不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大野勝彦さん

世の中には、大きな試練にあって、ますます光り輝いている人がいるものですね

不慮の事故で両腕をなくされた大野勝彦さんは、今、絵を描くことと講演活動で、人々に勇気と希望を与え続けています。
次の中の動画で、大野さんのことがわかりやすく紹介されています。
http://www.sinkan.jp/special/sunmark/ok/index.html

次がご本人のホームページです。プロフィールやメッセージはもちろんですが、この中の「今週の絵手紙」、バックナンバーも含め、ぜひご覧ください。お薦めです。
http://www2.infobears.ne.jp/oonokatuhiko/


両腕をなくしたからこそ、気づいたもの、見えたものがあるそうです。
だからこそ、私達に伝えたい思いがたくさんあるのでしょうね。
なかなか阿蘇までは行けませんが、せめてこの絵手紙の更新を楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト


  1. 2007/12/18(火) 08:42:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

モラロジー研究所 | ホーム | 「生きてるうちにしたいこと」 小林泉美さん 囲碁棋士6段

コメント

イマジンさんへ

そうなんですか。
伯父様の不撓不屈の精神ってすばらしいですね。

実は、私の伯父も、仕事中の事故で機械に巻き込まれ、片足を失い、義足の生活をしています。
定年間近の事故でした。今は自己流に絵を描き続けています。絵は温泉施設に展示されたり、近くの病院に寄付をしたりもしています。

言うは易しですが、おそらく、相当の精神的な葛藤もあったと思います。不撓不屈の精神、見習いたいものですね。
  1. 2007/12/20(木) 22:29:45 |
  2. URL |
  3. イマジンさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

るなさんへ

るなさんは直接大野さんにお会いし、お話を聴かれたことがあるのですね!やはり素敵な方なのですね^^

大きな試練を経て、光り輝く姿は、我々に生きる希望を与えてくださいますよねe-420
  1. 2007/12/20(木) 22:15:01 |
  2. URL |
  3. るなさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

素晴らしい方ですね・・・

実は自分の伯父も、事故で
片腕を切断しました。
しかし、片腕なのに35年間も
タクシーの運転手をなさっていたんです。
不屈の精神ってあるんですね!
とても勇気をもらえる記事です。
  1. 2007/12/19(水) 22:44:23 |
  2. URL |
  3. イマジン #- |
  4. 編集

琴里さんへ

絶望を乗り越え、失ったものの変わりに手に入れたものを実感できている、琴里さんの前向きな考え方、素敵です。
琴里さんの詩から、琴里さんが詩に情熱をかけているのが伝わってきます。魂の詩ですね。だから、人が引き寄せられるのでしょうね!
  1. 2007/12/19(水) 10:07:52 |
  2. URL |
  3. 琴里さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

No title

10年ほど前、大野勝彦さんの講演会があり
お話を聞いたことがあります。
大きな試練を経て、自分がすごくかわられたことを、
飾らない言葉で話していらっしゃいました。
事故に遭うまでの自分の事も、まっすぐに語られていて、
あぁすごい方だなって思いました。

大野さんのHPがあることは知りませんでした。
ありがとうございます。早速訪問したいと思います。
  1. 2007/12/19(水) 10:05:08 |
  2. URL |
  3. るな #8gsBqL4Q |
  4. 編集

No title

大野勝彦さんについては『はい、わかりました。』という本を出した人だなっていうことは存じ上げておりました。
(中吊り広告で見ただけなので、詳しい詩の内容などは知りませんですが…)
両腕をなくされるという、とんでもない喪失にあってでも、それでも、人々に希望を与え続ける、そこから何かを見出すと言うのは、
きっと彼だからこそできたのだろうと思います。
ただ、(大野さんと比較するのはあまりにも論外ですが)
何かを失って代わりに何かが見えるという気持ちは、なんとなくですが、わかります。
自分も本格的に毎日詩を書くようになったのは、うつ極期を体験したからでした。
うつになって仕事、自信、勇気、体力、誇り…たくさんのものを失いましたが、かわりに、違う何かを手に入れたのだと、今は、思っています。
  1. 2007/12/18(火) 20:19:35 |
  2. URL |
  3. 琴里 #tFLCjtZM |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/420-df543bbc

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。