不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

難病の球児 愛工大名電 ~柴田章吾くん~

我が家の野球少年がめずらしく「これ見たほうがいいよ!」と薦めてくれた動画をここでも紹介したいと思います。
うちの子がそんなふうに薦めることは滅多にないので、うちの子にとっても余程心に響いたのではないかと思います。

概略は次の通りです。

愛工大名電の柴田章吾君は昨年夏、愛知県大会では優勝投手となり、甲子園でもマウンドにあがった球児です。
でもそんな勇姿とは裏腹に、柴田君はベーチェット病という難病を抱えていたのです。
中3で発病し、ストレスが病気を悪化させてしまうので、医師には野球を続けるのは無理と宣告されますが、柴田君は甲子園を目指し野球を続けます。
高校の野球部の練習では、仲間と同じハードなメニューはこなせません。グランドの片隅でひとり別のメニューをします(メニューと言えるものかわかりませんが)。また、寮での食事もひとり別メニューを監督の奥様が作ってくださるのです。それでも、頑張り過ぎると症状が悪化し、入院となってしまいます。

思いっきり野球をやりたい!それなのに、できないつらさ。

本人でなければ、本当のつらさはわからないかもしれません。
それでも、あきらめない甲子園までの道のり、柴田君を取り巻く周りの姿、特に監督の厳しさとあたたかさには心を打たれます。


詳細は次の動画で!時間があるときにでも、見てみてくださいね^^





-これを見て-

リスクも当然考えられる、治らない病気の子を監督の方から希望して受け入れる倉野監督の姿に、私はまず心を打たれました。
子供たちの姿や表情だけでは掴みきれないひとりひとりの心の内を掴もうと倉野監督が実践している生徒との交換日記。
倉野監督から生徒に向けた朱色の文字。
倉野監督は厳しさと優しさを兼ね備えたすばらしい監督だと思いました。(私が批評できる立場でないですが)
退院してきた柴田君をあたたかく迎える仲間たち。
本人のみならずチームがひとつになり、甲子園に向けて体調管理をしてきたからこそ、甲子園で好投し、自ら打点までたたき出すという活躍ができたのだと思います。(レフトオーバーのタイムリー3塁打を放ったそうです!)

これを見て、時間が経つにつれてだんだんいろんな思いが私の頭をよぎりました。

以前にも何度も書いてきたことですが、私の周りにある今当たり前のことが、当たり前でない人たちが世の中には大勢存在するということ。

運動をしたくてもできない人がいる。
不潔な水でも、生命を維持するためには飲まざるをえなかったり、病気になっても医師もいないし、薬もなくて、ただ死を待つだけしかできない人たちもいる。
戦争に巻き込まれ、住む家をなくした人、体の一部をなくした人、命を落としてしまった人。などなど

私と言ったら・・・

フィットネスでも何かを食べることでも私が望めば、なんでもできる。
当たり前のように蛇口からは清潔な水やお湯が出て、あたたかい家に住み、着るものにも食べるものにも困らない。
たとえ、病気になったとしても、今の日本でなかったら、治療するどころか、病気を見つけ出すことすらできなかったかもしれない。

この動画を見て、改めて、今、私の周りにある当たり前に感謝をして生きていこうと思いました。

素敵な動画を教えてくれた我が子にも感謝です。


スポンサーサイト


  1. 2008/02/13(水) 17:57:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

深い深い母の愛  彩花へ-「生きる力」をありがとう | ホーム | つらくても最後には貴方が必ず勝ちますよ

コメント

口紅を探すなら

口紅の検索サイト。ランキング、落ちない、ディオール、MAC、シャネルなど口紅に関する各種情報をお届けしています。 http://masthead.portocallrestaurant.com/
  1. 2008/11/26(水) 07:40:31 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

柴田君の後輩君へ

よくこの記事を見つけてくださいましたね!
コメントありがとうございますv-10

柴田君の後輩なんですね。
それなら、テレビで見るなんかよりずっとそばにいて実際に関わってきたわけだから、ずっと思いも強いのでしょうね^^

>でも俺はそんな先輩を心の底から尊敬しています

難病を背負っても野球を諦めなかったことが
甲子園出場の第一歩でした
だからいろんなことで
諦めないことが大事だと知りました


心の底から尊敬できる先輩がそばにいてくれたこと。ありがたいことですね。そこから、何を感じ取るかはその人その人次第だと思うのです。あなたが、「いろんなことで諦めないことが大事だ」と知ったこと。とても、大事な人生勉強ができたと思います。
まだまだ後輩君は若いから、いっぱいいっぱい素敵な出会いがあったり、いろんな経験を積み重ねていくのでしょうね^^!
柴田君の後輩なら、きっと辛い先に喜びがあることもすでに経験済みだと思います。
つらいことも嬉しいこともまるごと人生を楽しんでね^^

