不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

山ちゃんこと  山田泉さん  

リンクさせていただいている響さんのところで「私のお気に入り」として紹介されている本『「いのちの授業」をもう一度』。

今までずっと気になっていたのですが、最近なんだか今までにも増して気になってきて、インターネットで山田さんのことを調べたり、その本自体を購入して読んでみました。

山田さんは、自分の経験に基づいた「いのちの授業」をして、テレビや新聞などで多数紹介されている有名な方なんですね。(今は体調不良のため、授業はお休みされています。)

残念ながら、今まで私は一度もテレビ等でお目にかかったことがありませんでした。(響さんが記事にしたときも、残念ながら見逃していました><)

山田さんのことが紹介されている文章をひとつここで紹介。(わかりやすく書かれていると思います。)
http://mytown.asahi.com/oita/news.php?k_id=45000190802200001

調べていくうちに、山田さん自身が書かれているブログも見つけ、ずうずうしく書き込みをしたりなんかして・・・。
山田さん自身のブログはこちら。
http://yamachan.biz/

書き込んですぐにまさかの入院になってしまったので、心配していたら、昨日、今日とご本人により更新されていたので、私も今日こそは山田さんのことを記事にしなくちゃ!と、こうして書いているわけです。



ここで、山田さんの尊敬するお友達、永六輔さんが書かれたもので、山田さんが大好きな詩を紹介します。

「生きてゆくということ」

生きていることは 誰かに借を作ること
生きてゆくということは その借を返してゆくこと
誰かにそうしてもらったように
誰かにそうしてあげよう
生きてゆくということは 誰かと手をつなぐこと
つないだ手のぬくもりを忘れないでいること
めぐりあい 愛しあい
やがて別れの日 その時に悔やまないように
今日そして明日を生きよう
人は一人では生きてゆけない
人は一人では歩いてゆけない


そして、山田さんの今回の入院にあたり、山田さんがいのちの授業をした上市来小の6年生たちが作った「山ちゃんに贈る歌」を紹介します。
(山田さんのブログの3月2日の日記のコメント欄より引用。)

作詞:上市来小6年生 作曲:村末ゴン


山ちゃんから 教わった
いのちの重さ 大切さ
限りある この命(とき)の中で
小さなよろこびを ともにたくさん
味わって 生きていこう
 山ちゃんの 元気の源(もと)で ありたいから
 わたしたちは 手をつないでいくよ
 負けないで まだまだ生きて 生き抜いて


忘れられない あの日から
あなたの笑顔は 最高だから
またあなたに 会いたいよ
いのちは大切だって 一緒に生きようって
教えてくれて ありがとう
 山ちゃんの 元気の源で ありたいから
 わたしたちも 今を大事にするよ
 負けないで まだまだ生きて 生き抜いて


苦しいのなら 少しでも
楽になるように 応援するよ
笑うことができないなら
少しでも明るく 元気が湧くように
楽しい話を たくさんするよ
 山ちゃんの 元気の源で ありたいから
 わたしたちは 声合わせ歌うよ
 負けないで まだまだ生きて 生き抜いて


そして、こちらはお嬢さんから見たお母さん。1位学長賞をとったお嬢さん真美さんの論文。
http://www.iuk.ac.jp/~tanemura/yamadaronbun.htm

山田さんの生き方には教わることがたくさん!
皆さんもよかったら、『「いのちの授業」をもう一度』、読んでみてね^^
山田さんの人柄が現れていて、笑いどころもたっぷり。
笑ったり、泣いたりのとってもお薦めの本です!

最後に、山田さんの体調が快復されますよう、心からお祈りいたします。

スポンサーサイト


  1. 2008/03/07(金) 23:18:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:19

ホワイトソースを作らない、グラタン♪ | ホーム | ちりとてちん

コメント

所定労働時間と30代,40代の転職

所定労働時間とは、就業規則や雇用契約書で定められた労働者の労働時間のことをいう http://machinate.misterblackband.com/
  1. 2008/11/15(土) 07:17:32 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

yukoさんへ

そうですね。
授業をした内容が、子供たちの心にしっかり刻まれたことがこの詩から伝わってきますね。

そして、山ちゃんの生き方自体に、大人も子供も心打たれます。

入院中までも、講演をしているバイタリティーに頭が下がります。
一分一秒も無駄にはできないという信念からでしょうか。
そして、それを支える人たちもとても温かくて、山ちゃんの様子を覗きにいくのが楽しみです。
  1. 2008/03/12(水) 20:51:18 |
  2. URL |
  3. yukoさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

Megiさんへ

>子供たちを愛し、心の授業をしてくれる先生がたくさん出てきてくれることを切に願います。

私も心からそう思います。
Megiさんのお父様のような、授業を脱線して、外に抜け出すような先生大好きですe-266

こういう授業を受けた子たちは幸せですね。
きっと、心に刻まれた授業は、生きていく上での指針となり、一生の宝物になると思います。
  1. 2008/03/12(水) 20:44:47 |
  2. URL |
  3. Megiさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ルレクチェさんへ

ルレクチェさんは、山ちゃんのこと、ご存知だったのですね!

