不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「生きてるうちにしたいこと」 小林泉美さん 囲碁棋士6段

たまたま見つけた小林さんの生き方に感動したので、紹介させていただきます。
これです。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/92833/

・・・・生きていなくても、いまでも守ってもらっていることをいつも実感している。
お弟子さんだけでなく、囲碁で出会ったすべての人から温かな心をいただくことができ、そこから会ったこともない祖父に対して感謝の気持ちがわいています。
人は神様仏様に守られていると聞きますが、ご先祖様にも守られて今の自分があることを小林さんは実感しているのですね。

この世に生をうけた者には必ず使命があり、その使命を全うすることが人生を全うすることだ
祖父の好敵手であり、大切な友人でもあった呉清源先生にいただいたすばらしいお話。
小林さんはそれが生きていく上で大事な柱となっているのですね。
小林さんの囲碁に対する強い恩恵の念。囲碁の心の輪を次の世代に伝えることが小林さんの使命なんですね。


地球温暖化や凶悪事件が増えたりなど、自分自身も含め、とかく今の社会を憂うことが多いと思いますが、今、このように不自由なく暮らしているのも今生きている年配の方たちはもちろん、もうすでに亡くなられている多くの人のおかげ。
そう考えると、本当に自分は見えるもの見えないもの、多くのものに守られているんだな~と思います。
自分が生をうけた使命ってなんだろう?考えてみたいと思います。
スポンサーサイト


  1. 2007/12/18(火) 07:37:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大野勝彦さん | ホーム | 「旅立ち」が近づいてきた・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/419-95e48db0

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。