  1. 2008/02/22(金) 17:14:55 |
  2. URL |
  3. 柴田君の後輩君へ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

柴田君は俺の中学の先輩です
中3で発病して辛かったと思います
でも俺はそんな先輩を心の底から尊敬しています
難病を背負っても野球を諦めなかったことが
甲子園出場の第一歩でした
だからいろんなことで
諦めないことが大事だと知りました
やっぱりすごいです
  1. 2008/02/20(水) 23:54:14 |
  2. URL |
  3. 野球少年 #- |
  4. 編集

Megiさんへ

さっき、コメント書いたのに、消えてるv-12
どうもパスを使って書き直すと消えてしまうときがあるみたいなので、テンプレ変えてみま~す!

苦難困難を克服して頑張っている姿には、本当に心打たれますよね!
>日々、命が与えられ、生かされ、愛を与え合う人生を許されているこの人生に感謝です。
そうですね。私も感謝の気持ちをもって生きて行きたいです!
いつもありがとうv-22

  1. 2008/02/15(金) 02:48:32 |
  2. URL |
  3. Megiさんへ #- |
  4. 編集

イマジンさんへ

ご自身が野球少年だったイマジンさんはやはりこのことをご存知だったのですね!
というか、知らないのは私だけv-12
こういう子からは本当に多くのことを学びますね。
自分がやりたいスポーツを思い切りできることが、どれほど幸せなことなのか、忘れないようにしたいです。
  1. 2008/02/15(金) 02:38:04 |
  2. URL |
  3. イマジンさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

のんきははさんへ

この高校はご実家のそばなんですね!
それなら、このことはよくわかっていたことなんでしょうね。
お父様は子どもの頑張りに元気をもらっていたのかもしれませんね^^
  1. 2008/02/15(金) 02:34:04 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

dairuさんへ

dairuさんは、外国を回っているから、日本のありがたさはひしひしと感じているかもしれませんね!

私も五体満足の体、めぐまれた環境に感謝感謝です!
  1. 2008/02/15(金) 02:30:59 |
  2. URL |
  3. dairuさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

去年の夏・・・

甲子園でのからの活躍を
観ていました・・・・
どんなに辛くても野球に対する思いが
枯れを甲子園へと導いたのだと
思っています。。。
人生を命一杯生きている彼に
大きなものを学びました。
  1. 2008/02/14(木) 17:43:19 |
  2. URL |
  3. イマジン #- |
  4. 編集

散歩コース

実家のすぐそばに 名電のグランドと寮があります。
脳梗塞のリハビリで散歩する父のお気に入りコースです。
近くまでいくと、お風呂場から声が聞こえ、洗濯をしている一年生らしい姿がフェンス越しにみられます。
柴田選手のことはニュースで知りました。
直接見ることは無かった・・・というか ユニフォーム姿では 誰が誰やら・・・。
でも、ちかくで頑張っている子の姿は 父の元気にもなったのかなと思いました。
みんな がんばれぃ。
  1. 2008/02/14(木) 12:50:39 |
  2. URL |
  3. のんきはは #- |
  4. 編集

うん、うん。

ふみごんさん。おはようございます(*^_^*)
ベーチェット病気。聞いたことがあります。
自分自身が、五体満足であること、
日本人であることでどれだけ贅沢なのか。。。
いつも考えます。
お風呂に入っていれば、
「あ、、、眠る場所があり、水もあって、贅沢にもお風呂に入れている・・・。私はなんて恵まれているのだ・・・」と考えます。
環境をふりかえれば、どんなに辛いことがあっても、
他の悩み事なんて屁みたいなもんです!(^^)!
  1. 2008/02/14(木) 05:55:42 |
  2. URL |
  3. dairu #- |
  4. 編集

いつもいつも感動的なお話をありがとうございます!

本当に、苦難を乗り越えて頑張っている人たちを見ると、五体満足で生まれた私たちは、何に不満があるのかって、反省させられちゃいますね。
苦難困難を克服して頑張っている姿は、私には本当に天使のように見えます。私たちに、何か大切なことを教えてくれようとしている・・・。
そしてその周りで愛で支える人たち。そして、こうしてそのお話を伝えてくれる人。
すべての事に感謝です。

日々、命が与えられ、生かされ、愛を与え合う人生を許されているこの人生に感謝です。

ふみごんさんの息子さんにもありがとう!!!
  1. 2008/02/13(水) 18:44:08 |
  2. URL |
  3. Megi #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/447-299b9815

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。