不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「旅立ち」が近づいてきた・・・

もう20年くらいも前のことになってしまいましたが、学生時代、育った家を離れ、寮で生活をしていたときがありました。
寮といっても、自炊だったので、母はときどきお米や家で採れた野菜、いただいたりんご、家で収穫した甘柿などをダンボール箱につめて宅急便で送ってくれました。隙間はチョコレートなどのお菓子でいつもぎっしり詰まっていました。

時期時期のものが入っているその段ボール箱は親の愛そのものでした。母の自筆で書かれた送り状や、野菜の調理法などがひとこと書かれたメモまでもにじーんとして、人知れず涙を流したこともありました。

離れてわかる親の愛ですね。

その私がおそらく来年には子供を送り出す側になります。
不登校を繰り返していた子が親元を離れて進学(うちの場合は進野球?)することを心から喜んでいたはずなのに、あと何ヶ月と数えられるくらいになってくると(そのことを考えると)今から寂しさがつのってきます。私の親もそんなふうに思っていたのかもしれませんね。
高校に入れば、また新しい出会いがあり、多くのお世話になりながら、また一回り成長してほしいし、成長してくれるでしょう。

未来に向かって羽ばたけよ~
親を追い越し、大きく伸びやかに


ああー、私は子離れしなくちゃ。。。


スポンサーサイト


  1. 2007/12/17(月) 00:25:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

「生きてるうちにしたいこと」 小林泉美さん 囲碁棋士6段 | ホーム | 不登校は心のエネルギーがしぼんでしまった状態

コメント

かりままさんへ

そうでしたね。かりままさんは、もうすでに子どもたちふたりも経験しているんですよね。

>帰るたびに子供が成長していく姿を」見ることができます
うちの子もこんなふうに感じることが近い将来あるのかな!?
楽しみのような、寂しいような・・・。
ほとんど毎晩、私がボールを投げて、二男がそのボールを打つってことをやっているんです。そういう時間、大切にしないといけませんね。
  1. 2007/12/20(木) 22:52:36 |
  2. URL |
  3. かりままさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

No title

私も二人の娘を送り出したのでその気持ちほんとによくわかります。次女はまた地元の中学に通っているのでずっと一緒にいますが彼女なりに「寮生活の大変さ・そして親が世話をしてくれることへのありがたさ」を感じているようです。長女はあと一年寮生活後、大学は実家から通える範囲で探しているので、再びにぎやかな生活になります。一度親元を離れることで「帰るたびに子供が成長していく姿を」見ることができます。遠く離れても「いつでも応援している」親の姿を子供は感じ取ってくれますよ。・・・寂しいけど「子離れ」ですね。
  1. 2007/12/20(木) 21:09:06 |
  2. URL |
  3. かりまま #- |
  4. 編集

yukoさんへ

そうなんですよ。今思うと、子供の小さい頃はそれでも時はゆっくり流れているように感じました。中学や高校になると、本当にあっという間に感じます。はなちゃんと過ごす時間は一瞬一瞬がかけがいのないものですよね。う~んと楽しんでくださいね^^
  1. 2007/12/19(水) 10:00:38 |
  2. URL |
  3. yukoさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

思い出す!

私が大学に進学した時田舎から東京に出て行ったんですが母がやはりいろいろ送ってくれたのを思い出します。
ダンボ-ルを空けた時の喜び。
私もひしひしと親の愛を感じたものでした。
子供を送り出すのってやっぱり寂しいものですよね。大学卒業後ウイ-ンに経つ時母の声が震えていたのを思い出します。一生懸命明るく送り出そうと努力している母の姿にこちらが涙してしまいました。
母は偉大です。今も遠く離れていても母を心の支えとしている自分に気付きます。
ふみごんさんきっと息子さんもそうやってふみゴンさんのことを一生心の支えてして生きていくんだと思います!
うちもそんなこと言ってるとアッといぅ間にその時期に来てしまいますね!
  1. 2007/12/18(火) 16:05:01 |
  2. URL |
  3. yuko #Xlf.8pIU |
  4. 編集

Megiさんへ

すみません。Megiさんまで悲しい気持ちにさせてしまって・・・
子供にはそういう気持ちを見せないようにしなければいけませんね。
門出なんだから、親のことを心配させないように、気持ちを引きずらないように、気持ちよく送り出してあげなければいけませんよね。

子供は本当に逞しく、成長しました。体はおそらく中学生には見えませんよ。いろんな経験をしながら、これからますます成長してほしいです・・・
  1. 2007/12/18(火) 08:24:51 |
  2. URL |
  3. Megiさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

yuuyuuさんへ

そうですね。本当に成長したものです。

子供の目指している高校の情報が少し入りました。
寮生と自宅通いの子と、練習着の色ではっきり見分けがつくんですって・・・。
私のありがたみがわかるかなi-235
  1. 2007/12/18(火) 07:44:19 |
  2. URL |
  3. yuuyuuさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

No title

そうやって、持ちつ持たれつしながら、親の気持ちを理解していくのでしょうね。
ふみごんさんの寂しいきもちが伝わってきて、私もなんだか悲しくなってしまいました。

でも子供の成長は素晴らしいこと!野球進学なんてなんてカッコイイ!
不登校を繰り返していた息子さんっが、こんなに逞しく巣立っていく事、心から拍手を贈らせてください!

Megi
  1. 2007/12/17(月) 20:50:56 |
  2. URL |
  3. Megi #- |
  4. 編集

No title

ちょっと淋しいですね

でも今までの苦労を考えたら、うれしい限りですよ^^

わたしも親元はなれて「ありがたみ」が分かりました。
きっとお兄ちゃんも感じると思います。

ふぁいつ!!
  1. 2007/12/17(月) 11:28:04 |
  2. URL |
  3. yuuyuu #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/418-9efddf54

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。