>私は同じ運命を背負った時・・・こんな風に生き抜いていけるだろうか

私もそう思います。きっと、落ち込んで、自分の人生を憂い、悲観し、悲しみのどん底から抜け出せないでいるかもしれません。

でも、こうして山ちゃんのような人がいることを知り、心に刻み付けておくことで、何か変わるような気がします。

山ちゃんのような生き方ができたら、サイコーですね!
  1. 2008/03/12(水) 20:39:46 |
  2. URL |
  3. ルレクチェさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

琴里さんへ

本当にどちらもすばらしい詩ですよね^^

琴里さんが、早く死にたい・・・と思っていた頃からお付き合いさせていただいてきましたが、人との出会いによって、人って変わるものですよね。って、評論できる立場でないですが(><)

今の琴里さん、とっても力強さを感じるし、誰かの為にって頑張っている姿を拝見し、私も励まされています。

その姿は光り輝いています!e-420
私も一緒に頑張りたいです^^

  1. 2008/03/12(水) 20:35:42 |
  2. URL |
  3. 琴里さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/03/12(水) 17:29:24 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

村松ゴン先生へ

わざわざここにお越しいただき、ありがとうございますe-466
子供たちが作った詩を私が勝手に紹介しましたことを、快く許してくださり、ありがとうございますv-421

子供たちが作った詩、読んだときはウルウルしてしまいました。突然の入院でびっくりしていたところだったので。
山田先生の授業がとても心に響くもので、子供たちの中にその内容が沁み込んでいる事、そして、それを教えてくださった山ちゃんへの親しみの気持ちがずしんと伝わってきますね。

山ちゃんは、本当にすてきなでっかい人なんですねv-221

山ちゃんへのこの歌のプレゼントはきっと力を与えてくれるものと思います。この歌を歌うことで、クラスはますます気持ちがひとつになるのでしょうね。知識の部分を教えることも大切ですが、人が生きていく上で、一番大切な部分の勉強を子供たちはしているように私は感じます。すばらしい勉強をしていますね。山ちゃんや村松先生のような先生、私は大好きですv-22

  1. 2008/03/12(水) 01:05:18 |
  2. URL |
  3. 村松ゴン先生へ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

dairuさんへ

人は一人では生きていけない。誰かにそうしてもらったように、誰かにその借りを返していく。

私もそういう生き方をしていきたいです。

>いろいろな人に支えられ、助けられ、鍛えられ、

そうですね。人がいて、人との接触から何かが生まれる。助けられるばかりでなく、鍛えられることもありますよね。
すべてが、人生。無駄なことはないですね。
  1. 2008/03/12(水) 00:47:41 |
  2. URL |
  3. dairuさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

るいさんへ

お声をかけていただいて、ありがとうございましたe-466出会いに感謝です。

本当にすばらしい詩ですね。
山田先生が、大好きな詩って、よ~くわかりますよね。

人が生きていくときの指針となるような。

私もこの詩に書かれたような人生を歩んでいけたらいいな~と思います。

これからも、よろしくお願いいたします。
  1. 2008/03/12(水) 00:43:03 |
  2. URL |
  3. るいさんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

響さんへ

響さんのパワーとやさしさ、おもしろいところ、山田先生と似ているかも!って、思います。

>『衣食足りて 礼節を知る。』 はずなのに・・違うベクトルを感じます。
礼節てのは、自分や自分の周りの人への礼儀・節度
それはポーズだけでなく、心からのものである事が一番で、
そこにはやはり 自分が『大切な1人』だと自覚できる、また自分のように他の人も『大切な1人』と思える。そんなことって大事だと思います。

そうですね。誰かと向き合うときは、そこに心があるかって大切だと思います。そして、自分が大切な一人であるように、他の人も皆大切な一人。忘れないようにしたいことです。

背中で大事なことを伝えられる大人に、私もならなきゃ!です。
響さんの行動は少なくとも私には手本としたい背中です。
お子さんは、きっと響さんの背中を見て、育っていると思うよ。記事中からそれが伝わってきて、素敵な親子関係だな~と思っています。
  1. 2008/03/12(水) 00:39:38 |
  2. URL |
  3. 響さんへ #DpPCjZ4g |
  4. 編集

感動!

