不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子供への声かけ

私はしばしば「部屋を片付けなさい!」と言います。

子ども自身が片づけができる子になってほしいというのも、ありますが、私の場合、よく考えてみるとその状況が私にとってあってはならない状況であり、自分の不快感を晴らすための言葉であることにある時、気づきました。

片付けのことだけでなく、私が発した言葉が、世間体を気にした結果の言動や行動になっていないか、自分の不快感情を晴らすための、言動や行動になっていないか、後から考えると、反省ばかりです。

自分の気分を晴らすための叱りでなく、子ども中心の言葉がけになっているか常に考えて行動できたらいいなと思います。

スポンサーサイト


  1. 2006/06/10(土) 00:45:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

先生からのお便り  早退について | ホーム | 魔法の言葉

コメント

毎日が休日さんへ

人間100点満点で、生きている人なんてひとりもいないのです。

だから、子供は周りの人のいい所、悪い所を見ながら、自分自身を作っていくんだと思います。

気楽に気楽にいきましょうね^^
  1. 2006/06/12(月) 23:20:28 |
  2. URL |
  3. 毎日が休日さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

親の気持ち

・・・自分の不快感を晴らすための言葉であること・・・

この言葉、すごいですね。
私はまさにそれにピッタリの叱り方をしていました。
子供の心境ではなく親の立場で叱っていました。

言い訳じゃないけど、そうやって親の生き方(オーバーに言う)を見せて、良ければ真似たり、反面教師になったりして子は育つのでしょう。

時々伺いたいのでリンクさせて頂きます。
  1. 2006/06/11(日) 09:59:38 |
  2. URL |
  3. 毎日が休日 #oUPgpoCM |
  4. 編集

ぐーたらせんせーへ

ぐーたらせんせーと書くのは、申し訳ないのですが、しょうがない???ということで、お許しください。

ぐーたらせんせー、はじめまして。書き込んでくださり、ありがとうございます。先生も人間なんだから、やっぱりスーパーマンじゃないですよね。

ぐーたらせんせーが書き込んでくださった内容を読んで、とても嬉しく思います。反省をしているってことは、それに気づいていて、変わっていけるってことですもん。気づかないで、子供に八つ当たりばかりしている先生の方が、心配です。(そんな先生はほとんどいないと願っていますが・・・)

いらいらをぶつけなくてもすむような、心の余裕が持てたらいいですよね!お互いにv-290

私のブログを読んでも、勉強にはならないと思いますが、よろしかったら、また遊びに来てくださいね。気楽にコメントも寄せてください。
  1. 2006/06/11(日) 01:09:12 |
  2. URL |
  3. ぐーたらせんせーへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

リンダさんへ

うちも同じです。「お母さんには、今の時代のセンスはわからない!」と言われます。

私の若かった頃は、普段着の場合は、ポロシャツやTシャツなどをズボンの上に出すのが当たり前の時代でした。(学生服ではありません)

そして、シャツをズボンの中に入れるのが当たり前の時代だった私の父たちは、「シャツを出してみっともない!」と私に言いました。

今は、ズボンは下げ気味、学生服の場合だとシャツを出すのが格好いいという時代ですよね。(この辺りだけかと思ったら、春休みに行った遠くの石川県もそうだったので、たぶんそういう時代なのでしょう)

私たちには、下げ気味のズボンは足が短く見えて格好悪く見えるし、学生服のシャツ出しもだらしなく見えて格好悪く見えます。でも、その着方が、今の子たちには格好よく見えるのですね。理解できないけれど、そういうことなんですよね!こういうのをジェネレイションギャップっていうんでしょうね。

今の子供たちを理解するには、そうとう脳をやわらかくしないといけないですよね!
  1. 2006/06/11(日) 00:53:49 |
  2. URL |
  3. リンダさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

はじめまして、こんにちは!
ふらっと立ち寄りコメントすみません。

俺は小学校で働いているんですが、子どもへ注意した後は反省の毎日です。
何のための注意だったのか、ただイライラをぶつけただけだったのではないかって思います。

ほんとに子どものためになる指示や注意って難しいですよね!

また勉強させてもらいにきます!
  1. 2006/06/10(土) 11:33:05 |
  2. URL |
  3. ぐーたらせんせー #- |
  4. 編集

今朝の出来事なんですが・・。
登校前、息子(次男です)に「カッターシャツはきちんとズボンに入れた方がいいよ」とやんわりと注意したところ、「いちいち、うるさい!僕はこれでいいの。シャツが出てたらお母さんがカッコ悪いからやろ」
確かに。シャツが出ているとだらしなく思うのは私であって息子にとったらたいしたことではないのです。

普段から、指示・命令、自分の価値観を子供に押し付け無い等注意していましたが・・・今朝の出来事は反省です。
  1. 2006/06/10(土) 09:39:21 |
  2. URL |
  3. リンダ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/92-a2e079fc

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。