。

  1. 2007/12/11(火) 07:45:18 |
  2. URL |
  3. イマジンさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

鈍行列車・・・

素晴らしいことです。
人それぞれ個性があって、
歩むスピードも違うよね。
足元に咲いている花にさえ
きづかない人生なんて、味気ないよ^^
特に最近の子供達とその親達を見ていると
そんなに慌ててどこ行くのと、
言いたくなります・・・
  1. 2007/12/10(月) 17:38:25 |
  2. URL |
  3. イマジン #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/415-a3885b1a

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。