不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

不登校は心のエネルギーがしぼんでしまった状態

私がいつも読んでいる思春期外来の先生が書かれている柔らかい思春期ブルーに上記タイトルの内容の記事が書かれていました。

これです。
http://blogs.yahoo.co.jp/aiaikidsclinic/38418966.html

私も不登校は心のエネルギーが減ってしまった状態だと思っており、ここでも以前から折々触れてきた(つもり?)ですが、不登校になった本人さえもが、自分は怠けているんだと錯覚し、自分を責め、さらに心のエネルギーを減らしてしまっている状態の子が意外と多いと思います。

そのことが、専門家である思春期外来のクリニックの先生によって書かれていたので、ぜひ読んでいただこうと思い、紹介しました。

しぼんでしまった心も、いつか必ず、また、元気になるときがやってきます。

真面目な子の不登校は決して、怠けではないことを周囲の人も、そして、本人も理解し、心のエネルギーが溜まるよう周りは配慮し、そして、本人はそんなときだからこそ、自分にやさしくしてほしいと思います。

また、同先生の運営する掲示板の「あいあいボード」で、とても心のこもったやり取りが行われています。投稿なさってもいいと思いますし、読んでみるだけで参考になる部分も多いかと思います。
不登校で悩まれているお父さん、お母さん!時間があったら、そして、よかったら行ってみてくださいね^^
こちらです。
http://www.bigcosmic.com/board/s/board.cgi?id=s8m8i8



スポンサーサイト


  1. 2007/12/13(木) 20:08:42|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

「旅立ち」が近づいてきた・・・ | ホーム | 人は迷惑をかけて生きていくのがサガ

コメント

Yukoさんへ

そうなんですよね。子供だけでなく、大人も辛い思いをされている方が大勢いらっしゃいますよね。

>彼も彼なりに一生懸命頑張っていて最近は少し楽になってきているように感じます。
旦那様、本人の頑張りはもちろんですけれど、その頑張りをYukoさんが認め、支えていることによるものがとても大きいと思います。Yukoさんの優しい気持ちに毎日触れて、癒されてきているのでしょうね。
大人も子供も、今、エネルギーをなくしてしまっている方は、周りが安らぎの場となり、エネルギーをためてまた、元気を取り戻していただきたいですね。
  1. 2007/12/16(日) 20:53:02 |
  2. URL |
  3. Yukoさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

響さんへ

何だか、響さんに余計気を遣わせてしまったようで、こちらこそごめんなさい。

実は、「病気」と言う言葉、私も最初気になったんですが、先生の書かれた言葉だからいいやと思ってそのまま引用してしまったんです。だから、たぶん今の方がいいでしょ!?響さんに言っていただいて本当に良かったと思ってるよ^^
私自身気づかないで書いちゃってることもいっぱいあるかもしれないから、どんどん言ってね。その方がたいへん助かりますv-221

成績、内申・・・確かに中学になると、そういうのにとらわれることが多くなるよね。学校では、たぶんたくさんそういうことに触れているから、うちではのびのびとさせてあげたいよねi-185
  1. 2007/12/16(日) 19:41:32 |
  2. URL |
  3. 響さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

Megiさんへ

真面目な子が不登校になりやすい気もしますが、今はだれでも不登校になりえると言われています。
それだけ、子供の世界もストレスを抱えた世界と言うことだと思います。

社会にMegiさんのような理解ある人たちが増えれば、エネルギーをなくしてしまった子も早く心が癒えることと思います。
社会がそう変わっていったらいいですよね。
  1. 2007/12/16(日) 19:28:16 |
  2. URL |
  3. Megiさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

No title

このような精神状態は子供だけでなく大人にもあるんですよね。
うちの主人はず-っとこの状態と戦い続けています。
私も恥ずかしながら最初の頃は主人のことを怠け者だと思っちゃったんです。でも今は違います。
朝会社に行くのが本当に精神的に辛いのですがそれを一生懸命無理して頑張って会社に出かけていくのです。
朝とにかく私が出来ることは明るい笑顔で起こすことと、前向きで明るい声をかけてお仕事から帰ってくる彼のこと楽しみに待ってるよって声をかけることだけです。彼も彼なりに一生懸命頑張っていて最近は少し楽になってきているように感じます。
不登校の子供達も同じような苦しみを持っていると思うと本当にかわいそうですね。
大切なことはふみごんさんがいつも訴えてくださっているように彼らも好きで不登校しているのではないといぅことを理解してあげることです。私達大人が彼らを理解し見守ってあげたいですね!
  1. 2007/12/16(日) 07:04:02 |
  2. URL |
  3. Yuko #Xlf.8pIU |
  4. 編集

No title

ふみごんさん。
あーもー・・ゴメンなさい。
思ったことそのまま書いちゃって。(汗。

でもでも、ふみごんさんがいいほうに解釈してくれてよかった。(´▽`) ホッ

子供が中学になって、先生たちいろんな意味で支えてくれるんだけど、
それでも成績とか内申とか、数字にとらわれてきて、親も含めて巻き込まれていかなきゃならないの?って気がして、なんだか切ないの。

家族だけは 子供の姿をそのまま受け止めたいですね。
アクティブなときも、静止しているかのように見えるときも。
  1. 2007/12/15(土) 12:22:41 |
  2. URL |
  3. 響 #WpbHSf/E |
  4. 編集

No title

不登校の子は、自分自身も苦しいし、親御さんだって本当に辛いのではなかと想像します。
今の学校は多分、勉強でも交友関係でも大変な事が多いのではないかと思いますが、純粋な子ほど、その重荷に耐えられず、学校に行けなくなってしまうのでしょうね。本当に一子供。小さな魂で一生懸命頑張っている。でも疲れ果ててしまう。怠けの正反対ではないかと思います。
回りの人たちで一生懸命励まし続けてあげたいですね!

Megi
  1. 2007/12/14(金) 18:25:38 |
  2. URL |
  3. Megi #- |
  4. 編集

響さんへ

コメントありがとう!

そうだよね。病気という言葉はちょっと(とっても?)抵抗ある人もいるよね。

「不登校」自体を認めたくない人もいるし、まして、病気と言われたら・・・

この記事のタイトル今から変えることにします。

おそらくこの先生が思っているのは、学校を休むことに後ろめたさを感じている本人や親が、病気と思うことで、「病気なら止むを得ない」と思えるようになることじゃないかな!?と思います。

人間、心がしぼむことって誰にでもあるよね。そういう時はゆっくり休んで、エネルギー貯めて、また歩き出せばいいんだよねe-343

  1. 2007/12/14(金) 17:37:20 |
  2. URL |
  3. 響さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

No title

病気って言葉使う?・・と思ったのですが、
ドクターなのですね♪

エネルギーがしぼむ時・・・って言うのは誰しもあるのかなと思います。
いつでも全開というわけにいきませんから。

とくに思春期は体も猛烈に成長するし、やることは多いし、教室に大人数つめこまーれで、
大人が考えたって疲れそうです。
進路のこと考えろ・・とか、いきなり大人の価値観の中に放り込まれるような事もありますね。

成長・歩む速度は人それぞれ。
早歩きして疲れたら休憩・・それもいいんですよね・



  1. 2007/12/14(金) 17:13:55 |
  2. URL |
  3. 響 #WpbHSf/E |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/417-f438fda9

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。