上市来小6年生の詩涙が出てきました。
素晴らしい。
そしてこの詩を書かせてしまったこの山田泉先生の人間の大きさに感動しました。
病気に負けず明るく前向きに生きる姿彼女のブログから伝わってきます。
とっても勇気付けられますね。
私も山田さんの快復心からお祈りしています!
  1. 2008/03/11(火) 10:11:14 |
  2. URL |
  3. yuko #Xlf.8pIU |
  4. 編集

ふみごんさって、本当に素敵サイト探しの天才です!
そして、こうして私たちにも紹介してくださり、本当に感謝です。

小学校6年生の書いた詩が素晴らしいですね。
山ちゃん先生って、本当に素晴らしい先生だったんだって伝わってきます。

今、学校のなかでは色々問題も多いですが、やはり教師は聖職だと私は思っています。
子供たちを愛し、心の授業をしてくれる先生がたくさん出てきてくれることを切に願います。
  1. 2008/03/10(月) 23:03:45 |
  2. URL |
  3. Megi #- |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/03/10(月) 22:07:22 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

TVで知りました

ちょっと前にTVで山ちゃん(番組でずっと彼女をこぅ紹介していたので、山ちゃんと書かせてくださいね)を知りました。
その時、とっても深く心に思ったのに・・・ここで見るまでまた忘れていました。
思い出させてくれて、ありがとです。
『私は同じ運命を背負った時・・・こんな風に生き抜いていけるだろうか』
そう思いました。考えました。
ご病気が少しでも良くなられますように!お祈りします。
  1. 2008/03/09(日) 23:12:17 |
  2. URL |
  3. ルレクチェ #mQop/nM. |
  4. 編集

生きていくということ、という詩の重み、
今はよくわかります。
かつては早く死にたい&なぜ人は一人では生きられないの?
と思っておりました。
生きるだけで人を支えそして支えられている、
すごく素晴らしいことなんですよね。
そして、『山ちゃんに贈る歌』
これまたすばらしい歌詞だと思います。
みんな、それぞれで、人の役に立っている。
自分も、自分のブログの詩や生き方を通じて、
伝え続けてゆきたいなって思いました。
  1. 2008/03/09(日) 22:16:47 |
  2. URL |
  3. 琴里 #tFLCjtZM |
  4. 編集

山ちゃんからの学び

ふみごんさま

山ちゃんのブログから辿ってきました。
子どもたちが作ってくれた「山ちゃんに贈る歌」、ご紹介下さり、ありがとうございます。山ちゃんが入院したことを知り、元気を出してもらえるようにと、みんなで作った歌です。今、教室で毎日歌い、録音のための準備をしています。

山ちゃんの授業の後、「ぼくの人生観が変わった…」と綴った子がいましたが、彼女は子どもたちにとって本当に大事なことを伝えてくれました。本当に、すてきな、でっかい人です。

山ちゃんの
  1. 2008/03/09(日) 22:05:15 |
  2. URL |
  3. 村末ゴン #- |
  4. 編集

人は・・・。

ふみごんさん♪ こんばんは(^v^)
すてきな詩ですね。
「人は一人では生きていけない」
本当にその通りですね・・・。
いろいろな人に支えられ、助けられ、鍛えられ、
今日の自分があり、これからもそうでしょう。。。
「借りを返すこと」
私も支え、助けることができる人間でありたいです。
ふみごんさん♪
いつもすてきな発信をありがとうございます(^_-)-☆
  1. 2008/03/09(日) 20:58:15 |
  2. URL |
  3. dairu #- |
  4. 編集

ふみごんさん、はじめまして。
訪問履歴から辿って参りました。

素敵な詩ですね。本当に素敵で、ジーンとしてしまいました。
こんな素敵な詩を知ることが出来て良かったです。
永六輔さんの詩って、心に響くものが多いんですね。
私が知っている詩もすごく心に響くものでした。

山田泉先生のこともこちらのブログで初めて知り、先生のブログも
今後読んでいこうと思っています。
またこちらにも伺うかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
  1. 2008/03/09(日) 08:05:50 |
  2. URL |
  3. るい #uvrEXygI |
  4. 編集

こんにちは。ふみごんさん。

山田泉先生については、『一緒の時代に生きているということが素晴らしい。』と思えるくらい素敵な人だと思ってます。

最近の私達の生活のなかでは、命とか人生のありがたみといったものが
なんだかないがしろにされていないだろうか・・?と
ふと思うことがありますよね。
高い水準の知識や教養があったり、食べ物も満たされている、
『衣食足りて 礼節を知る。』 はずなのに・・違うベクトルを感じます。
礼節てのは、自分や自分の周りの人への礼儀・節度
それはポーズだけでなく、心からのものである事が一番で、
そこにはやはり 自分が『大切な1人』だと自覚できる、また自分のように他の人も『大切な1人』と思える。そんなことって大事だと思います。

子供達のいじめの常套句『死ね』とか『ウザい』という言葉に
ハッとしたとおっしゃる山田先生。
私はテレビ放映を通してでしたが、
養護教諭という職業を通して、学生達にたちどの人にも『大切な1人』として接し、行動をもって教える彼女の姿勢に胸打たれました。
そしてまた、自分も 自分の前を通る自分の娘やお友達にも背中でダイジなことを伝えられる大人にならなきゃ・・と思います。
本当に優しくてパワフルな山田泉先生に感謝です。

私も山田先生の体調が回復される事を願ってます!

  1. 2008/03/08(土) 15:21:19 |
  2. URL |
  3. 響 #WpbHSf/E |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/456-d01df1e9

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。