不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを感じる

寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを感じる。
人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。



これは、ウォルト・ホイットマン(アメリカ)の詩集「草の葉」の中の1節だそうです。


うちの子が高校に合格をし、お祝い気分に浸っている時にも、この世の中には自分が病気になり、病気と向き合っている人がいたり、ご家族の入院に付き添っている方がいたり、子育てに悩んでいる方がいたり・・・。
当たり前なことなんだけれど、世の中には同時進行でいろんな思いをしている人がいるんだなと少ししみじみ思ったりしていました。

ホイットマン氏のこの詩を読んで、本当にその通りだな~と思いました。

ブログを通して、いろんな方と出会いました。

子供が不登校になったからこそ、笑顔でいられることのありがたさを感じている人。
病気になったからこそ、命のありがたみを痛切に感じている人。 
つらい経験の中で、人の温かさを知り、恩返しや恩送り*をしている人。  などなど

人間はいろんな経験を通して、人間味を増していくものですね!
深く深く大地に根を張っていくというか!
人間っていいな~

*恩送りの説明 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%A9%E9%80%81%E3%82%8A(ペイフォワードとも言います。)
スポンサーサイト


  1. 2008/02/04(月) 17:10:06|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

フィットネス | ホーム | 皆さん、お祝いコメントありがとうございました!!!

コメント

犬用品・犬

犬用品・犬 http://primus.archiunite.net/
  1. 2008/12/01(月) 05:57:51 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

美鳥さんへ

コメントありがとうございます!

「闇があるから光がある。」
そして闇から出てきた人こそ、
一番本当に光のありがたさがわかるんだ。


すてきな言葉ですね~!
美鳥さんが大切にしている言葉ってよ~くわかります。

そうそう!人ってあたたかいですよね。美鳥さんは人一倍あたたかさを感じることができる人なのかもしれませんね。
私も不登校のことで手を差し伸べてくれる人がいたり、ブログを通して大勢の人の心に触れ、人ってあったかいな~ってつくづく思います。
そういうあったか~い気持ちを社会に循環させていけたらいいな~と思います。
  1. 2008/02/06(水) 02:49:03 |
  2. URL |
  3. 美鳥さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

たびたまさんへ

たびたまさんの仰ること、その通りだと思います。
人はそれぞれ違ったテーマの問題を魂を磨くために神様から与えられ、それを乗り越えるたびにますます魂は磨きがかかって光り輝いていくのですね。


  1. 2008/02/06(水) 02:33:48 |
  2. URL |
  3. たびたまさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

人の温もり

ふみごんさん こんばんは。

以前の「つもり違い10か条」も、とても心に残る言葉でした。
今回も、素晴らしい言葉に触れさせて頂いて、ありがとうございます。
私の好きな言葉で、
小林 多喜二さんの『書簡集』に出てくる一節があります。

「闇があるから光がある。」
そして闇から出てきた人こそ、
一番本当に光のありがたさがわかるんだ。

大好きで、苦しいときに思い出すのですが、
ふみごんさんが書いてくださった言葉に似てるなぁ、と思いました。

辛いことに出会えば出会うほど、人の温かさを感じます。
太陽。
人の温かさって、太陽に似てるな、と思いました。
ほんとに、人間っていいですね。

          
  1. 2008/02/06(水) 01:30:19 |
  2. URL |
  3. 美鳥 #xz5EEijk |
  4. 編集

ふみごんさん この詩のご紹介も 素晴らしいですね~
それぞれ苦難の内容は違うけれど みんな何かしら問題を抱えている
人生を 生きていきながら 1つでも多く 経験を重ねて
感謝のこころをもち また ひとの苦しみにも思いを至らすことが
だんだんと できるようになっていくのだと思います
だから どんなことでも・・・
ほかの「もっと大変な」ひとたちから 見たら
たいしたことない と思われるような問題でも
やっぱり それを体験して 悩んだり苦しんだりしながら
克服していくことって 大切だなぁ と思います
きょうも ありがとうございました(^ ^)

  1. 2008/02/05(火) 11:26:51 |
  2. URL |
  3. たびたま #MVJDkies |
  4. 編集

まほさんへ

人さまの悲しみも、悲しい経験がなければ、
ほんとうのところはわかりません。

そうですね。同じ経験をした人はその人の心にやはり寄り添いやすいと思います。病気や障害などの苦しみや大切な人を亡くした、いじめにあったなど、その人その人の本当の心は本人にしか結局はわからないと思います。同じ状況になっても、人によって感じ方はそれぞれということもあるし・・・。だから、「ひとりひとりの気持ちに寄り添う。寄り添おうという気持ち。」結局それが大切なんだと思っています。

世界に目を向ければ、たくさんの命がうしなわれています。
今あるあたりまえに感謝し、謙虚な気持ちで生活したいです。

今私の周りにあることが当たり前ではない人たちがいることを自覚して、私も、謙虚に、そして感謝して生きて行きたいです。
  1. 2008/02/04(月) 19:58:16 |
  2. URL |
  3. まほさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ありがとうです

ふみごんさん、いい記事のご紹介ありがとうです。
全くその通りだと思います。
人さまの悲しみも、悲しい経験がなければ、
ほんとうのところはわかりません。

日本では、はしかで命をなくすことはないですが、
世界に目を向ければ、たくさんの命がうしなわれています。
今あるあたりまえに感謝し、謙虚な気持ちで生活したいです。
  1. 2008/02/04(月) 18:05:52 |
  2. URL |
  3. まほ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/443-746fc022

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。