不登校経験者の親、今考えること・・・

不登校・・周りの大人に何を伝えているのでしょう?数学のように答えがひとつしかない問題なら、答は出せますが、子育てはそういうわけにはいきません。一緒に考え、一緒に学びながら、悩めるお母さんが、ほっと一息つける場になれればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子育ての基本

子供が不登校になったという経験から反省し、学習し、長い時間をかけて、なんとなく感じ取ってきた「子育ての基本」。私と同じ思いを的確に、MINAKOさんがブログにまとめてくださっていました。

これです。
http://abuhachi.blog47.fc2.com/blog-entry-84.html

一度、いえ、何度でも、行ってみてください。

子供がいきいきと過ごせる環境、目を輝かせて過ごせる環境づくりが子育ての基本だと思います

子供が30人いれば30人分の個性があって、100人いれば100人分の個性がある。
裁縫が得意な子、字を書くこと、文章を書くことが好きな子、体力には自信がある子、想像力が抜きんでている子、手先が器用な子、整理整頓が得意な子、正確に計算が出来る子、絵を描くのが得意な子、楽器を上手に演奏できる子・・・・・・。

とかく、学習面ばかりを見てしまいがちですが、その子の優れたところをまず、親が認めてあげる、褒めてあげる。ますます、磨きがかかる。自信が付く。そして、自分のことが好きになる。

そして、社会に出たら、その長所をいかした職業につけるといいですよね。
ある程度大きな会社だと、その人の個性に合わせ、配置換えをしてくださるのだそうです。(夫の勤めている会社は毎年、見直しがあります。文章を書く仕事から、環境関係の部署に変わるなど)
適材適所ってありますもんね。

自分に自信が持てたら、強く生きていけると思います。いつも生き生きと過ごしていけたらいいですよね!
スポンサーサイト


  1. 2006/06/15(木) 22:36:19|
  2. 不登校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

無事、検診ができました^^ | ホーム | お互いに反応しましょうね^^

コメント

香織さんへ

香織さん、わざわざ聞いてきてくれてありがとうございます^^
やっぱり、高校生は律儀です!!! 私なんか、事後報告だったのに。

もちろん、リンクOKですよ。これからもよろしくお願い致します。v-237

  1. 2006/06/17(土) 01:12:37 |
  2. URL |
  3. 香織さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ちょいワル親父さんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

ちょいワル親父さんは、監督さんなんですね。

うちの子は、確かに野球に夢中になり、その中でいろんな経験を積み重ねて成長してきたと言っても過言ではないと思います。

監督業はたいへんだと思いますが、返ってくるものもあります。きっと。(うちは夫が2年前、少年野球チームの監督をしていたので)
だから、監督、楽しんでやってくださいね!

よろしかったら、また、おこしください。週末、夏季大会がありますので、また、そのこともきっと記事にしますので・・・。
  1. 2006/06/17(土) 01:09:08 |
  2. URL |
  3. ちょいワル親父さんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ぴょんこさんへ

コメントありがとうございます。毎日が休日さんのところでお見かけして、ブログにお邪魔してきました。

ぴょんこさんは、辛い毎日をお過ごしなんですね。少しお邪魔しただけですが、ブログでは悲壮感はまったく感じられませんでした。ぴょんこさんの人柄なのでしょうか?

お母さん想いのお坊ちゃんなのですね。いつの日かお坊ちゃんが元気になって、家族が笑って過ごせる日がくるといいですね。私も信じています。

気が向いた時に、また、気楽にお越しくださいねv-410
  1. 2006/06/17(土) 01:01:47 |
  2. URL |
  3. ぴょんこさんへ←ふみごん #DpPCjZ4g |
  4. 編集

ブログに

コメントありがとうございました^^
もしよろしかったら、
リンクをしたいのですがよろしいでしょうか??
  1. 2006/06/16(金) 19:34:12 |
  2. URL |
  3. 香織 #ffVU29mw |
  4. 編集

はじめまして、プロフィールの内容が気になりましたので、立ち止まりました。自分の周りにも居ました、姉の子、親友の子
二人に共通だった事は自分で何が大切かを見つけたことです、周りはただそれを応援しただけです。子供さんが硬式野球にはまってるとの事、いいですね
これからも、立ち止まらせて戴きます。
  1. 2006/06/16(金) 15:18:31 |
  2. URL |
  3. ちょいワル親父 #- |
  4. 編集

私のブログの履歴からお邪魔させていただきました。そして、覗いて下さってありがとうございます。
実は私も息子が登校拒否になり、大変な毎日を過ごしておりました。今、その息子は20代。いろんな事があり、今は心の病にかかっています。
中学は殆ど教室に入れず・・・。
そんな訳で普通の高校には行けず、サポート高校に入学。
今、あの当時の苦しみよりも、もっと辛い中にいます。
子供の心が一日も早く治ることを毎日祈る私です。
また、お邪魔させて下さいね。
子供もみな平等、登校拒否で苦しんでいるお子様をお持ちの方の気持ちが痛いほどわかります。
  1. 2006/06/15(木) 23:26:42 |
  2. URL |
  3. ぴょんこ #B7q/.fmY |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumigon.blog56.fc2.com/tb.php/97-602f06db

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。