不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

幼稚園生、保育園生なら・・・

私自身がたどってきた道だから、今思うのは、幼児期の対応の仕方について。

その時は自分も子育てや仕事に必死。今のような大きな心にはなれなかった。

今休むと、甘えてしまう癖になるとか、周りの人に知られたら恥ずかしいとか。こんなに私は大変なのに、どうしてわかってくれないの?なんて、思っちゃって。

でも、子供って自分は守られているんだと、しっかりした安心感が持てると、次に歩き出せるんだと思う。母親との信頼関係がしっかり築けていないうちに、離そうとしたり、事実、離れたりしちゃうと、子供って親が思う以上に、不安になっちゃう。大丈夫だよって、しっかり寄り添ってあげていると、不思議と自分ひとりで歩き出せるんだよね。
また、元気いっぱいに。

幼児期に突き放さないで、ちゃんとしっかりと、寄り添ってあげれば、こんなに引きずることはなかったかもしれない・・・

親にとっても、子供にとっても、人生80年としたら、たったの4~5年。しっかり、寄り添ってあげてください。 からだも心も! 特に、心!

もし、まだ子供が歩き出せないなら、充電が足りないんだと思う。あせらず、ゆっくり、前に進めば、必ず、ひとりで歩き出せるときが来ます。安心してください。そして、心から笑顔で接することができたときに、子供も歩き出します。
スポンサーサイト


  1. 2006/03/09(木) 08:28:23|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今このときは、必要な時間なんです! | ホーム | 時には思いっきり泣いて!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/6-1f82b962

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。